麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

学生麻雀連盟
平賀、渾身のメガネチェンジ!図太い白鳥! RTDリーグ2017準決勝第1節3、4回戦レポート

平賀、渾身のメガネチェンジ!図太い白鳥! RTDリーグ2017準決勝第1節3、4回戦レポート

BULL2021求人ニルウッドカバー

8/12(土)14:00よりAbemaTV「麻雀チャンネル」にて放送された、RTDリーグ準決勝第1節3、4回戦の様子をお届けします。

レポートは、鈴木聡一郎(最高位戦日本プロ麻雀協会)がお送りします。

開始時のポイントはこちら↓

2017RTD_準決勝3、4回戦_1

 

準決勝3回戦、まず仕掛けたのは前回トップで順位を一気に上げた勝又。

2017RTD_準決勝3、4回戦_2_R

ここからを1枚目から鳴いていくと、もすぐにポンして打

2017RTD_準決勝3、4回戦_3_R

切った牌が1枚切れのであるためテンパイが近く、かつマンガン以上の打点が想定に入る仕掛けで、他家にプレッシャーをかけつつ、遅い巡目での決着を狙う。

 

これに対し、斬り込んだのは、メガネを替えた平賀。

平賀は言う。

「ラス引いたらメガネ替えようと思ってて、前回ラスだったから替えたんだよね」

2017RTD_準決勝3、4回戦_4_R

どこまで本気かはわからないが、それで気分が切り替わるのなら、確かに替えたほうがいいのだろう。

2017RTD_準決勝3、4回戦_5_R

その平賀の手牌。真っすぐに打てば打だ。

だが、この手牌、勝又が寄せているピンズをどこかで1枚は切ることになる。

ならば、その1枚をどこで切るかがポイントだ。

すなわち、焦点は、勝又が今テンパイしているかどうかである。

3巡目の2フーロ以降、ずっとツモ切りしている勝又は、テンパイでもおかしくはないが、ノーテンのことのほうが圧倒的に多そうだ。

平賀の選択は打

ピンズ勝負の巡目として、このタイミングを選んだ。

また、は1枚切れであるため、受け入れロスも1枚分で済む。

すると、を引き入れてリーチをかけ、ドラのをツモ。

2017RTD_準決勝3、4回戦_6_R

ウラも1枚乗って、3000・6000となった。

 

続いて東4局でも平賀のメガネ、いや、感覚が冴えわたる。

2017RTD_準決勝3、4回戦_7_R

ドラのが重なった場面。

マンズの変化を見るなら打。瞬間のアガリやすさなら打のシャンポンリーチに向かうことになるだろう。

しかし、平賀は全く別の選択をしていく。

これには、控室で今日1番のどよめきが起こった。

平賀「が良いと思ってたから、切りはない。マンズの伸びにも期待したいから、切りもない。あとは、チートイツも見えてたし、切りました」

― いや、も良さそうですけど、が悪いっていうことにはならないじゃないですか?

平賀「確かに、の状況はなかったからわからないけど、は脇からでも出る可能性がある牌だと思ってたから、その点でを残したほうが有利だと思った」

この独特の感覚である。

2017RTD_準決勝3、4回戦_8_R

結果、と立て続けに引いてウラ3。

再びシャンポンリーチのハネマンで、トップを決めていった。

2017RTD_準決勝3、4回戦_9_R

対局後、平賀は言った。

 「やっぱ麻雀はメガネだね」

明日、麻雀店近くのメガネ屋に行列ができないことを願うばかりである。

 

続く4回戦では、白鳥が先制リーチ。

2017RTD_準決勝3、4回戦_10_R

これを、村上が追いかける。

2017RTD_準決勝3、4回戦_11_R

すると、たろうも参戦で3軒リーチに発展した。

2017RTD_準決勝3、4回戦_12_R

ここを制したのは白鳥。

2017RTD_準決勝3、4回戦_13_R

たろうのを捕まえ、2600をアガり切る。

 

