麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

大洋技研株式会社
第398回 ネマタの雀魂日記〜魂天になるまでやめれま天

第398回 ネマタの雀魂日記〜魂天になるまでやめれま天

BULL2021求人朝宮あろま
ネマタの雀魂日記とは
  • 『ネマタの雀魂日記』は、麻雀戦術サイト「現代麻雀技術論」の著者・ネマタさんによるネット麻雀「雀魂」で魂天位を目指すコラムです。
  • 初回はコチラ

限定着せ替え投票の結果はこのようになりました。復刻着せ替えを購入する予定がなくアイテム目当てのためだけに投票する人は一番最初に配置されている一姫に入れそうなものですから、次回以降は何らかの配慮があった方がよい気もしますね。

じゃんたまPONG Blu-ray限定版の特典には着せ替え選択チケットがついてくるので、そちらを購入すれば今回当選しなかった雀士の衣装も手に入るとのこと。好評のうちに終了した本アニメですが、一姫現麻は本日第30話更新。完結まで残り20話とまだまだ続きます。お楽しみ下さい。

雀魂牌譜

東2局

下家は手順からほぼピンズホンイツで満貫以上の聴牌なうえに待ちも絞れているため、対門の[6]をポンして[③]押しは見合わないとみてスルーしたのですが、ツモり四暗刻になれば話は別。

下家は[③]が出たのでポンして[①][④]待ちからトイトイに待ち替え。見えている枚数的にも妥当な選択ですが結果的に四暗刻をあがることができました。

南1局

うっかり共通安牌の[南]をツモ切ってしまったのですが、点数状況的に下家に高い手をツモられるよりは対門に放銃する方がマシなので下家にだけ通る[②]残しも案外ありなのかもしれません。

予期せぬターツ選択。見た目枚数は2枚差ですが、[2][②]と切っている下家は[5]を固めていることが多く[③]は持っていないことが多い。聴牌した時の出やすさも[5]よりも[③]が上。あえてリャンメンよりペンチャンを残すことはそうそうないのですが、迷った時は自分が有力と感じた意外性の高い打牌を選ぶようにしています。

今回は先に[③]を引き入れることができました!たとえ失敗したとしても、その打牌を選んだという経験が打ち手としての成長に繋がると思います。

実際に[5]は下家に固められていて、[③]は使われていなかったのですが、[⑤][⑧]は引けずに何と下家に四暗刻をツモられて逆転されてしまうのでした。実は東1でも下家の四暗刻聴牌があるなど何とも派手な展開でしたが、派手な和了の応酬の中に地味ながら重要な選択の機会がしばしば訪れる。これこそ三麻の醍醐味。この面白さを皆様にも味わってほしいですね。それではまた次回。

雀魂 について


オンラインで全国のプレイヤーとリアルタイムに対戦できる麻雀ゲームです。
全世界のプレイヤーと対戦を行うことができる「段位戦」、チャットを送れる友人と好きなルールで対戦できる「友人戦」、プレイヤー同士で開催/参加できる「大会戦」など様々な対戦スタイルにより、麻雀の初心者から上級者まで幅広くお楽しみいただけます。

 

この記事のライター

ネマタ
浄土真宗本願寺派の僧侶。麻雀戦術サイト「現代麻雀技術論」の著者。
同サイトは日本麻雀ブログ大賞2009で1位に。
1984年佐賀県生まれ。
東京大学文学部中退。

著書:「勝つための現代麻雀技術論」「もっと勝つための現代麻雀技術論 実戦編

新着記事

Return Top