麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

CABOクィーンカップ
白鳥の繊細なリスク・リターンバランス! RTDリーグ2017 BLACK DIVISION 第5節 25、26回戦レポート

白鳥の繊細なリスク・リターンバランス! RTDリーグ2017 BLACK DIVISION 第5節 25、26回戦レポート

CABO求人ニルウッドカバー

5/4(木)21:00よりAbemaTV「麻雀チャンネル」にて放送された、RTDリーグBLACK DIVISION 第5節 25、26回戦の様子をお届けします。

レポートは、鈴木聡一郎(最高位戦日本プロ麻雀協会)がお送りします。

24回戦終了時のポイントはこちら↓

RTDリーグ2017_BLACK_第5節25-26回戦_1_R               

 

25回戦、前節に大復活を遂げた平賀が、勢いそのままに、開局のオヤでリーチ。

RTDリーグ2017_BLACK_第5節25-26回戦_2_R

打点・待ちともに十分なリーチだったのだが、このリーチに対して見事な対応を見せたのは首位の佐々木。

RTDリーグ2017_BLACK_第5節25-26回戦_3_R

を引いてテンパイを果たすと、無スジのを押してテンパイを組む。

しかし、佐々木にしては珍しく、リーチにはいかなかった。

が5枚見えているため、アガリ目が薄いとの判断だ。

このダマテン押しは、なかなかできるものではない。

一般的に、無スジを押すのであれば、待ちが薄くてもリーチしなければ見合わないと考えて無理矢理リーチにいくか、リーチでなければそもそも無スジを押す価値がないと考えて現物を切る選択になりがちだからだ。

切りのダマテンは、強い意志がなければできない選択なのである。

すると、これがピタリとはまる。

RTDリーグ2017_BLACK_第5節25-26回戦_4_R

次巡にを引くと、平賀と同じにしてリーチ。

RTDリーグ2017_BLACK_第5節25-26回戦_5_R

これを引き勝ち、2000・4000。

前述のとおり、勝負はを切ってダマテンにした時点でついていた。

RTDリーグ2017_BLACK_第5節25-26回戦_6_R

首位佐々木が、さらにポイントを伸ばしている。

 

続く26回戦、先ほどの半荘でラスを引いて再度マイナスに転落した白鳥が、見事な判断を見せた。

RTDリーグ2017_BLACK_第5節25-26回戦_7_R

東1局、滝沢のこのリーチを受けた白鳥は、イーシャンテンから生牌の、無スジのを押していくが、ツモで手を止める。

RTDリーグ2017_BLACK_第5節25-26回戦_8_R

このは、超危険牌だ。

そして、このが通ったとして、もかなり危険牌だ。

ドラのないこの手牌では、超危険牌を最低でも2つ押すリスクには見合わない。

今通ったのスジトイツ落としで迂回していった。

RTDリーグ2017_BLACK_第5節25-26回戦_9_R

しかし、を使い切ってテンパイを果たすと、残り2巡ながら、今度は切りリーチに踏み切る。

リターンの観点で先ほどと違うのは、自分の打点が8000以上確定となった点。

また、リスク面で、先ほどの「2枚以上押さなければならない」状況と違い、「1枚押すだけで確実にテンパイが組める」状況になっている。しかも、がそれぞれ3枚ずつ見え、の危険度が下がっている。

さらに、現物なのに打たれないは、ヤマに残っている公算が高い。

この条件が揃えば、リターンがリスクを上回るというのが白鳥の判断。

RTDリーグ2017_BLACK_第5節25-26回戦_10_R

そして、この終盤でヤマに2枚生きていたを滝沢が一発で掴んで8000。

見事なリスクとリターンのバランス感覚で、白鳥が先制した。

 

すると、オヤ番では、先制リーチで平賀の追いかけリーチ宣言牌を打ち取り、12000。

RTDリーグ2017_BLACK_第5節25-26回戦_11_R

これで他家を引き離したトップ目に立つと、南場の南家では6巡目に1枚目のダブをポン。

RTDリーグ2017_BLACK_第5節25-26回戦_12_R

オヤ平賀の捨て牌が濃く、今にもリーチがかかりそうであるため、ここでのどちらかを切って2枚切れのを残す選択もあるが、白鳥の判断は打

平賀に対してはマンズ部分を切っていくことができるため、ここでは目一杯に構え、最速のアガリを目指したほうが得という決断である。

RTDリーグ2017_BLACK_第5節25-26回戦_13_R

すると、と引いて狙い通り平賀がくる前に決着。

影をも踏ませぬ逃げ足で平賀のオヤ番を消化すると、迎えた自身のオヤ番でも興味深いリスクの取り方を見せる。

RTDリーグ2017_BLACK_第5節25-26回戦_14_R

同巡に出た1枚目のは見送り、チーでのテンパイは取っていった。

この点数状況で「受け駒・をポンしての1500は、低得点&必須ではない連荘という低リターンよりリスクが上回る」が、「受け駒・を残せる1500テンパイなら、リスクが低く、低リターンに見合う」というわけである。

これは結局アガれなかったが、随所に繊細なリスク・リターン判断を見せた白鳥が、持ち前の安定感でトップ。

RTDリーグ2017_BLACK_第5節25-26回戦_15_R

RTDリーグ2017_BLACK_第5節25-26回戦_16_R

トータルもプラスに戻している。

 

■次回5/8(月)21:00からBLACK DIVISION 第5節27、28回戦をAbemaTV 麻雀チャンネルにて放送予定https://abema.tv/channels/mahjong/slots/9kdM8YonKt1pWb

 

藤田晋invitational RTDリーグとは

2014年に麻雀最強位を獲得した藤田晋が、団体の垣根を超え、今最も強いと言われている麻雀プロを招いて開催される長期リーグ戦。
予選ではBLACK DIVISION・WHITE DIVISIONそれぞれ8名ずつの選手が出場し、各ブロック予選全54回戦をすべて放送する。
前代未聞のスケールで開催される今大会は、名実共に最強の雀士を決める戦いと言っても過言ではない。

今期のRTDリーグは、毎週月曜日・木曜日の午後21時から最新対局を放送!!
(日曜日のお昼に、その週の最新対局をまとめて放送)

 

視聴方法:AbemaTV( PC版 / iOS / Android)

▼PC版
http://abema.tv
▼iOS版
https://itunes.apple.com/jp/app/abematv/id1074866833?mt=8
▼Android版
https://play.google.com/store/apps/details?id=tv.abema&hl=ja
視聴は全て無料でご覧いただけます。
--------------------------------------------------------
▼AbemaTV麻雀ch
https://abema.tv/now-on-air/mahjong
▼RTDリーグ公式サイト
https://rtdmonthly.amebaownd.com/
▼AbemaTV麻雀ch公式Twitter
https://twitter.com/abema_mahjong
▼RTDリーグ公式チャンネル(アーカイブ放送)
https://abemafresh.tv/rtdmonthly
--------------------------------------------------------

この記事のライター

鈴木 聡一郎
1983年生、千葉県出身
早稲田大学在学中の2004年、最高位戦日本プロ麻雀協会に入会。
以後10数年に渡り、観戦記者として活動中。
最高位戦以外にも、モンドTV、麻雀スリアロチャンネル、RMUなどの観戦記を執筆。
近年では、AbemaTV麻雀チャンネルの公式ライターとして、RTDリーグなどの観戦記者を務める。
観戦記以外には、書籍『麻雀偏差値70へのメソッド』(石井一馬著)、『最強プロ鈴木たろうの迷わず強くなる麻雀』(鈴木たろう著)、『多井熱』(多井隆晴著)などに協力。

新着記事

Return Top