麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

CABOクィーンカップ
【10/23  Mリーグ2020 結果】ドリブンズが丸山、たろうの連勝で首位浮上!決め手はカン6sリーチ!

【10/23 Mリーグ2020 結果】ドリブンズが丸山、たろうの連勝で首位浮上!決め手はカン6sリーチ!

CABO求人ニルウッドカバー

麻雀プロリーグ「大和証券Mリーグ2020」のレギュラーシーズン12日目の対局が10月23日(金)に開催された。

10月23日の対戦カード ©ABEMA
実況解説は渋川、日吉 ©ABEMA

第1試合

第1試合は丸山、黒沢、沢崎、多井の対戦。

第1試合の出場選手 ©ABEMA

東1局2本場 丸山が2枚切れのカンのリーチを一発でツモり2000・4000で一歩リードを得る。

東1局2本場 丸山の2000・4000 ©ABEMA

その後東4局3本場に4巡目の一盃口ドラ3のカン聴牌を即リーチ。見事にツモって3000・6000でリードを広げた。

東4局3本場 丸山の3000・6000 ©ABEMA

南1局では黒沢が仕掛けの誘惑を振り切って門前で作り上げ4000オールで点差を縮める。

南1局 黒沢の4000オール ©ABEMA

その後は黒沢、多井、沢崎がそれぞれにお互いの親をつぶしあう展開となり、丸山は失点しないまま局が進んだ。オーラスは黒沢が2着を確定させるアガリで決着。丸山は去年の10月29日のデビュー戦以来、およそ1年ぶりのMリーグでの勝利となった。

南4局2本場 黒沢の1300 ©ABEMA
第1試合トップの丸山 ©ABEMA
第1試合詳細データ ©ABEMA

第1試合結果
1位 丸山(ドリブンズ)+63.5
2位 黒沢(雷電)+8.0
3位 沢崎(サクラナイツ)▲19.8
4位 多井(ABEMAS)▲51.7

第1試合終了時点のチームランキング ©ABEMA

第2試合

第2試合はたろう、萩原、岡田、白鳥が出場。

第2試合の出場選手 ©ABEMA

東1局は今回3戦目となった萩原がようやく今シーズンの初アガリを決める。

東1局 萩原の3900 ©ABEMA

東2局には岡田がドラ3の両面ダブルリーチ。ツモれば3000・6000の手だったが、なんとツモれずに流局となった。

東2局 岡田のダブルリーチは流局に ©ABEMA

その後はたろうが小刻みにアガりを決めて大接戦のまま南入となった。

東4局 たろうの1300オール ©ABEMA
東4局1本場 白鳥の1000・2000 ©ABEMA

南入してからはたろうが満貫のアガリを次々と決め、一気にリードを広げた。

南1局1本場 たろうの8000 ©ABEMA
南2局 たろうの2000・4000 ©ABEMA

オーラスは萩原がアガリを決め2着に浮上。ようやくチームにプラスポイントを持ち帰った。

トップはドリブンズ・たろう。チーム連勝で一気に首位に立ちポイント差を広げた。

南4局1本場 萩原の2600 ©ABEMA
第2試合トップのたろう ©ABEMA
第2試合の詳細データ ©ABEMA

第2試合結果
1位 たろう(ドリブンズ)+69.2
2位 萩原(雷電)+4.9
3位 白鳥(ABEMAS)▲19.7
4位 岡田(サクラナイツ)▲54.4

10月23日トータル結果

ドリブンズ+132.7
雷電+12.9
ABEMAS▲71.4
サクラナイツ▲74.2

ドリブンズが大きくスコアを伸ばしトータルスコアは200を超え首位の座を確保した。

10月23日終了時点チームランキング ©ABEMA
10月23日終了時点個人ランキング ©ABEMA

関連ページ

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top