麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

CABOクィーンカップ
【11/23 Mリーグ2020 結果】1戦目はフェニックス・和久津が要所を制して個人2勝目!2戦目はサクラナイツ・堀が痺れる攻防を制してチームに久しぶりの勝利を届ける!

【11/23 Mリーグ2020 結果】1戦目はフェニックス・和久津が要所を制して個人2勝目!2戦目はサクラナイツ・堀が痺れる攻防を制してチームに久しぶりの勝利を届ける!

CABO求人ニルウッドカバー

麻雀プロリーグ「大和証券Mリーグ2020」のレギュラーシーズン29日目の対局が11月23日(月)に開催された。

11月23日の対戦カード ©ABEMA
実況解説は日吉、渋川 ©ABEMA

第1試合

第1試合はたろう、石橋、岡田、和久津の対戦。

第1試合の出場選手 ©ABEMA

東2局に和久津がホンイツの5200をアガって一歩リード。

東2局 和久津の5200 ©ABEMA

東3局1本場では、石橋と岡田の2軒リーチに果敢に切り込んだたろうが2900のアガリ。打点は小さいものの二人の大物手を蹴る価値の大きいアガリとなった。

東3局1本場 たろうの2900 ©ABEMA

その後の2本場では岡田がドラのを重ねたリーチに出るも、和久津がギリギリまで攻め込みラス牌のドラの単騎をツモって2000・4000でリードを広げた。

東3局2本場 和久津の2000・4000 ©ABEMA

南1局2本場では、石橋がダブをポンしてドラのが雀頭の聴牌。と持っている待ちだったが、ここでをもってきてを空切り。得意の赤引っ掛けでアガリを取りに行った。

南1局2本場 石橋の手牌 ©ABEMA

そして聴牌を粘ったたろうから終盤にが放たれ石橋が8000のアガリを決めた。

南1局2本場 たろうの放銃 ©ABEMA

その後の南2局の親番で和久津との点差を縮めたい石橋は七対子のリーチ。しかしたろうの3面張の追いかけ立直を受け、たろうから12000の反撃。熾烈な攻防となった。

南2局 たろうの12000 ©ABEMA

オーラスはトップまで満貫条件のたろうが仕掛けて清一色の聴牌を入れた。しかし、進行を遅く見せる&和久津のダマテンケアとして聴牌打牌に残したが石橋への放銃となり決着。トップは和久津の逃げ切り。和久津は今シーズン2勝目を飾った。

南4局 たろうの清一色聴牌 ©ABEMA
南4局 石橋の3200 ©ABEMA
第1試合トップの和久津 ©ABEMA
第1試合詳細データ ©ABEMA

第1試合結果
1位 和久津(フェニックス)+58.1
2位 たろう(ドリブンズ)+8.0
3位 石橋(Pirates)▲22.5
4位 岡田(サクラナイツ)▲43.6

第1試合終了時点のチームランキング ©ABEMA

第2試合

第2試合はたろう、小林、堀、和久津が出場。たろう、和久津は連続出場となった。

第2試合の出場選手 ©ABEMA

東1局は和久津が満貫確定の先制リーチに出るも小林がホンイツの仕掛けで2000点のかわしを決めてスタート。

東1局 小林の2000 ©ABEMA

東2局ではたろうの先制親リーチに対して押し返した堀が一発ツモの跳満でリードを得た。

東2局 堀の3000・6000 ©ABEMA

東3局ではたろうが役役の仕掛けでホンイツの2000・4000を決めてすかさず反撃に出た。

東3局 たろうの2000・4000 ©ABEMA

東4局では堀が平和ドラ1のリーチ。和久津から一発のアガリとなり8000で中押しの加点を決めた。

東4局 堀の8000 ©ABEMA

南1局ではたろうの早いリーチに対して小林が押しつつ対応しつつの打ち回しでトイトイの5200に仕上げてたろうからのアガリを決めて2着目に浮上する。

南1 小林の5200 ©ABEMA

南2局では和久津のリーチに対して堀が押し切り5200のアガリ。ほぼダメ押しともいえる加点を決めた。

南2局 堀の5200 ©ABEMA

オーラスは和久津が2000・4000で素点を回復して決着。堀が11月2日の自身のトップ以来の勝利をチームに届けた。ここ11戦連続でトップのなかったサクラナイツにとっては大きな1勝となった。

南4局 和久津の2000・4000 ©ABEMA
第2試合トップの堀 ©ABEMA
第2試合詳細データ ©ABEMA

第2試合結果
1位 堀(サクラナイツ)+70.8
2位 小林(Pirates)+5.2
3位 たろう(ドリブンズ)▲24.8
4位 和久津(フェニックス)▲51.2

11月23日トータル結果

サクラナイツ+27.2
フェニックス+6.9
ドリブンズ▲16.8
Pirates▲17.3

各チームが1,4か2,3と真逆の着順の2戦となった。トップラスとなったサクラナイツ、フェニックスが浮きを確保したがほぼポイントに変動のない一日となった。

11月23日終了時点チームランキング ©ABEMA
11月23日終了時点個人ランキング

関連ページ

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top