麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

学生麻雀連盟
土田のオカルト 77.打点で判断すべからず

土田のオカルト 77.打点で判断すべからず

CABO求人ニルウッドカバー

 相手からリーチがかかったときに、手が良いときはいつもまっすぐ行き、手が悪いときはいつも降りるという打ち方では、勝率は上がりません。48勝52敗ぐらいまでは行きますが、53勝47敗にはなりません。先制リーチがかかった人との関係性、ツキの差、相性などを考えて、相手のほうがツイていると思えば降ります。

 ドラはです。が入れば、純チャン、三色で倍満まで狙えます。ここで相手からリーチがかかり、を持ってきました。相手のほうがツイているなら降ります。が安全牌なら全部切ります。手が良いから前へ進むというのは中級止まりです。

 ドラはです。親からリーチがかかりました。ドラもなく自分の状況もあまり良くないところで、を引いてテンパイしました。厳しいですが、通っていないを切ってドラそばのカン待ちで、追いかけリーチにいかなければならない局面もあります。そこに勝機が隠されているときがあります。点数は親が1万点ぐらい上でも、その人との関係性や相性が悪くなければ、敢然と追いかけて和了ることで、形勢が大きく有利になるということを、勝率の高い人は知っています。だから、麻雀は難しいのです。降りるのは簡単ですが、それでは中級止まりです。もっと麻雀が強くなりたければ、このカン待ちで追いかけリーチを打てる場面も作れるようになりましょう。

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top