麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

学生麻雀連盟
勝又健志「麻雀IQ220」の真意! RTDリーグ2017準決勝第1節5、6回戦レポート

勝又健志「麻雀IQ220」の真意! RTDリーグ2017準決勝第1節5、6回戦レポート

CABO求人ニルウッドカバー

8/12(土)14:00よりAbemaTV「麻雀チャンネル」にて放送された、RTDリーグ準決勝第1節5、6回戦の様子をお届けします。

レポートは、鈴木聡一郎(最高位戦日本プロ麻雀協会)がお送りします。

開始時のポイントはこちら↓

2017RTD_準決勝5、6回戦_1

 

前回、首位を明け渡した佐々木が、オヤ番でダブをポンしたドラ単騎のホンイツテンパイから、生牌のドラを切って1枚切れのに待ち替え。

2017RTD_準決勝5、6回戦_2_R

打点が十分なら、アガリやすさを取りにいく。

2017RTD_準決勝5、6回戦_3_R

これをツモって4000オールを決めると、1本場でもチートイツテンパイ。

2017RTD_準決勝5、6回戦_4_R

生牌のドラか、生牌のか。

自身の河がチートイツと断定できないため、単騎というのも合理的な選択に見えるが、前局と違って打点に不満があるため、佐々木はドラ単騎でリーチといった。

2017RTD_準決勝5、6回戦_5_R

またもツモって6000オールとし、佐々木がトップ。

ドラ含みの単騎選択を見事に正解し、首位に返り咲いている。

2017RTD_準決勝5、6回戦_6_R

 

続く6回戦では、トータルでマイナスに転落した猿川が先行する展開となった。

2017RTD_準決勝5、6回戦_7_R

1万点ほどのリードを持ってオヤ番を迎えると、2枚切れのカンでもリーチ。一気に決めにいく。

これに対し、無スジを切りまくったのが勝又。

2017RTD_準決勝5、6回戦_8_R

をツモって形が決まると、ノータイムで無スジのを切り、そこからノータイムのツモ切りで押していき、最後には下記テンパイからも勝負した。

2017RTD_準決勝5、6回戦_9_R

いくら自分の手牌が勝負するに見合うといっても、この迷いがない押しっぷりは異常だと感じ、勝又に話を聞いた。

― あれは、猿川さんの人読み(オヤでこの点数状況だと、愚形でも勝負リーチをかけてくることが少なくない、など)も込みの押しですか?

「そうですね。猿川さんのリーチというのはやはり理由の1つです。最終的には切りましたけど、以外は押そうと思っていました」

なるほど。ということは、この手牌、勝又の目からは、三色ではなくドラを使ったチートイツ本線に見えていたのかもしれない。

では、三色のほうでテンパイすると、切らないようにしていたさえも打ち出した理由はどこにあるのだろうか。

 

勝又は続ける。

「根拠はなく感覚的なものですが、そこまで打点のないリーチかなと。なので、危険度は高いと思いましたが最後も勝負としました。

それでも、自分の手牌(が良いという理由)で押したという部分も大きいです。高打点の望める手でなければ、打点は低いと感じていてもこんなには押していないです」

 

「麻雀IQ220」、すっかり浸透した勝又のキャッチフレーズだが、よくこれを「理論に長けた選手」と誤解している若手選手などを見かける。

勝又は、確かに論理的に分析することに非常に長けた選手であり、その読みの精度はトップ選手の中でも1、2を争うという声も多い。

しかし、勝又の武器は、理だけにあらず。

勝又といえど、麻雀という複雑なゲームにおいて理だけで対応できることなど限られており、最後はあいまいに判断する感覚に頼らざるをえない。

勝又は、理だけではく、その感覚においても高い精度を持っている。だから強いのである。

IQが非常に高い人は、図形問題などを感覚的に処理してしまうという話を聞いたことがあるが、麻雀における勝又にしても同じこと。

これが、麻雀IQ220と付けられた真意であろう。

2017RTD_準決勝5、6回戦_10_R

結果、最後まで押し切った勝又が、猿川からで8000をアガり切ってトップ目に立った。

 

そのままトップ目で南入すると、今度は押し引きではなく手順が面白い。

2017RTD_準決勝5、6回戦_11_R

ここから、ではなく、を打っていく。

この打は、おそらく日本で1人だけなのではないだろうか。

2017RTD_準決勝5、6回戦_12_R

ダブをポンしてもなお、打を残す。

これは、周りのマンズが使われており、逆に周りは使われにくいという読みに基づくものだろう。

2017RTD_準決勝5、6回戦_13_R

そして、を引き入れると、単騎でたろうからすぐにで5200を決めた。

ピンズの上がいいと思っても、なかなかこのようには打てないはずだ。

しかし、勝又にはそれを実行してしまうだけの強固な意志と自信がある。

案外、この自信というのが、麻雀IQ220を活かす原動力なのかもしれないなと、ふと思った。

2017RTD_準決勝5、6回戦_14_R

勝又が本日2トップで最下位から4位にジャンプアップ。

こうなると、選択肢も増えるため、勝又のさらなる躍動に期待が膨らむ。

 

■次回8/23(水)17:00から準決勝2日目をAbemaTV 麻雀チャンネルにて生放送予定
https://abema.tv/channels/mahjong/slots/AFynmbeFDjrMVH

 

藤田晋invitational RTDリーグとは

2014年に麻雀最強位を獲得した藤田晋が、団体の垣根を超え、今最も強いと言われている麻雀プロを招いて開催される長期リーグ戦。
予選ではBLACK DIVISION・WHITE DIVISIONそれぞれ8名ずつの選手が出場し、各ブロック予選全54回戦をすべて放送する。
前代未聞のスケールで開催される今大会は、名実共に最強の雀士を決める戦いと言っても過言ではない。

今期のRTDリーグは、毎週月曜日・木曜日の午後21時から最新対局を放送!!
(日曜日のお昼に、その週の最新対局をまとめて放送)

 

視聴方法:AbemaTV( PC版 / iOS / Android)

▼PC版
http://abema.tv
▼iOS版
https://itunes.apple.com/jp/app/abematv/id1074866833?mt=8
▼Android版
https://play.google.com/store/apps/details?id=tv.abema&hl=ja
視聴は全て無料でご覧いただけます。
--------------------------------------------------------
▼AbemaTV麻雀ch
https://abema.tv/now-on-air/mahjong
▼RTDリーグ公式サイト
https://rtdmonthly.amebaownd.com/
▼AbemaTV麻雀ch公式Twitter
https://twitter.com/abema_mahjong
▼RTDリーグ公式チャンネル(アーカイブ放送)
https://abemafresh.tv/rtdmonthly
--------------------------------------------------------

この記事のライター

鈴木 聡一郎
1983年生、千葉県出身
早稲田大学在学中の2004年、最高位戦日本プロ麻雀協会に入会。
以後10数年に渡り、観戦記者として活動中。
最高位戦以外にも、モンドTV、麻雀スリアロチャンネル、RMUなどの観戦記を執筆。
近年では、AbemaTV麻雀チャンネルの公式ライターとして、RTDリーグなどの観戦記者を務める。
観戦記以外には、書籍『麻雀偏差値70へのメソッド』(石井一馬著)、『最強プロ鈴木たろうの迷わず強くなる麻雀』(鈴木たろう著)、『多井熱』(多井隆晴著)などに協力。

新着記事

Return Top