麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

CABOクィーンカップ
土田のデジタル 2.打点より形を優先する

土田のデジタル 2.打点より形を優先する

麻雀の頂全自動麻雀卓スリム

和了に近づける打ち方が基本ですから、打点に気持ちを奪われずに、形で勝負します。理想や夢を追う打点系の打ち方は極力避けます。

ツモ

345の三色を狙うとを落としますが、デジタル的にはを外し、テンパイしやすく和了りやすい形を残します。

を切れば、テンパイする牌は"""です。筒子の重なり、もしくは索子が入ればで、萬子が入れば"""でリーチが打てます。を切れば、テンパイする牌は"""で同じく6種類ありますので、この選択でも良いですが、が入ることを考慮するとを切るほうがいいです。

打点系の打ち方ではを打ちます。が頭になっても、カンではリーチにいかないでしょうが、を含めてもテンパイする牌は"""の5種類で、1種類少なくなります。

さらに、カンが残りやすい形ですから、和了に近づけるのかという疑問が残ります。運良く"を引いて3、4、5の三色になったとしても苦しい待ちになります。運良くを引いて"""の待ちになっても、和了るのは概ね"だと思います。

デジタルの思考でいくには、打点よりも形で勝負していきましょう。

関連するカテゴリー

 『麻雀のすべて』 (総合ページ)

記事提供元

「麻雀のすべて」
最新の情報はコチラから http://mjall.jp/
 

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top