麻雀ウォッチ

オススメ
検索
メニュー

小林のジャブとたろうのストレート! RTDリーグ2017 WHITE DIVISION 第7節 41、42回戦レポート

小林のジャブとたろうのストレート! RTDリーグ2017 WHITE DIVISION 第7節 41、42回戦レポート
RTDリーグ
2017年06月14日 19:00

6/12(月)21:00よりAbemaTV「麻雀チャンネル」にて放送された、RTDリーグWHITE DIVISION 第7節 41、42回戦の様子をお届けします。

レポートは、鈴木聡一郎(最高位戦日本プロ麻雀協会)がお送りします。

前回終了時のポイントはこちら↓

RTDリーグ2017_WHITE_第7節41-42回戦_1_R

 

41回戦、ここまで首位をがっちりキープしている小林が今回もブレずに仕掛け続ける。

RTDリーグ2017_WHITE_第7節41-42回戦_2_R

南場のオヤで、1枚目のをポンして1500ベースの仕掛けを始めた。供託があり、今局ではアガリの価値が非常に大きい。

RTDリーグ2017_WHITE_第7節41-42回戦_3_R

すると、ドラもあっさりツモ切った後、もチーできて456三色のカンテンパイ。

RTDリーグ2017_WHITE_第7節41-42回戦_4_R

の選択になったテンパイの瀬戸熊が、仕掛け始めた他家への対応も含めて切りリーチを選択し、小林のアガリとなった。

アガリとはなったが、2フーロして2900という決して高打点とはいえない打点だ。

決め手にはならない打点だが、小林の強さはこういうジャブを打ち続けるところにある。

このジャブが決まるから、選択肢の幅を持って自由に能力を発揮できる。

RTDリーグ2017_WHITE_第7節41-42回戦_5_R

こういったジャブが決まっていなければ、次局のこの4000オールが決め手にならない可能性がある。

小林の仕掛けはジャブだ。

思考としては、「決め手は誰にでもいつかやってくる。ならば、それまでジャブを打ち続けよう」。

そんな自然体の麻雀である。

RTDリーグ2017_WHITE_第7節41-42回戦_6_R

トータルにおいてもポイントに余裕を持っていることを活かし、この半荘でも自由な選択でトップを取りこぼさなかった。

 

続く42回戦に登場したたろうもよく仕掛けるイメージがあると思うが、実は小林の鳴きとは性質が全く違う。

RTDリーグ2017_WHITE_第7節41-42回戦_7_R

南場のオヤでをポンして1枚切るところ。

小林なら辺りに手がかかりそうだが、たろうは打

トイトイかホンイツを見ての選択だ。

小林の仕掛けが細かいアガリを見てのジャブなら、たろうの仕掛けは相手に対応させることも含めた大物手狙いのストレートである。

小林のベースはアガリ力。

たろうのベースは打点力。

そういう根本の違いがあるわけだ。

 

したがって、たろうの手牌は仕掛けていようと門前だろうと、基本的に高い。

リスクを負った安い鳴きというのは、たろうが最も嫌う手牌である。

局が進んで南2局では、村上のこのリーチを受けた。

RTDリーグ2017_WHITE_第7節41-42回戦_8_R

この状況下で、上家から打たれたにどうするか。

RTDリーグ2017_WHITE_第7節41-42回戦_9_R

鳴いて村上のアガリを阻止するという考え方もあるが、それは成功した場合に2着目には近づいているが、トップにはあまり近づかない。

また、1000点でこの後引く危険牌を勝負できるかといえば、なかなか難しいだろう。

たろうは、これをスルーし、ヤマに手を伸ばす。

RTDリーグ2017_WHITE_第7節41-42回戦_10_R

そして、を引いてリーチといった。

RTDリーグ2017_WHITE_第7節41-42回戦_11_R

これを村上からアガると、ウラドラが3枚。

望外のハネマンだが、これはたろうの打点力が呼び寄せた僥倖であろう。

 

