麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

学生麻雀連盟
土田のオカルト 42.運量を動かす源

土田のオカルト 42.運量を動かす源

BULL2021求人朝宮あろま

 運の量は字牌の出し入れによって変化します。意識して字牌を動かしてみると、運の流れが見えてきます。

 ドラはです。をポンしてを切れば、で、白、三色、ドラ1の手になります。親で5800点、子で3900点です。は一鳴きか、二鳴きか、鳴かないかの3択ですが、この選択によって時間差が生まれるわけです。この方針の違いによって運の量が劇的に変化するのが麻雀です。
 普通の調子のときには一鳴きします。役牌は3枚そろえて価値のある牌なので、頭で終わらせる必要はないからです。三色にこだわる必要もなくて、白、ドラ1で和了りに行くことをメインに考えます。調子が少し上下したときは二鳴きします。絶好調のときは鳴かずに門前で三色を仕上げます。自分のツモってくる筋、ツモ筋を信じて打てば高い手が和了れると思います。不調のときはは鳴かずにをチーします。この時間差が運を変えます。

 ドラはです。今度は役牌のトイツはありません。三元牌の切り順が大事です。調子が普通以上のときは、いつもどおりの切り順にします。落ちてきたらのように少し変えます。絶不調のときはのようにさらに変えます。

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top