麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

学生麻雀連盟
研ぎ澄まされた感性 石橋伸洋の巧みな麻雀

研ぎ澄まされた感性 石橋伸洋の巧みな麻雀

BULL2021求人全自動麻雀卓スリムプラススコア

「第36期最高位」、「第19期發王位」、「第10回モンド杯優勝」など、数多くのタイトルを獲得する石橋伸洋。MリーグではU-NEXT Piratesより指名を受け、チームの勝利へ貢献してきた。輝かしい戦績を収めてきた石橋だが、そこに至るまでの道のりは試行錯誤の日々の積み重ねがあってのものであった。石橋の人となりや雀風、これまでの軌跡をご紹介しよう。

目次

石橋伸洋の基本情報・プロフィールデータ

©ABEMA
名前 石橋 伸洋(いしばし のぶひろ)
異名 黒いデジタル
キング
生年月日 1980年9月29日
出身地 千葉県佐倉市
血液型 O型
趣味・特技 インターネット
本人公式SNS Twitter
所属団体 最高位戦日本プロ麻雀協会
所属チーム U-NEXT Pirates
プロ入会年 2003年
主なタイトル 第36期最高位
第19期發王位
第10回モンド杯優勝
第3期天鳳名人位

数々の戦績を残してきた石橋。2017年には同団体の塚田美紀との結婚を発表。その後娘が生まれ、家族3人順風満帆な生活を送っている。同じ団体の選手同士の結婚ということもあり、家庭ではスケジュール管理や対局に集中しやすい環境が整えられているという。

経歴

2003年:最高位戦日本プロ麻雀協会入会(28期)
2007年:最高位戦Aリーグ昇級
2010年:第10回MONDO21杯 優勝
2011年:第19期發王戦 優勝
第36期最高位 戴冠
2013年:第3期天鳳名人戦 優勝
2017年:U-NEXT Pirates 3位指名

麻雀との出会い・きっかけ

石橋と麻雀の出会いは高校2年生の時、学校の先輩に誘われて麻雀を始めたのがきっかけだ。実際に対局し、すぐに麻雀の面白さに魅せられたという。大学生になった石橋はネット麻雀「東風荘(現在はサービス終了)」を始める。そしてこのゲームで戦術をやり取りするネット掲示板でプレイヤーとの交流を深めるようになる。そこにはまさかの出会いがあった。そこで知り合ったプレイヤーの紹介から、プロ主催の勉強会に参加することになったのだ。勉強会に参加した石橋は麻雀プロになることを決意。そして2003年、大学3年生の春に最高位戦日本プロ麻雀協会への入会を果たしたのであった──。

石橋伸洋の打ち方や雀風

©ABEMA

石橋には「黒いデジタル」と異名がついているように、統計や効率といったデジタル的な発想を駆使する麻雀が特徴的だ。しかしそれだけでは「黒いデジタル」たる所以にはならない。

石橋のもう1つの特徴は相手の意表をつくプレイスタイルだ。このプレイスタイルも東風荘からヒントを得られたのだという。プロになったばかりの頃は攻撃的なスタイルだったものの、プロ同士で東風荘をプレイしていた際、自分のエラーから相手が読み違えた局面を見つけた際、「読みが入るメンバーで打つ場合は、あえてセオリーを外すことで相手の読みを外せるのではないか」との考えに至ったと自身の口から語ってくれた。

Mリーガー列伝(9):石橋伸洋(Pirates)

石橋伸洋の対局時の様子

麻雀・Mリーグ(2019/12/09)

©ABEMA

南2局、石橋はダブドラのを含めた配牌から始まる。対子のを持っていたが、そのの対子落としから入る。結果的には平和・三色・ドラ1・赤1の満貫の8000点和了。の対子落としをしているかどうかで手牌の方向性がかなり変わっていた事もあり、石橋の先を見る冷静さに解説席も感心していた様子であった。

【12/09 Mリーグ 結果】第1試合はPirates・石橋がトップ!第二試合はサクラナイツ・内川がトップでサクラナイツがチーム首位に浮上!

SNSでの評価・評判

石橋はSNSで麻雀に関するツイートが多いが、その中でもファンを楽しませるような内容を発信している。

https://twitter.com/BANNacpp/status/1393584121369153538?s=20

妻の塚田美紀との結婚記念日には、感謝の気持ちを表しているツイートがある。ファンからは数多くの祝福のコメントがあり、幸せな様子が伺える。

子どもの動画もツイートしており、子ども想いのパパという、石橋の一面も見えるツイートだ。

 

石橋伸洋のニュース・こぼれ話

チームメイト・小林剛プロとは近所

「麻雀するしない?」にて石橋が出演した際、チームメイトとの意外な関係を語ってくれた。所属するU-NEXT Piratesのチームメイトである小林剛と石橋、実は家が徒歩2分ほどの近所。小林が石橋の家を訪れることも多く、石橋の子供からはかなり懐かれているという。その懐きっぷりは小林が帰ろうとすると泣いてしまうほど。その他石橋は動画内で結婚のきっかけなどについても語ってくれた。

麻雀の戦術書が好評発売中

いまなお活躍を続ける石橋は、過去に2冊の麻雀戦術書「黒いデジタル麻雀 ~現代流データ戦術を斬る~」と「進化するデジタル麻雀 現代の強者に打ち勝つテクニック」を出版している。一皮剥けたい、さらなる高みを目指したいという方には目から鱗な内容になっているので、一読してみてはいかがだろうか。

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top