麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

学生麻雀連盟
佐々木寿人がオーラスに逆転し5連勝 鈴木達也が大トップで5位浮上/RTDリーグ 2018 WHITE DIVISION

佐々木寿人がオーラスに逆転し5連勝 鈴木達也が大トップで5位浮上/RTDリーグ 2018 WHITE DIVISION

BULL2021求人朝宮あろま

 RTDリーグ2018のBLACK DIVISION21・22回戦が4月5日に放送され、21回戦で佐々木寿人がオーラスに逆転で5連勝。トータル298.4ポイントでリードをさらに広げた。22回戦では鈴木達也が67300点のトップで5位に浮上した。

 21回戦、ここまで4連勝中の佐々木は、東1局に勝又に12000点(純チャン・イーペーコー・ドラ)を放銃。しかしここから巻き返し、オーラスに平賀聡彦から12000点(南・白・ホンイツ・ドラ3)をアガリ、3着から逆転トップで5連勝となった。ここまで11戦7勝でトータル298.4ポイントとなり、2位の鈴木たろうに100ポイント差を付けた。

RTDリーグ 2018 WHITE DIVISION 21回戦
順位選手名ポイント
1 佐々木寿人 55.1
2 勝又健志 14.4
3 鈴木たろう ▲22.7
4 平賀聡彦 ▲46.8

 マイナスが3桁に突入し、なかなか調子が上がらなかった鈴木(達)だが、22回戦東1局に裏ドラ3枚を乗せて3000-6000(リーチ・ツモ・ドラ4)のツモアガリ。

 その後もリーチを積極的にかけては裏ドラが効果的に乗り、67300点の大きなトップを獲得。

 次のゲームに向けて「この気持ちを切らさずに早くやりたい」と意気込んだ。

RTDリーグ 2018 WHITE DIVISION 22回戦
順位選手名ポイント
1 鈴木達也 87.3
2 和久津晶 7.7
3 猿川真寿 ▲16.6
4 石橋伸洋 ▲78.4
RTDリーグ 2018 WHITE DIVISION TOTAL 22/54
順位選手名ポイント
1 佐々木寿人 298.4
2 鈴木たろう 185.7
3 勝又健志 28.9
4 石橋伸洋 ▲35.7
5 鈴木達也 ▲48.1
6 和久津晶 ▲70.8
7 平賀聡彦 ▲75.9
8 猿川真寿 ▲282.5

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top