麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

CABOクィーンカップ
【麻雀クイズ王】親がアガれば連荘できるようになったのはいつごろ?【梶やんの歴史クイズ】

【麻雀クイズ王】親がアガれば連荘できるようになったのはいつごろ?【梶やんの歴史クイズ】

CABO求人全自動麻雀卓スリム

週2回出題される問題に答えていけば、あなたも麻雀の歴史マスターに!

今日の問題はこちら!


梶本琢程さん(@takutei)から麻雀の歴史についての問題が出題!

問題

親がアガったりテンパイすればもう一度親ができるという連荘。これは日本に麻雀が伝わったころには導入されていないルールでした。では、親がアガれば連荘できるようになったのはいつごろでしょう?
1.昭和24年 2.昭和34年 3.平成元年
  

正解はこちらをクリック
1.昭和24年 
このころ、リーチの普及、点数計算に場ゾロを導入など麻雀のルールやシステムが大きく変化し、現代の麻雀に非常に近い形となりました。

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top