麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

学生麻雀連盟
土田のオカルト 30.運量で手役の見切り巡目を測る

土田のオカルト 30.運量で手役の見切り巡目を測る

BULL2021求人全自動麻雀卓スリムプラススコア

 運量はざっくりと5段階に分ける程度でかまいません。上から、絶好調、上向き、並、下向き、全然駄目、といった感覚でいいです。運量により手役を追いかけることを見切る巡目を決めます。
 全然駄目のときは1巡目で見切ります。よほど良い配牌が来ていない限り、手役は狙いません。和了れそうな組み合わせだけを作りにいくことが大事です。下向きのときは4巡目です。以降3巡ずつ足していきます。並のときは7巡目です。中盤戦が始まったら決断しましょう。いけると思っているとき以外は見切ります。上向きのときは10巡目です。10巡目までは追いかけていいですが、そこで諦めましょう。絶好調のときは13巡目です。終盤戦の始まりでようやく判断するくらいでいいです。

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top