麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

CABOクィーンカップ
点数持ってからの瀬戸熊らしい攻め!逆境でもブレない村上! RTDリーグ2018 BLACK DIVISION 15-18回戦レポート

点数持ってからの瀬戸熊らしい攻め!逆境でもブレない村上! RTDリーグ2018 BLACK DIVISION 15-18回戦レポート

麻雀の頂全自動麻雀卓スリム

3/26(月)および3/29(木)21:00よりAbemaTV「麻雀チャンネル」にて放送された、RTDリーグ2018 BLACK DIVISION 15-18回戦の様子をお届けします。

レポートは、鈴木聡一郎(最高位戦日本プロ麻雀協会)がお送りします。

 

▼▼▼BLACK 15回戦:点数を持ってからが攻め時!瀬戸熊らしい大トップ▼▼▼

前回までの成績はこちら↓

RTD2018_BL15-18回戦_1_R

今シーズン、ここまで瀬戸熊らしい攻めをあまり見ていないな、とは思っていた。

すると、そんな瀬戸熊がいきなりものすごい攻めを見せる。

RTD2018_BL15-18回戦_2_R

安牌は足りているのだが、瀬戸熊は無スジのを打っていく。

が3枚ずつ見えたワンチャンスとはいえ、この巡目でノーテンから無スジを押すのには勇気が要る。

さらに、どうテンパイしても、打ち出される牌は必ず無スジなのだ。

結局、を引いた瀬戸熊は、を押してテンパイ流局となったのだが、これを押すのは本当に得なのか。

その是非は置いておいて、「ああ、瀬戸熊さんらしいな」と思う。

 

実際、これが予兆。ここから瀬戸熊の攻撃が始まったのである。

RTD2018_BL15-18回戦_3_R

松本のマンズ仕掛けにを切ってリーチにいくと、安牌に詰まった村上からを引き出して8,000。

さらに、オヤ番でもまっすぐ進めて4,000オール。

RTD2018_BL15-18回戦_4_R

極めつけはこちら。

RTD2018_BL15-18回戦_5_R

南3局、松本のオヤリーチに対し、トップ目から無スジの切りリーチ。

これを松本からアガると、ウラ2の8,000でトップを決めた。

このリーチはかなりかけづらい。

これをすっとリーチして競り勝つ瀬戸熊を見て、「瀬戸熊さん的にはかなり会心の内容だろうな」と思っていると、やはり本人もそう感じたようだ。

RTD2018_BL15-18回戦_6_R

点数を持ってからも攻めていくのが瀬戸熊流。

ここまでなかなか前に出られない展開が続いていたが、ようやく瀬戸熊らしい内容で大トップをもぎ取った。

RTD2018_BL15-18回戦_7_R

 

▼▼▼BLACK 16回戦:仕掛け屋らしいアガリ優先のリーチ▼▼▼

首位を快走する小林が、あっさり6,000オールで突き抜ける。

RTD2018_BL15-18回戦_8_R

すると、次局には、リーチのみの手が一発ツモウラ1の4,000オールに仕上がり、トップを決めた。

RTD2018_BL15-18回戦_9_R

このリーチ、ダブシャンポンに受けず、のリーチとしているのが小林らしい。

は2枚切れだが、ドラが1枚もないこの手牌では、シャンポンリーチにいく打ち手も多そうである。

これをきっちり両面リーチするところに、アガリまでの最短ルートを通る仕掛け屋小林を見た。

RTD2018_BL15-18回戦_10_R

 

▼▼▼BLACK 18回戦:6ブロック目で打点と安全を追う小林の安定感▼▼▼

小林の進撃はさらに続く。

RTD2018_BL15-18回戦_11_R

役牌を切ってからの好形を狙うのもいいが、小林の選択は打

現状でターツは足りているため、余剰牌で何を狙うかが焦点になる。

を残せば好形、役牌を残せば打点と安全だ。

この手牌は仕掛けが前提となるため、どこからでも仕掛けられるポン材はそれなりに好形といえる。

それならば、からさらなる好形を追う必要があまりなく、役牌を残して打点と安全を追うというのが小林の選択。

RTD2018_BL15-18回戦_12_R

すると、狙い通り重なったがポンでき、東で5,800を決めた。

地味な1打かもしれないが、こういう打に小林の安定感を感じる。

 

