麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

スリアロチャンネル
【10/20  Mリーグ2020 結果】麻雀格闘倶楽部が前原、寿人と怒涛の攻撃で連勝!チームは最下位脱出!

【10/20 Mリーグ2020 結果】麻雀格闘倶楽部が前原、寿人と怒涛の攻撃で連勝!チームは最下位脱出!

CABO求人ニルウッドカバー

麻雀プロリーグ「大和証券Mリーグ2020」のレギュラーシーズン10日目の対局が10月20日(火)に開催された。

10月20日の対戦カード ©ABEMA
実況解説は松嶋、勝又 ©ABEMA

第1試合

第1試合は堀、黒沢、前原、茅森の対戦。

第1試合の出場選手 ©ABEMA

まずは黒沢が1000・2000をツモった次局、前原のリーチに追いかけて3000・6000の一撃を決める。

東2局 黒沢の3000・6000 ©ABEMA

その後は茅森が3連続でアガリを決め、茅森と黒沢のマッチレースの様相となった。

東3局 茅森の1300・2600 ©ABEMA
南1局 茅森の12000 ©ABEMA

しかし、ここで箱下に沈んだ前原がここから強さを見せる。

まずは南1局2本場、ドラ切りのカンチャンリーチを決めて1300・2600で箱下から浮上。

南1局2本場 前原の1300・2600 ©ABEMA

南3局の親番では一本場の4000オールでラス抜けし、その後5800、1300オールで一躍トップ目まで浮上した。

南3局1本場 前原の4000オール ©ABEMA
南3局3本場 前原の5800 ©ABEMA
南3局4本場 前原の1300オール ©ABEMA

5本場では苦しい戦いとなった堀が一発ツモ裏1の跳満を決めた。このアガリで堀はオーラスに跳満をツモればトップの条件を残し、全員にトップの目があるオーラスとなった。

南3局5本場 堀の3000・6000 ©ABEMA

大混戦となったが最終局は前原が制し、苦しいチームにとって大きな1勝を飾った。

南4局 前原の2600 ©ABEMA
第1試合トップの前原 ©ABEMA
第1試合詳細データ ©ABEMA

第1試合結果
1位 前原(麻雀格闘倶楽部)+50.3
2位 茅森(フェニックス)+9.2
3位 黒沢(雷電)▲15.2
4位 堀(サクラナイツ)▲44.3

第1試合終了時点のチームランキング ©ABEMA

第2試合

第2試合は内川、瀬戸熊、寿人、魚谷が出場。

第2試合の出場選手 ©ABEMA

東2局、寿人が12000のアガリを決め一歩リードを得る。

東2局 寿人の12000 ©ABEMA

その後魚谷、瀬戸熊がそれぞれアガリを決めてトップ目が次々と入れ替わる展開に。

東3局 魚谷の5200 ©ABEMA
東4局 瀬戸熊の8000 ©ABEMA

南2局2本場では内川が瀬戸熊から12000のアガリを決め反撃を見せた。

南2局2本場 内川の12000 ©ABEMA

魚谷はあと寿人の親番を落とせれば今季初勝利に手が届くところだったが、南4局1本場に寿人が小三元・ホンイツの6000オールを決め一気にリード。麻雀格闘倶楽部は苦しいところから大きな連勝を手にした。

南4局1本場 寿人の6000オール ©ABEMA
第2試合トップの寿人 ©ABEMA
第2試合の詳細データ ©ABEMA

第2試合結果
1位 寿人(麻雀格闘倶楽部)+78.8
2位 魚谷(フェニックス)▲0.4
3位 瀬戸熊(雷電)▲24.2
4位 内川(サクラナイツ)▲54.2

10月20日トータル結果

麻雀格闘倶楽部+129.1
フェニックス+8.8
雷電▲39.4
サクラナイツ▲98.5

麻雀格闘倶楽部が連勝、フェニックスが連続2着、雷電が連続3着、サクラナイツが連続4着となった。首位のサクラナイツが苦戦し、最下位だった麻雀格闘倶楽部が躍進。麻雀格闘倶楽部は6位に浮上した。

10月20日終了時点チームランキング ©ABEMA
10月20日終了時点個人ランキング ©ABEMA

関連ページ

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top