すると、今度は村上からオヤリーチ。

RTDリーグ2017_WHITE_第7節41-42回戦_12_R

これに対し、たろうも現物を切って現物待ちのテンパイを組んだ。

RTDリーグ2017_WHITE_第7節41-42回戦_13_R

しかし、次巡にをアンカンして引いたリンシャン牌がなんとも厳しい

のワンチャンスなのだが、ここで村上に打つとトップ争いから脱落となる可能性が高いため、なかなか押すことのできないではないだろうか。

一方、たろうの選択をは勝負。

テンパイ料で勝負が決まる可能性のある接戦であるため、押しを選択していった。

RTDリーグ2017_WHITE_第7節41-42回戦_14_R

すると、全員テンパイというオリにくい状況下で、勝又が掴んだハイテイ牌が石橋にアンパイで村上のスジ

これは止まらず、たろうがこれまた望外の6400でトップを決めた。

RTDリーグ2017_WHITE_第7節41-42回戦_15_R

果たして、これをツイているだけと片付けることができるだろうか。

確かに、結果的としてはツイているのかもしれない。

しかし、小林はジャブを、たろうはストレートを、的確に打ち続けているからこそ掴める幸運、と思えてならないのである。

RTDリーグ2017_WHITE_第7節41-42回戦_16_R

RTDリーグ2017_WHITE_第7節41-42回戦_17_R

これで残すは2節。

たろうが小林の後を追う。

 

■次回6/15(木)21:00からBLACK DIVISION 第7節37、38回戦をAbemaTV 麻雀チャンネルにて放送予定
https://abema.tv/channels/mahjong/slots/95jDbqqF5E1pGo

 

藤田晋invitational RTDリーグとは

2014年に麻雀最強位を獲得した藤田晋が、団体の垣根を超え、今最も強いと言われている麻雀プロを招いて開催される長期リーグ戦。
予選ではBLACK DIVISION・WHITE DIVISIONそれぞれ8名ずつの選手が出場し、各ブロック予選全54回戦をすべて放送する。
前代未聞のスケールで開催される今大会は、名実共に最強の雀士を決める戦いと言っても過言ではない。

今期のRTDリーグは、毎週月曜日・木曜日の午後21時から最新対局を放送!!
(日曜日のお昼に、その週の最新対局をまとめて放送)

 

視聴方法:AbemaTV( PC版 / iOS / Android)

▼PC版
http://abema.tv
▼iOS版
https://itunes.apple.com/jp/app/abematv/id1074866833?mt=8
▼Android版
https://play.google.com/store/apps/details?id=tv.abema&hl=ja
視聴は全て無料でご覧いただけます。
——————————————————–
▼AbemaTV麻雀ch
https://abema.tv/now-on-air/mahjong
▼RTDリーグ公式サイト
https://rtdmonthly.amebaownd.com/
▼AbemaTV麻雀ch公式Twitter
https://twitter.com/abema_mahjong
▼RTDリーグ公式チャンネル(アーカイブ放送)
https://abemafresh.tv/rtdmonthly
——————————————————–

この記事を書いた人

鈴木 聡一郎
鈴木 聡一郎
1983年生、千葉県出身
早稲田大学在学中の2004年、最高位戦日本プロ麻雀協会に29期前期生として入会。
以後10年にわたり、観戦記者として活動中。
最高位戦の対局以外にも、モンドTV、マージャン101などの観戦記を執筆。
観戦記以外には、書籍「麻雀偏差値70へのメソッド」(石井一馬)、コラム「麻雀強者の哲学」(鈴木たろう)の構成としても参画。

Twitter:@tsukunenn
ブログ:http://luckytsukunen.blog.fc2.com/

関連記事

プロフィール

麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイト。

著者リスト

  • 青木 さや
  • 学生麻雀連盟
  • 学雀連代表 げっち
  • きゅ~
  • 一井 慎也
  • 研タロウ
  • 女子麻雀サークル MAGNET
  • まろちょふ
  • 麻雀王国営業部 しーちゃん
  • 麻雀ウォッチ編集部ライター
  • 小鶴
  • 麻雀ウォッチ編集部
  • 麻雀新聞
  • 麻雀界
  • nakamura
  • ネマタ
  • 斎藤 俊
  • スタジオ カドタ
  • 谷崎 舞華
  • 山崎 一夫
  • taroo 河下太郎
  • 鈴木 聡一郎
  • 渡辺 英行
  • 福山純生 (雀聖アワー)