麻雀ウォッチ

オススメ
検索
メニュー

ネマタの戦術本レビュー

ネマタの戦術本レビュー
「現代麻雀技術論」のネマタ氏が巷の戦術本の気になるところをピックアップ!一度読んだ本でもより理解が深まること間違いなし!
全ての記事を1ページで表示する
    ネマタの戦術本レビュー第414回「大きく打ち、大きく勝つ麻雀 著:近藤誠一 その3」
ネマタの戦術本レビュー

ネマタの戦術本レビュー第414回「大きく打ち、大きく勝つ麻雀 著:近藤誠一 その3」

 好形高打点で押し返す  26ページの手牌の共通の受けを比較してみます。を引いた場合、ペンリーチのみより、三色+ドラ1まであるくっつき1シャンテンの方がはっきりよいです。テンパイを逃した場合ですらペンチャン外しがよいケー…

記事全文を読む32 views
    ネマタの戦術本レビュー第413回「大きく打ち、大きく勝つ麻雀 著:近藤誠一 その2」
ネマタの戦術本レビュー

ネマタの戦術本レビュー第413回「大きく打ち、大きく勝つ麻雀 著:近藤誠一 その2」

 高打点のための手組  16ページの手牌は、メンゼン前提なら打はが雀頭候補になりが浮き牌になるので、やに比べアガリ率が落ちます。しかしいずれもリャンメンが揃っている2シャンテンですから、差があるといっても僅差です。それな…

記事全文を読む67 views
    ネマタの戦術本レビュー第412回「大きく打ち、大きく勝つ麻雀 著:近藤誠一 その1」
ネマタの戦術本レビュー

ネマタの戦術本レビュー第412回「大きく打ち、大きく勝つ麻雀 著:近藤誠一 その1」

 何を切るかが問われている内容を中心に取り上げます。  配牌からどこへ向かうのか  7ページの手牌はあまりアガリやすい手とは言えませんが、手組のうえでをより残す理由もないのでを切ります。重要なのは守備意識を持つことや、ツ…

記事全文を読む117 views
    ネマタの戦術本レビュー第411回「ゼロ秒思考の麻雀 著:ZERO その21」
ネマタの戦術本レビュー

ネマタの戦術本レビュー第411回「ゼロ秒思考の麻雀 著:ZERO その21」

 47  リーチ宣言牌が1928というだけなら悪形率は高くなりません。(『現代麻雀理論』参照) 他の2要素と合わせれば確かにそのケースは増えそうですが、そもそも2要素だけで十分なのでそこまでは考慮する必要性は薄いでしょう…

記事全文を読む129 views
    ネマタの戦術本レビュー第410回「ゼロ秒思考の麻雀 著:ZERO その20」
ネマタの戦術本レビュー

ネマタの戦術本レビュー第410回「ゼロ秒思考の麻雀 著:ZERO その20」

 44  は残しますが、残り1枚のよりはを引くことが多く、を引いて3メンチャンができるのであれば、ピンズが場に高いとはいえ残しツモより望ましいので打としそうです。   ただ、同じシャンテン同士の打牌選択は平面上では局収支…

記事全文を読む67 views
    ネマタの戦術本レビュー第409回「ゼロ秒思考の麻雀 著:ZERO その19」
ネマタの戦術本レビュー

ネマタの戦術本レビュー第409回「ゼロ秒思考の麻雀 著:ZERO その19」

 41  染めを狙うかどうかというより、染めの可能性をみて浮いた字牌を残した方がよいかどうかで判断します。染め手になることはほとんどないけど、字牌から切るだけのメリットも特にないので少しでも可能性をみた方がよい場合もある…

記事全文を読む70 views
    ネマタの戦術本レビュー第408回「ゼロ秒思考の麻雀 著:ZERO その18」
ネマタの戦術本レビュー

ネマタの戦術本レビュー第408回「ゼロ秒思考の麻雀 著:ZERO その18」

 38  麻雀は4人で打つので、人に喜ばれる選択が必ずしも悪手とは限りません。誰ならアガってもらってもよいか、振ってもよいかを考えることは、残り局数が少なくなってからの点数状況判断の要と言ってもよいでしょう。  39  …

記事全文を読む111 views
    ネマタの戦術本レビュー第407回「ゼロ秒思考の麻雀 著:ZERO その17」
ネマタの戦術本レビュー

ネマタの戦術本レビュー第407回「ゼロ秒思考の麻雀 著:ZERO その17」

 35  ケイテン押し引き基準はこちらを御参照下さい。 http://epsilon69399.blog20.fc2.com/blog-entry-237.html  ただし、スルーした場合は僅かながらアガリの可能性が残…

記事全文を読む90 views
    ネマタの戦術本レビュー第406回「ゼロ秒思考の麻雀 著:ZERO その16」
ネマタの戦術本レビュー

ネマタの戦術本レビュー第406回「ゼロ秒思考の麻雀 著:ZERO その16」

 33  安牌が少ない場合の押し引き判断は、もう1枚引いて手が進んだうえで、「安牌があっても」押せるかどうかで判断します。127ページの手牌は1シャンテンになりさえすれば巡目的に十分押しに見合うのでを切ります。  逆に言…

記事全文を読む88 views
    ネマタの戦術本レビュー第405回「ゼロ秒思考の麻雀 著:ZERO その15」
ネマタの戦術本レビュー

ネマタの戦術本レビュー第405回「ゼロ秒思考の麻雀 著:ZERO その15」

 31  ①④⑦ ②⑤⑧ ③⑥⑨ 通った牌を塗りつぶして◯◯につき1点 ◯◯◯につき2点 このようにカウントしていけば重複を防げますし、18から引き算をする手間が省けます。 実戦ではスジ1本の差で判断が変わるのは待ち牌が…

記事全文を読む101 views
1 2 3 4 5 6 42

プロフィール

麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイト。

著者リスト

  • 青木 さや
  • 学生麻雀連盟
  • 学雀連代表 げっち
  • きゅ~
  • 一井 慎也
  • 研タロウ
  • 女子麻雀サークル MAGNET
  • まろちょふ
  • 麻雀王国営業部 しーちゃん
  • 麻雀ウォッチ編集部ライター
  • 小鶴
  • 麻雀ウォッチ編集部
  • 麻雀新聞
  • 麻雀界
  • nakamura
  • ネマタ
  • 斎藤 俊
  • スタジオ カドタ
  • 谷崎 舞華
  • 山崎 一夫
  • taroo 河下太郎
  • 鈴木 聡一郎
  • 渡辺 英行
  • 福山純生 (雀聖アワー)