麻雀さん求人広告

麻雀ウォッチ

オススメ
検索
メニュー

絶対にやりすぎない瀬戸熊のダマテンプッシュ! RTDリーグ2017 WHITE DIVISION 第2節 11、12回戦レポート

絶対にやりすぎない瀬戸熊のダマテンプッシュ! RTDリーグ2017 WHITE DIVISION 第2節 11、12回戦レポート
RTDリーグ
2017年03月12日 19:00

3/9(月)21:00よりAbemaTV「麻雀チャンネル」にて放送された、RTDリーグWHITE DIVISION 第2節 11、12回戦の様子をお届けします。

レポートは、鈴木聡一郎(最高位戦日本プロ麻雀協会)がお送りします。

 

11回戦の対局者は、起家から順に

瀬戸熊 直樹(日本プロ麻雀連盟)

小林 剛(麻将連合)

鈴木 たろう(日本プロ麻雀協会)

内川 幸太郎(日本プロ麻雀連盟)

10回戦終了時のポイントはこちら↓

RTDリーグ2017_WHITE_第2節11-12回戦_1_R

 

瀬戸熊のリーチは、いつだって鋭い。

昨年のRTDリーグ予選、藤田が1位だった「リーチ成功率」という、「リーチがアガリに結び付いた率」がある。

RTDリーグ2017_WHITE_第2節11-12回戦_2

1位の藤田は、かなり吟味してリーチしているのが、リーチ回数の少なさからわかる。

一方、目立たないが、この項目で3位だった瀬戸熊。リーチ回数では、多すぎず少なすぎず。

つまり、自然体なのである。

それなのに、このリーチの精度を保っているのが瀬戸熊の強さ。

裏を返せば、ダマテン選択の精度が非常に高いということだ。

 

RTDリーグ2017_WHITE_第2節11-12回戦_3_R

たろうに先行される形となったが、このリーチをツモると、ウラ1で2000・4000。

たろうを微差でかわす。

 

一方、まくられたたろうも当然黙ってはいない。

RTDリーグ2017_WHITE_第2節11-12回戦_4_R

南1局、たろうらしく1巡目のポンから入る。

RTDリーグ2017_WHITE_第2節11-12回戦_5_R

そして、とポンすると、打点が見込めるこのイーシャンテンまでたどり着いた。

 

これに対し、臆することなく瀬戸熊がリーチ。

RTDリーグ2017_WHITE_第2節11-12回戦_6_R

たろう2フーロの3巡目にカンでテンパイした瀬戸熊。オヤということと、遠い仕掛けを多用するたろうが相手ということを考えれば、そこでリーチもあり得た。

しかし、相手に踊らされずに自分の麻雀を打ち切るのが瀬戸熊のスタイル。

このシャンポンなら、役牌を余らせているかもしれないたろうからの出アガリもあるし、打点も見込めるため、勝負というわけだ。

RTDリーグ2017_WHITE_第2節11-12回戦_7_R

これに対し、たろうもテンパイ。

RTDリーグ2017_WHITE_第2節11-12回戦_8_R

そしてここに、小林もリーチで斬り込んだ。

この直後、たろうがツモで打を選択。

RTDリーグ2017_WHITE_第2節11-12回戦_9_R

2軒リーチに対する共通安牌のアガりやすさ、2枚あることによる次巡以降の安牌確保、の放銃期待値の低さなどを考慮した。

しかし、これが裏目。

RTDリーグ2017_WHITE_第2節11-12回戦_10_R

瀬戸熊がを掴んだ直後にで出アガり、たろうの仕掛けと小林の追いかけリーチをかわす。

 

次巡もたろうが先手を取ってリーチ。

RTDリーグ2017_WHITE_第2節11-12回戦_11_R

これに対し、瀬戸熊は一発で無スジのを打っていく。

RTDリーグ2017_WHITE_第2節11-12回戦_12_R

この局を勝負局と位置付けていた瀬戸熊、地の果てまで押す所存である。

 

ここに、役牌を2つ鳴いて小林も参入。

RTDリーグ2017_WHITE_第2節11-12回戦_13_R

さらに、内川も無スジで押していた。

RTDリーグ2017_WHITE_第2節11-12回戦_14_R

しかし、内川は、小林のアタリ牌を掴むと、やや間があって打

 

このタイミングで瀬戸熊にテンパイが入った。

RTDリーグ2017_WHITE_第2節11-12回戦_15_R

打点の上昇を考えれば、リーチで問題ない。

ところが、瀬戸熊はダマテンを選択した。

瀬戸熊「勝負局だが、がたろう・小林両方に現物であり、リーチする必要もないかと。気持ちは『リーチ』だったが、最後のツモなどでオリる可能性はあり、総合的にダマテンを選択した」

