麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

スリアロチャンネル
佐々木、悪魔のような攻守切り替えで5連勝!意外と声が出ない猿川の9sポン! RTDリーグ2018 WHITE DIVISION 19-22回戦レポート

佐々木、悪魔のような攻守切り替えで5連勝!意外と声が出ない猿川の9sポン! RTDリーグ2018 WHITE DIVISION 19-22回戦レポート

麻雀の頂全自動麻雀卓スリム

4/2(月)、4/5(木)21:00よりAbemaTV「麻雀チャンネル」にて放送された、RTDリーグ2018 WHITE DIVISION 19-22回戦の様子をお届けします。

レポートは、鈴木聡一郎(最高位戦日本プロ麻雀協会)がお送りします。

前回までの成績はこちら↓

RTD2018_WHITE_19-22回戦_1_R

 

▼▼▼19回戦:佐々木、悪魔のような攻守切り替え▼▼▼

RTD2018_WHITE_19-22回戦_2_R

和久津がポンでバックのテンパイを入れると、すぐにもアンカン。

このアンカンは、かなり攻めっ気が強い。

アンカン前には、役牌バックと断定できず、どちらかというとタンヤオに見える捨て牌であった。

そのため、このをツモ切っておけば出アガリも期待できたのだが、これをアンカンしてしまえば、一気に役牌絡みのトイトイが本命になってしまう。

それでも、打点アップを重視してアンカンしていくのが、実に和久津らしい攻撃性だ。

これに対し、丁寧な対応を見せたのが佐々木。

RTD2018_WHITE_19-22回戦_3_R

このイーシャンテンから、生牌のではなく、和久津の現物を切っていく。

佐々木「役牌アンコのカンも否定できないため、ノーテンの手牌からはを切る価値がないと判断し、を切った」

直線的な攻撃が持ち味の佐々木にしては、かなり守備的な1打である。

しかし・・・

RTD2018_WHITE_19-22回戦_4_R

次巡にテンパイを果たしてしまえば、話は別。

テンパイならばと、守備から一転してリーチをかけていった。

このリーチはなかなかできない。

でいったん守備手順を踏んでいるため、逆サイドにあるリーチという全面攻撃の手順には振り切れない心理状況となるからだ。

これをリーチにいけるのは、佐々木か悪魔か。

RTD2018_WHITE_19-22回戦_5_R

すると、が4枚見えている和久津がをツモ切って佐々木に放銃。

佐々木が悪魔のような攻守切り替えで8,000を決め、トップ目でオーラスを迎えることに成功した。

オーラス、佐々木以外の3者に軽そうな仕掛けが入る。

RTD2018_WHITE_19-22回戦_6_R

佐々木は、たろうにアガり切られればトップ陥落するのは元より、流局時のテンパイノーテンでもトップが入れ替わるため、簡単にはオリられない。

しかし、3着争いの和久津・達也2人がともに仕掛けたのを見ると、佐々木は早々にオリ始め、このイーシャンテンから通りそうなも打たずにきっちり現物を抜く。

確かに、和久津・達也2人で挟み込んでくれるなら、たろうを抑え込める可能性が高くなる。

非常に丁寧な1打だ。

すると、直後に和久津がそのをツモ切った。

RTD2018_WHITE_19-22回戦_7_R

なんと、これに「ロン」の声。

RTD2018_WHITE_19-22回戦_8_R

ポンの達也が、死角に入りやすい片アガリのタンヤオでアガり切り、3着を決める。

と同時に、佐々木の4連勝が決まった。

RTD2018_WHITE_19-22回戦_9_R

 

▼▼▼21回戦:またもオーラスの攻防、ここを制したのは!?▼▼▼

21回戦は、またしてもオーラスの攻防が見られる接戦となった。

RTD2018_WHITE_19-22回戦_10_R

ここで、ドラアンコの配牌を手にした佐々木、まずは打といく。

?真っすぐにアガリを目指すならば打になりそうだ。

ということは・・・

RTD2018_WHITE_19-22回戦_11_R

あ、はい。当然のようにホンイツでの12,000へ向かうわけですね。

RTD2018_WHITE_19-22回戦_12_R

そして、ツモで打

この状況でここまでホンイツ一直線の手組ができる打ち手はなかなかいない。トータルでの余裕も考えると、アガリやすいマンガンでの2着でもいいかと思ってしまいそうだ。

RTD2018_WHITE_19-22回戦_13_R

すると、目論見通り、ポンの後にテンパイ。アガリトップである。

一方、佐々木と首位争いするたろうも黙ってはいない。

RTD2018_WHITE_19-22回戦_14_R

出アガリ倍満のダマテンでトップを狙う。

さらに、オヤの平賀にもチーテンが入った。

RTD2018_WHITE_19-22回戦_15_R

3者テンパイの行方は・・・

RTD2018_WHITE_19-22回戦_16_R

平賀がを掴んで佐々木の12,000が炸裂。

RTD2018_WHITE_19-22回戦_17_R

佐々木が驚異の5連勝を決めた。

 

