麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

スリアロチャンネル
高学歴インテリ雀士・松嶋桃プロの強さと実況の魅力

高学歴インテリ雀士・松嶋桃プロの強さと実況の魅力

BULL2021求人ニルウッドカバー

Mリーグでの実況から松嶋桃を知った人は、彼女が「京大式小型肉食獣」との異名を持つ麻雀プロであることを知っている人は少ないのではないだろうか。京都大学を卒業し、彼女は何故麻雀の世界に飛び込んだのか──。プロ雀士としての松嶋、そしてそれを活かした人気の実況の秘密を探っていこう。

目次

松嶋桃プロの基本情報・プロフィールデータ

名前 松嶋 桃(まつしま もも) 
異名 京大式小型肉食獣
生年月日 1984年9月16日
出身地 愛知県名古屋市
血液型 O型
趣味・特技 ミュージカル鑑賞、クイズ、食べ放題
本人公式SNS Twitter
Instagram
所属団体・事務所 日本プロ麻雀協会
アスリートマーケティング株式会社
プロ入会年 2010年
主なタイトル 第6・7期夕刊フジ杯麻雀女王団体優勝
第1回麻雀ブル エンプレストーナメント優勝
第1・2回姫ロン杯チャンピオンシップ2位

クイズやライター、実況、タレントなどマルチに活躍する彼女。食べることが好きで、特にお肉が好物だという。料理の腕が気になるところだが...…。その様子はスリアロチャンネルの「momo’sキッチン」をご覧いただきたい。なんと小林剛(麻将連合・Pirates)など、数々のプロ雀士に料理を振る舞っている。

経歴

2010年:日本プロ麻雀協会入会(9期)
2018年:Mリーグ公式実況を務める

麻雀との出会い・きっかけ

家族全員が麻雀好きという、麻雀一家で育った松嶋。幼少期には祖父からルールを教わった。小学生の頃から勉強はできた松嶋は南山中学校女子部へと進む。学費、そして一人暮らしをしてみたいという思いから京都大学を目指し、見事現役合格。進学するとサークルでは麻雀をうち、バイト先の麻雀店で打ち...…と、麻雀に打ち込む日々を送る。大学卒業後は同志社大学のロースクールへ入学。しかし厳しい勉強生活の中、彼女の中で好きなことを仕事にしたいという考えが膨む。もちろん彼女の好きなことといえば──麻雀だ。プロ雀士を夢に、2009年、日本プロ麻雀協会のプロテストを受験。見事プロ入りを果たしたのであった。

「好きなことをして生きていこうと、麻雀プロになりました」松嶋桃のプリンセスヒストリー【Pラボ#7】

松嶋桃の打ち方や雀風・実況

松嶋は強気な攻撃スタイルが特徴的だ。また状況判断が早いのも彼女の強みの一つだ。本人曰く、雀風は一撃必殺型で染めたがりだという。Mリーグでの実況でも、卓の状況や、選手の張り巡らせる思案などをいち早く察し、的確に実況してくれることからも、その状況判断の素早さが分かる。

松嶋桃プロが盛り上げてくれた実況の数々-実際の対局も

【試合】麻雀ウォッチ プリンセスリーグ2019 予選第1節Aブロック2卓

業界内外から好評の実況で、対局に中々時間が割けない中で挑んだ「麻雀ウォッチ プリンセスリーグ2019 予選第1節Aブロック2卓」。対局はできていないというものの、逆にMリーグやRTDリーグを実況してきたからこそ、自身の雀風を見直す機会になったという。

東3局では卓の状況を踏まえて、積極的に仕掛けていく松嶋。上田唯(協会)の放銃を誘い、7700点のアガリ。そして続く南2局1本場では朝倉ゆかり(協会)がをツモ切りし、5200点を直取り。トータルで一位を飾った。持ち味の攻撃的な麻雀スタイルではなく、相手との押し引きが光った試合となった。これまで数々の猛者達の対局を吸収した結果だったのかもしれない。

松嶋桃と上田唯。それぞれが励んだ「花嫁修業」【麻雀ウォッチ プリンセスリーグ2019 予選第1節Aブロック2卓】

【実況】Mリーグ 2019 10月11日 第2試合

この試合での東4局、近藤誠一(最高位戦・フェニックス)が大三元を決めた際、正確に、そして試合状況をよりハラハラさせてくれる実況届けてくれた。序盤、近藤の苦しい配牌について、解説の勝又健志(連盟・風林火山)と共に触れる。親の内川幸太郎(連盟・サクラナイツ)の打牌に目を光らせていた近藤が内川が捨てたのをポン。松嶋も「大変なことになってきました!」と場の状況を駆り立てる。あれよあれよと近藤の手にが暗刻になり、選手達の1打1打が重視されるギリギリの戦いの中、いよいよ近藤がをツモ、大三元を決めると「あぁ~ツモった!8000・16000 大三元!あの配牌から誰が予想したか!」とのコメントし、この伝説的な試合をより盛り上げた。

【10/11 Mリーグ 結果】フェニックス・近藤が驚異の手順で大三元成就!サクラナイツ・沢崎もオーラスで逆転トップ!

SNSでの評価・評判

知識検定1級を持つ松嶋。実は「パネルクイズ アタック25」(ABCテレビ制作/テレビ朝日系列)に出演し、トップ賞を飾ったことがある。同番組が2021年9月終了と発表された際には、松嶋のことを思い出すツイートも見られた。

Mリーグファンからの人気も高い。

こちらはYouTubeチャンネルに出演した際のファンからのツイート。可愛いという声も多く見られた。

松嶋桃プロのニュース

歌ってみた動画が話題に

幼い頃から音楽を嗜んでいた松嶋は、歌のセンスも抜群だ。最近ではDISHの「猫」の歌ってみた動画が話題になっていて、彼女の伸びのある透き通った声がとても魅力的。今後、歌唱面での活動にも注目したい。

「戦わない」受験勉強法(ワニの本)が発売中!

プロ雀士であれば、自身の麻雀スタイルや麻雀初心者に向けた解説本を出版するのが一般的だが、松嶋が出版しているのは受験本。それが「京大卒雀士「戦わない」受験勉強法 一流大学に合格するために必要なたった5つのこと (ワニの本)」だ。麻雀が好きな受験生は一度本書を手に取ってみてはいかがだろうか。

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top