この他に、リーチに対する自分の河が「危険牌→安牌トイツ落とし」の順になっており、警戒されにくいこともダマテンを後押ししているだろう。

同じく、危険牌→安牌の順に切って前巡からオリ気味に打っていた内川が、2人の現物ですぐに瀬戸熊に放銃。

RTDリーグ2017_WHITE_第2節11-12回戦_16_R

瀬戸熊のダマテン選択がピタリとはまった。

 

瀬戸熊は、こういうダマテン押しが本当にうまい。それが、リーチの精度を支えているのは言うまでもないだろう。

その根底にあるのは、「自然体」と「やりすぎない」という意識だそうだ。

瀬戸熊は語る。

「この局面もそうだが、昔からとにかく『やり過ぎ』感だけ注意している。『素直』『自然』をベースにしており、基本的にどのルールでもあまり変えていない」とのこと。

ブレない理由がここにあるのだろうなと感じた。

RTDリーグを観ていて、よく思うことがある。

「瀬戸熊と小林は本当にブレないな」ということだ。

タイプは全く違うのだが、この2人のブレなさは本当に群を抜いていると思う。

瀬戸熊の場合、その根源は、上記のような「自分の麻雀を打ち切る」というテーマなのだろう。

RTDリーグ2017_WHITE_第2節11-12回戦_17_R

次局も、きっちりダマテンでリーチをかわすと、今期初のトップ。

RTDリーグ2017_WHITE_第2節11-12回戦_18_R

初トップながら、これまで我慢してマイナスを最小に抑えていた甲斐もあり、総合順位を一気に4位まで上げた。

 

続く12回戦では、南場のオヤで村上が藤田の3フーロ、勝又のリーチに追いかけると、一発で勝又のドラを捕らえ、12000。

RTDリーグ2017_WHITE_第2節11-12回戦_19_R

2連勝で、トータルをプラスに戻し、3位まで浮上している。

RTDリーグ2017_WHITE_第2節11-12回戦_20_R

RTDリーグ2017_WHITE_第2節11-12回戦_21_R

 

■次回3/13(月)21:00から13、14回戦をAbemaTV 麻雀チャンネルにて放送予定
https://abema.tv/channels/mahjong/slots/8hCVQYi5hPVqgj

 

藤田晋invitational RTDリーグとは

2014年に麻雀最強位を獲得した藤田晋が、団体の垣根を超え、今最も強いと言われている麻雀プロを招いて開催される長期リーグ戦。
予選ではBLACK DIVISION・WHITE DIVISIONそれぞれ8名ずつの選手が出場し、各ブロック予選全54回戦をすべて放送する。
前代未聞のスケールで開催される今大会は、名実共に最強の雀士を決める戦いと言っても過言ではない。

今期のRTDリーグは、毎週月曜日・木曜日の午後21時から最新対局を放送!!
(日曜日のお昼に、その週の最新対局をまとめて放送)

 

視聴方法:AbemaTV( PC版 / iOS / Android)

▼PC版
http://abema.tv
▼iOS版
https://itunes.apple.com/jp/app/abematv/id1074866833?mt=8
▼Android版
https://play.google.com/store/apps/details?id=tv.abema&hl=ja
視聴は全て無料でご覧いただけます。
——————————————————–
▼AbemaTV麻雀ch
https://abema.tv/now-on-air/mahjong
▼RTDリーグ公式サイト
https://rtdmonthly.amebaownd.com/
▼AbemaTV麻雀ch公式Twitter
https://twitter.com/abema_mahjong
▼RTDリーグ公式チャンネル(アーカイブ放送)
https://abemafresh.tv/rtdmonthly
——————————————————–

この記事を書いた人

鈴木 聡一郎
鈴木 聡一郎
1983年生、千葉県出身
早稲田大学在学中の2004年、最高位戦日本プロ麻雀協会に29期前期生として入会。
以後10年にわたり、観戦記者として活動中。
最高位戦の対局以外にも、モンドTV、マージャン101などの観戦記を執筆。
観戦記以外には、書籍「麻雀偏差値70へのメソッド」(石井一馬)、コラム「麻雀強者の哲学」(鈴木たろう)の構成としても参画。

Twitter:@tsukunenn
ブログ:http://luckytsukunen.blog.fc2.com/

関連記事

プロフィール

麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイト。

著者リスト

  • 青木 さや
  • 浅見 侑平
  • 学生麻雀連盟
  • 学雀連代表 げっち
  • きゅ~
  • 一井 慎也
  • 女子麻雀サークル MAGNET
  • まろちょふ
  • 麻雀王国営業部 しーちゃん
  • 麻雀ウォッチ編集部ライター
  • 小鶴
  • 麻雀ウォッチ編集部
  • 麻雀新聞
  • 麻雀界
  • nakamura
  • ネマタ
  • 斎藤 俊
  • スタジオ カドタ
  • 谷崎 舞華
  • 山崎 一夫
  • taroo 河下太郎
  • 鈴木 聡一郎
  • 渡辺 英行
  • 福山純生 (雀聖アワー)