麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

スリアロチャンネル
土田のデジタル 22.後からツモってきた牌の価値

土田のデジタル 22.後からツモってきた牌の価値

CABO求人全自動麻雀卓スリム

 自動卓は早く積み上げることを優先しているため、あまり混ざっていません。自動卓や、Maru-Janのようにリアル麻雀とほぼ似たような構成でツモ牌が来る麻雀では、ツモってきた牌の価値を考えることが重要です。対子や順子、ポンしている牌など、手牌や河で続けて置かれていた牌は、近い位置に連なって、自動卓からせり上がってくる性質があります。そのため、ツモってきた牌の近くの牌がその次にくる可能性はけっこうあります。ただし、近くの牌山なので、他の人のツモ牌になるかもしれません。

"ツモ
 七対子の一向聴です。"が1枚ずつ場に出ているとします。今ツモったも1枚切れとすると、重なる確率は同一ですが、自動卓の性質を考慮すると、すぐにが重なる可能性が高くなります。

"""""ツモ
 一向聴です。萬子か索子が伸びれば立直というところにを持ってきました。場の状況などで比較がつかないときは、後からツモってきたの周りが伸びると考えてください。

関連するカテゴリー

 『麻雀のすべて』 (総合ページ)

記事提供元

「麻雀のすべて」
最新の情報はコチラから http://mjall.jp/
 

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top