麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

スリアロチャンネル
土田のデジタル 14.リャンカン形の活かし方

土田のデジタル 14.リャンカン形の活かし方

CABO求人全自動麻雀卓スリム

 リャンカン形は、1・3・5、2・4・6、3・5・7の3パターンあります。1・3・5と5・7・9、2・4・6と4・6・8は同じ意味合いです。

 1番優れた形は、3・5・7です。2や8は引いてきやすく、1・4、6・9待ちになりやすいです。1や9も引いてきやすく、和了りやすいカン2やカン8待ちになりますので、良い形ができるまで待ちます。3・5・7が残った場合は、1・2・8・9のどれかを引いてきやすいので、カン4やカン6待ちのテンパイは取らずに5を切りましょう。

 次に、1・3・5と2・4・6を考えます。間の2・4、3・5が入る確率は同じですが、そこが残った場合の和了りやすさを考えます。1・3・5は、1を切ってカン4か、5を切ってカン2待ちになります。2・4・6は、2を切ってカン5か、6を切ってカン3待ちになります。カン2待ちが優れた形ですので、1・3・5のほうがいいと言えます。両面への変化を考えると、1・3・5は6を引いて4・7待ちと苦しい待ちです。2・4・6は7を引くと良い両面になりますが、7を引くことよりも、リャンカン形が残ることを考えると、やはり良い待ちができる奇数嵌張のほうが優れている形と言えます。

関連するカテゴリー

 『麻雀のすべて』 (総合ページ)

記事提供元

「麻雀のすべて」
最新の情報はコチラから http://mjall.jp/
 

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top