麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

学生麻雀連盟
もっと勝つための現代麻雀技術論 第147回 「字牌絡みの手役」

もっと勝つための現代麻雀技術論 第147回 「字牌絡みの手役」

CABO求人MEWS

 今回から字牌絡みの手役が狙える場合の打牌選択について考えます。今回はチャンタです。

 役牌は重なって鳴くと1翻ですが、重なることで他の手役の面子候補も揃う場合は更に高打点の手が狙える場合もあります。

 役牌の1翻と合わせてできる手役がチャンタであれば鳴いても2翻、ホンイツなら鳴いても3翻と打点が大幅に上がるので、多少アガリ率が落ちても狙うことも多くなります。

 ドラ

 打

 一見が浮いているように見えますが、のカンチャン以外の面子候補、浮き牌は全てチャンタ絡みです。

 チャンタは出来づらく鳴いても安いことが多いので軽視されがちですが、ドラ1だと2翻手止まりなのが、チャンタになると40符3翻、チャンタドラ1なら4翻手になるのは大きいですね。よって面子候補オーバーではないですが白あたりを実質的な面子候補とみなし、打として手役に絡まない面子候補を落とします。

 これがドラあたりであれば、チャンタをつけなくても鳴いて40符3翻から4翻が見込めるので、チャンタで「1翻つく」メリットが小さいのでは残します。

 打でもいいですが、安牌要因と、重なった時の鳴きやすさ、ホンイツがついて更に高くなる可能性も考慮すれば打でしょうか。

 ドラ

 打

 ドラの場合でもトイツの代わりに(客風)であれば、チャンタにならないとメンゼンリーチがないと役無し。

 今度は、「鳴きがきく」メリットが大きいので、ドラ2以上あるならなおのこと鳴きを考慮して打

 鳴ける牌は全て鳴きます。

 まとめると、シャンテン戻しするほど巡目に余裕がある場合は、チャンタがつかないと2翻以下で「1翻つく」メリットが大きい場合か、チャンタ以外の鳴き手役が無いので、「鳴きが利くようになる」メリットがある場合は、悪形面子候補よりも、くっつきでチャンタの4面子1雀頭の候補が揃うような浮き牌を残す方がよいことになります。

この連載の目次ページを見る

この記事のライター

ネマタ
浄土真宗本願寺派の僧侶。麻雀戦術サイト「現代麻雀技術論」の著者。
同サイトは日本麻雀ブログ大賞2009で1位に。
1984年佐賀県生まれ。
東京大学文学部中退。

著書:「勝つための現代麻雀技術論」「もっと勝つための現代麻雀技術論 実戦編

新着記事

Return Top