2017RTD_準決勝3、4回戦_14_R

すると、オヤ番では、村上のこのリーチを受け、一発目に引いたをノータイムでツモ切った。

2017RTD_準決勝3、4回戦_15_R

ここに、白鳥の変化を見たような気がした。

この数年で、白鳥は間違いなく図太くなっていると感じるのである。

それがよく表れているのが、このノータイムツモ切りだったように思うのだ。

確かに切る牌は他にないのだが、それでも以前の白鳥なら、数秒の「再確認の時間」があったように思う。

「本当に前に出ていいかどうか」を確認する時間である。

しかし、今は、このをはじめ、次巡以降に引く牌もノータイムでツモ切っている。

これは、すなわち、正確な手順、繊細な読みのできる白鳥が、あえて細かい部分を切り捨てて前に出ているように見え、ここ数年の白鳥を「図太い」と感じさせる1要因になっている部分だと思うのである。

2017RTD_準決勝3、4回戦_16_R

その後も涼しい顔でツモ切りを続けた白鳥は、を引いてリーチ。を村上から一発で打ち取り5800をアガると、次局には4000オール。

2017RTD_準決勝3、4回戦_17_R

一見なんてことのない4000オールに見えるが、カンとカンの選択で、の切れ具合から見事4枚ヤマののほうを選んで正解。

こういった繊細な技術と図太さを融合させた白鳥が、トップを獲得し、佐々木をまくって首位に立っている。

2017RTD_準決勝3、4回戦_18_R

 

■次回8/23(水)17:00から準決勝2日目をAbemaTV 麻雀チャンネルにて生放送予定
https://abema.tv/channels/mahjong/slots/AFynmbeFDjrMVH

 

藤田晋invitational RTDリーグとは

2014年に麻雀最強位を獲得した藤田晋が、団体の垣根を超え、今最も強いと言われている麻雀プロを招いて開催される長期リーグ戦。
予選ではBLACK DIVISION・WHITE DIVISIONそれぞれ8名ずつの選手が出場し、各ブロック予選全54回戦をすべて放送する。
前代未聞のスケールで開催される今大会は、名実共に最強の雀士を決める戦いと言っても過言ではない。

今期のRTDリーグは、毎週月曜日・木曜日の午後21時から最新対局を放送!!
(日曜日のお昼に、その週の最新対局をまとめて放送)

 

視聴方法:AbemaTV( PC版 / iOS / Android)

▼PC版
http://abema.tv
▼iOS版
https://itunes.apple.com/jp/app/abematv/id1074866833?mt=8
▼Android版
https://play.google.com/store/apps/details?id=tv.abema&hl=ja
視聴は全て無料でご覧いただけます。
--------------------------------------------------------
▼AbemaTV麻雀ch
https://abema.tv/now-on-air/mahjong
▼RTDリーグ公式サイト
https://rtdmonthly.amebaownd.com/
▼AbemaTV麻雀ch公式Twitter
https://twitter.com/abema_mahjong
▼RTDリーグ公式チャンネル(アーカイブ放送)
https://abemafresh.tv/rtdmonthly
--------------------------------------------------------

この記事のライター

鈴木 聡一郎
1983年生、千葉県出身
早稲田大学在学中の2004年、最高位戦日本プロ麻雀協会に入会。
以後10数年に渡り、観戦記者として活動中。
最高位戦以外にも、モンドTV、麻雀スリアロチャンネル、RMUなどの観戦記を執筆。
近年では、AbemaTV麻雀チャンネルの公式ライターとして、RTDリーグなどの観戦記者を務める。
観戦記以外には、書籍『麻雀偏差値70へのメソッド』(石井一馬著)、『最強プロ鈴木たろうの迷わず強くなる麻雀』(鈴木たろう著)、『多井熱』(多井隆晴著)などに協力。

新着記事

Return Top