一方、仕掛けが前提にならない手牌では、目一杯好形を追っていく。

RTD2018_BL15-18回戦_13_R

ここからソウズを払ってホンイツにいく手順もあるが、門前テンパイが見込めて發の1翻で打点もあるため、今度はまっすぐに字牌から打っていった。

RTD2018_BL15-18回戦_14_R

すると、ドラ受けのではなく3面張に受けて一発ツモ。

小林が軽快に3連勝を決めた。

RTD2018_BL15-18回戦_15_R

 

▼▼▼BLACK 17回戦:逆境でもブレずにリーチする村上▼▼▼

RTD2018_BL15-18回戦_16_R

このテンパイから切りリーチをかけると、このが白鳥に一発放銃となった村上。

RTD2018_BL15-18回戦_17_R

ここまで煮え切らない展開が続いている村上の放銃に、「ああ、またか」と本人も思ったに違いない。

しかし、そんな中でもブレずにリーチをかけ続けるのが村上。

RTD2018_BL15-18回戦_18_R

この手牌には4種の選択がある。

切りダマテン、切りリーチ、切りダマテン、切りリーチだ。

心が弱い方に流れそうなこういう状況では、「切りダマテンから空切りできる牌を引いてのリーチ」が真っ先に浮かんでしまいがちだが、村上はブレずに切りリーチでツモりにいった。

RTD2018_BL15-18回戦_19_R

すると、ツモってウラ2で4,000・8,000。

村上らしいツモりにいくリーチで、一気にトップをまくっていった。

 

そして、接戦のオーラスでもやはりリーチをかけ、2000オール。

RTD2018_BL15-18回戦_20_R

ここから連荘を続け、大トップを築き上げた。

RTD2018_BL15-18回戦_21_R

RTD2018_BL15-18回戦_22_R

小林が3連勝を決めて早くも独走態勢に入っているが、ここまで逆境だった村上と瀬戸熊が会心のトップで追い上げる。

小林がどこまでポイントを伸ばすかにも期待がかかるが、村上・瀬戸熊の逆襲にも注目だ。

 

■次回4/2(月)21:00からWHITE DIVISION 19、20回戦をAbemaTV 麻雀チャンネルにて放送予定

https://abema.tv/channels/mahjong/slots/9jqaKxGgwYFGk7

 

藤田晋invitational RTDリーグとは

2014年に麻雀最強位を獲得した藤田晋が、団体の垣根を超え、今最も強いと言われている麻雀プロを招いて開催される長期リーグ戦。
予選ではBLACK DIVISION・WHITE DIVISIONそれぞれ8名ずつの選手が出場し、各ブロック予選全54回戦をすべて放送する。
前代未聞のスケールで開催される今大会は、名実共に最強の雀士を決める戦いと言っても過言ではない。

毎週月曜日・木曜日の午後21時から最新対局を放送!!
(日曜日のお昼に、その週の最新対局をまとめて放送)

 

視聴方法:AbemaTV( PC版 / iOS / Android)

▼PC版
http://abema.tv
▼iOS版
https://itunes.apple.com/jp/app/abematv/id1074866833?mt=8
▼Android版
https://play.google.com/store/apps/details?id=tv.abema&hl=ja
視聴は全て無料でご覧いただけます。
--------------------------------------------------------
▼AbemaTV麻雀ch
https://abema.tv/now-on-air/mahjong
▼RTDリーグ公式サイト
https://rtdmonthly.amebaownd.com/
▼AbemaTV麻雀ch公式Twitter
https://twitter.com/abema_mahjong
▼RTDリーグ公式チャンネル(アーカイブ放送)
https://abemafresh.tv/rtdmonthly
--------------------------------------------------------

この記事のライター

鈴木 聡一郎
1983年生、千葉県出身
早稲田大学在学中の2004年、最高位戦日本プロ麻雀協会に入会。
以後10数年に渡り、観戦記者として活動中。
最高位戦以外にも、モンドTV、麻雀スリアロチャンネル、RMUなどの観戦記を執筆。
近年では、AbemaTV麻雀チャンネルの公式ライターとして、RTDリーグなどの観戦記者を務める。
観戦記以外には、書籍『麻雀偏差値70へのメソッド』(石井一馬著)、『最強プロ鈴木たろうの迷わず強くなる麻雀』(鈴木たろう著)、『多井熱』(多井隆晴著)などに協力。

Twitter:@tsukunenn
ブログ:http://luckytsukunen.blog.fc2.com/

新着記事

Return Top