麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

CABOクィーンカップ
福地誠が接戦を制して第九期天鳳名人位に!/第九期天鳳名人戦最終節

福地誠が接戦を制して第九期天鳳名人位に!/第九期天鳳名人戦最終節

CABO求人ニルウッドカバー

オンライン対戦麻雀「天鳳」において、天鳳位を始めとした天鳳の強者とトッププロによって争われるリーグ戦「第九期天鳳名人戦」の最終節が6月10日に行われ、第六期で優勝していた福地誠が二度目の優勝を飾った。

▼優勝報告Noteはこちら

最終節はこれまでの上位4名で開催、ポイントを持ち越し、4回戦を行って優勝者を決定する。

最終節開始時点のポイント状況

1回戦は序盤に醍醐がリードを確保、更に点棒を稼ぎにいった東3局の醍醐のリーチに福地が現物を切ったがこれを捉えた就活生が跳満の直撃を決めてターゲットの福地に4着を押しつけた。この1戦を終え、完全に横並びの残り3戦となった。

東3局 就活生@川村軍団のチンイツのアガリ
1回戦終了時点のポイント表

2回戦も醍醐が抜け出す展開、南3局まで4着争いだった福地だが、なんとか2着を確保して粘りきった。しかしトータルポイントでは醍醐が首位に浮上した。

2回戦終了時点のポイント

3回戦も福地が4着目で場が進んだが、南2局に親の岡本が醍醐から12000のアガリを決めて醍醐が4着目に。その後おかもとがリードを広げ、福地は再び4着目となったが南3局に起死回生の3000・6000で2着に浮上。再びトータルトップに立って最終戦を迎えることとなった。

南3局 福地の3000・6000
3回戦終了時点のポイント表

最終戦、起家の親番となった福地は最初の東1局、ドラ単騎の七対子を地獄待ちながらもリーチ。流局に持ち込むとその後の1本場、トータル2位のおかもとから11600のアガリを決め手大きなリード。そしてその後はトータル4位の就活生@川村軍団がアガリを決め続け、おかもとと醍醐の点棒を削り続ける展開となり、徐々に形成は福地に傾いていった。最終的にはおかもとの飛び終了となり、福地が第九期天鳳名人位を勝ち取った。

優勝した福地は「要所での着順浮上がラッキーでしたね。1回戦か2回戦のどちらかではラスを引かされるかなと思いましたが、1回戦の就活生へのチンイツ放銃にはさすがにクラっときましたね。麻雀はやめずにつづけていればどこかでいいことはあるので、皆さんもやめずに楽しんで頂ければなと。今回のメンバーだと、特におかもとさんは一次元上の麻雀を打っていて、負けても仕方ないなと思いながら戦っていました。」と勝負を振り返った。

また、第十期に向けての準備も行われており、天鳳のアマチュア予選、プロ予選も復活するという予告もあった。果たして来季の天鳳名人戦はどのようなメンバーでの対局になるか注目!

天鳳名人戦公式サイト(牌譜など)

ネマタ氏による天鳳名人戦牌譜検討記事も好評連載中!

▼プレゼントキャンペーンも実施中!

配信

ニコニコ生放送

FRESHLIVE

日程

2019年08月07日 第九期 天鳳名人戦 第一節
2019年09月04日 第九期 天鳳名人戦 第二節
2019年10月09日 第九期 天鳳名人戦 第三節
2019年11月13日 第九期 天鳳名人戦 第四節
2019年12月18日 第九期 天鳳名人戦 第五節
2020年01月15日 第九期 天鳳名人戦 第六節 ※下位4名敗退
2020年02月05日 第九期 天鳳名人戦 第七節
2020年03月11日 第九期 天鳳名人戦 第八節 ※下位2名敗退
2020年04月22日 第九期 天鳳名人戦 第九節
2020年05月13日 第九期 天鳳名人戦 第十節 ※下位2名敗退
2020年06月10日 第九期天鳳名人戦 最終節

歴代天鳳名人位

第1期 小林剛
第2期 小林剛
第3期 石橋伸洋
第4期 ASAPIN
第5期 就活生@川村軍団
第6期 福地誠
第7期 独歩
第8期 ASAPIN
第9期 福地誠

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top