▼▼▼20回戦:意外と声が出ない猿川の9sポン▼▼▼

RTD2018_WHITE_19-22回戦_18_R

平賀が得意の連荘で快走する展開となった20回戦だが、猿川がこのマンガンツモで反撃の狼煙を上げると、オヤ番でのテンパイも慌てずダマテンに構えた。

RTD2018_WHITE_19-22回戦_19_R

このダマテンはすごい。

追いかける点数状況であることを加味すると、も切っていて変化に乏しいこの手牌では、先制リーチをかけたくなるところ。

しかし、猿川はフォームを崩さずダマテンに構えると、狙い通りのを引いてリーチ。

RTD2018_WHITE_19-22回戦_20_R

安目ながら、ツモウラ1で4,000オールを決めた。

もしカンでリーチしていると、結果的に追いかけリーチの石橋にで放銃となっていたため、これは猿川の大ファインプレー。

 

すると、這い上がってきた勝又も交え、3者のトップ争いになった。

ここで猿川が驚愕の仕掛け。

RTD2018_WHITE_19-22回戦_21_R

ポン打である。

猿川はマンガン条件であるため、チャンタでのリーチを本命に据えてしまいそうだが、このをポンしてを落としていった方が、ドラを引くだけでジュンチャンドラ2のマンガンになるため、仕掛けられる分、こちらの方が有利というわけだ。

仕掛けられてみれば、確かにこちらの方が得かもしれないと思うが、実際に座っていてこのに反応できる打ち手は多くないだろう。

RTD2018_WHITE_19-22回戦_22_R

すると、平賀のオヤリーチに対し、最後の1巡、まで押す。

自分のツモ番はもうなく、平賀のツモ番が残されたのみなのにも関わらず、である。

が通ってスジのだが、ドラがであるため、ペンは十分あり得る待ちだ。

それでも、これは勝負。それが猿川の結論だった。

そして、平賀の最終手番。

RTD2018_WHITE_19-22回戦_23_R

猿川の押しに、ハイテイ牌の鳳凰が羽ばたいて応えた。

RTD2018_WHITE_19-22回戦_24_R

RTD2018_WHITE_19-22回戦_25_R

猿川、ようやくの初トップで反撃開始。昨年の大逆転劇を今年も演じることができるだろうか。

 

▼▼▼22回戦:達也の大トップ!対照的な石橋は・・・▼▼▼

22回戦は達也劇場。

RTD2018_WHITE_19-22回戦_26_R

オヤでウラ2のマンガンをアガると、今度はお手本のようなメンタンピンドラ1。

RTD2018_WHITE_19-22回戦_27_R

達也が連荘で大トップとなった。

RTD2018_WHITE_19-22回戦_28_R

RTD2018_WHITE_19-22回戦_29_R

対照的なのが2連続ハコテンの石橋。

3桁あったプラスは一気に吹き飛び、マイナスまで転落してしまった。昨年までの嫌な雰囲気を払拭できるか、石橋の次戦に注目したい。

また、当然のことながら、佐々木の6連勝にも期待がかかる。

 

■次回は、4/9(月)21:00からWHITE DIVISION 23、24回戦をAbemaTV 麻雀チャンネルにて放送予定

https://abema.tv/channels/mahjong/slots/9dgFwMoJ4mRTtj

 

藤田晋invitational RTDリーグとは

2014年に麻雀最強位を獲得した藤田晋が、団体の垣根を超え、今最も強いと言われている麻雀プロを招いて開催される長期リーグ戦。
予選ではBLACK DIVISION・WHITE DIVISIONそれぞれ8名ずつの選手が出場し、各ブロック予選全54回戦をすべて放送する。
前代未聞のスケールで開催される今大会は、名実共に最強の雀士を決める戦いと言っても過言ではない。

毎週月曜日・木曜日の午後21時から最新対局を放送!!
(日曜日のお昼に、その週の最新対局をまとめて放送)

 

視聴方法:AbemaTV( PC版 / iOS / Android)

▼PC版
http://abema.tv
▼iOS版
https://itunes.apple.com/jp/app/abematv/id1074866833?mt=8
▼Android版
https://play.google.com/store/apps/details?id=tv.abema&hl=ja
視聴は全て無料でご覧いただけます。
--------------------------------------------------------
▼AbemaTV麻雀ch
https://abema.tv/now-on-air/mahjong
▼RTDリーグ公式サイト
https://rtdmonthly.amebaownd.com/
▼AbemaTV麻雀ch公式Twitter
https://twitter.com/abema_mahjong
▼RTDリーグ公式チャンネル(アーカイブ放送)
https://abemafresh.tv/rtdmonthly
--------------------------------------------------------

この記事のライター

鈴木 聡一郎
1983年生、千葉県出身
早稲田大学在学中の2004年、最高位戦日本プロ麻雀協会に入会。
以後10数年に渡り、観戦記者として活動中。
最高位戦以外にも、モンドTV、麻雀スリアロチャンネル、RMUなどの観戦記を執筆。
近年では、AbemaTV麻雀チャンネルの公式ライターとして、RTDリーグなどの観戦記者を務める。
観戦記以外には、書籍『麻雀偏差値70へのメソッド』(石井一馬著)、『最強プロ鈴木たろうの迷わず強くなる麻雀』(鈴木たろう著)、『多井熱』(多井隆晴著)などに協力。

Twitter:@tsukunenn
ブログ:http://luckytsukunen.blog.fc2.com/

新着記事

Return Top