麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

スリアロチャンネル
「文部科学省後援 全日本健康麻将選手権 決勝大会」が富山県にて100名参加で開催、学生麻雀連盟所属の学生4名も出場

「文部科学省後援 全日本健康麻将選手権 決勝大会」が富山県にて100名参加で開催、学生麻雀連盟所属の学生4名も出場

CABO求人ニルウッドカバー

 各都道府県予選等を勝ち抜いた選手による大会である「文部科学省後援 全日本健康麻将選手権 決勝大会」が富山県射水市で開催され、合計100名もの選手が参加した。

 その中には3月11日のアモスグランドチャンピオンシップ2017-2018 学生麻雀日本一決定戦で優勝、準優勝した花田俊平さん、杉田久貴さん、静岡県予選を勝ち上がった玉木翔馬さん、長野県予選を勝ち上がった市川椋さんの4名も参加した。

 前回まで文部科学大臣賞として開催されていた本大会だが、この富山本戦より文部科学省の後援を受ける大会として開催されることとなった。開催に際し、林芳正文部科学大臣が下記の電報にて祝福の意を伝えた。

「全日本健康麻将選手権の開催を祝し、心よりお慶び申し上げます。代表選手のご活躍、ならびに関係各位のご努力に深く敬意を表し、生涯学習として、麻将のさらなるご発展を心よりお祈り申し上げます。ー文部科学大臣 林芳正」

S__88498224_R
全国の予選を勝ち上がった100名が参加

 

S__88498224_R
学生麻雀連盟所属の4名の選手

 

S__88498224_R
麻将連合GM井出洋介プロの挨拶も

 大会は4回戦の素点合計で競われ、学生の中から杉田久貴さん、玉木翔馬さんが2位、3位と上位入賞した。優勝された河田敦巳さんは84歳。素点合計で2位の杉田さんに7200点差をつけ、貫録を見せつけた。

S__88498224_R
上位入賞者の3名(左から玉木翔馬さん、河田敦巳さん、杉田久貴さん)
全日本健康麻将選手権 富山県本戦 結果(上位5人)
順位選手名団体
1 河田敦巳 京都
2 杉田久貴 京都(学生)
3 玉木翔馬 静岡(学生)
4 谷直人 石川
5 金田貴光 富山

また、当大会の模様は富山テレビ放送のBBTチャンネルエイト「みんなのニュース」においても取り上げられ、健康麻将がシニア世代の脳のトレーニングや若い世代のコミュニケーション能力の育成にも役立つものとして取り上げられた。※動画については下記関連URLの公式HP参照

関連URL

全日本健康麻将協議会

学生麻雀連盟

富山テレビ放送みんなのにゅーす「健康マージャン 全日本選手権」記事

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top