麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

学生麻雀連盟
【12/4 Mリーグ2020 結果】第一試合は風林火山・滝沢が万全の立ち回りでトップ!第二試合は麻雀格闘倶楽部・寿人が怒涛の攻撃で今シーズン最高スコアのトップを手にする!!

【12/4 Mリーグ2020 結果】第一試合は風林火山・滝沢が万全の立ち回りでトップ!第二試合は麻雀格闘倶楽部・寿人が怒涛の攻撃で今シーズン最高スコアのトップを手にする!!

CABO求人全自動麻雀卓スリムプラススコア

麻雀プロリーグ「大和証券Mリーグ2020」のレギュラーシーズン36日目の対局が12月4日(金)に開催された。

12月4日の対戦カード ©ABEMA
実況解説は小林未沙、小林剛 ©ABEMA

第1試合

第1試合は滝沢、魚谷、岡田、高宮の対戦。

第1試合の出場選手 ©ABEMA

東1局1本場に岡田があっという間のホンイツ聴牌をあっさりツモり2000オールで更に連荘。

東1局1本場 岡田の2000オール ©ABEMA

その次局の2本場では岡田が2巡目リーチに出るも滝沢が押し返して追いかけ立直。一発ツモで3000・6000のアガリでトップ目に立つ。

東1局2本場 滝沢の3000・6000 ©ABEMA

岡田に一時はかわされた滝沢だったが、東4局に更に8000の加点に成功してトップ目に再浮上して南入。

東4局 滝沢の8000 ©ABEMA

南2局には岡田が6400で滝沢との点差を縮め、トップ争いは二人のマッチレースに。

南2局 岡田の6400 ©ABEMA

しかし南3局には滝沢が3面張聴牌をリーチ。更に8000の加点で突き放すと、オーラスも丁寧にアガリを決めて万全の態勢でトップを取りきった。

南3局 滝沢の8000 ©ABEMA
南4局 滝沢の300・500 ©ABEMA
第1試合トップの滝沢 ©ABEMA
第1試合詳細データ ©ABEMA

第1試合結果
1位 滝沢(風林火山)+71.6
2位 岡田(サクラナイツ)+19.5
3位 魚谷(フェニックス)▲27.0
4位 高宮(麻雀格闘倶楽部)▲64.1

第1試合終了時点のチームランキング ©ABEMA

第2試合

第2試合は亜樹、魚谷、沢崎、寿人が出場。魚谷のみ連続出場、他3チームはメンバーチェンジとなった。

第2試合の出場選手 ©ABEMA

東1局1本場は親の亜樹が果敢な仕掛けで老頭牌を3つポンして4センチに。清老頭もちらつく仕掛けだた寿人が果敢にリーチ。亜樹から8000のアガリでスタート。

東1局1本場 寿人の8000 ©ABEMA

その後の東2局は寿人の先制リーチに亜樹が果敢なリーチのみ追いかけ。なんと一発でツモって裏1の2000・4000で先ほどの失点をすかさず取り返した。

東2局 亜樹の2000・4000 ©ABEMA

東3局も亜樹が嵌張から仕掛けて沢崎から8000の加点に成功してトップ目に浮上した。

東3局 亜樹の8000 ©ABEMA

しかし東4局に親番を迎えた寿人が強烈な一撃。タンヤオ平和赤1のリーチを一発ツモで更に裏裏の8000オールを決める。

東4局 寿人の8000オール

その後は魚谷が着実にアガリを決めて2着争いの亜樹との点差を縮めた。

東4局1本場 魚谷の1000・2000 ©ABEMA
南1局1本場 魚谷の500・1000 ©ABEMA

南3局では亜樹が先制リーチ。後がない親番の沢崎が捕まって亜樹が3900のアガリを決めた。

南3局 亜樹の3900 ©ABEMA

南4局は沢崎が高め三色の跳満手のリーチ。しかし親の寿人が平和ドラ2で追いかけてツモって裏1の6000オール。更なる追加点を決めた。

南4局 寿人の6000オール ©ABEMA

その次局も沢崎の三色赤赤のリーチとのめくりあいを制して2000オールの加点。このアガリで今シーズンの最高スコア記録を更新した。

南4局1本場 寿人の2000オール ©ABEMA

その後の2本場は魚谷が2着浮上にかけたリーチに出るも亜樹が平和ドラドラをツモって決着。寿人が今シーズン最高スコアのトップで個人7勝目を飾った。

南4局2本場 亜樹の1300・2600 ©ABEMA
第2試合トップの寿人 ©ABEMA
第2試合詳細データ ©ABEMA

第2試合結果
1位 寿人(麻雀格闘倶楽部)+92.1
2位 亜樹(風林火山)+6.2
3位 魚谷(フェニックス)▲30.2
4位 沢崎(サクラナイツ)▲68.1

12月4日トータル結果

風林火山+77.8
麻雀格闘倶楽部+28.0
サクラナイツ▲48.6
フェニックス▲57.2

風林火山は再び首位に浮上。麻雀格闘倶楽部もポイントを加算した。フェニックス、サクラナイツは苦しい戦いとなりマイナス300ポイント弱となった。

12月4日終了時点チームランキング ©ABEMA
12月4日終了時点個人ランキング

関連ページ

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top