麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

大洋技研株式会社
【12/24 Mリーグ2020 結果】第一試合は麻雀格闘倶楽部・高宮、第二試合は雷電・萩原がトップ!今シーズンここまで苦しんだ選手が今年を勝利で締めくくる!

【12/24 Mリーグ2020 結果】第一試合は麻雀格闘倶楽部・高宮、第二試合は雷電・萩原がトップ!今シーズンここまで苦しんだ選手が今年を勝利で締めくくる!

BULL2021求人全自動麻雀卓スリムプラススコア

麻雀プロリーグ「大和証券Mリーグ2020」のレギュラーシーズン47日目の対局が12月24日(木)に開催された。

12月24日の対戦カード ©ABEMA
実況解説は小林、渋川 ©ABEMA

第1試合

第1試合は村上、石橋、高宮、黒沢の対戦。

第1試合の出場選手 ©ABEMA

東1局は村上がドラ赤の平和リーチ。親の黒沢から満貫のアガリを決める。

東1局 村上の8000 ©ABEMA

東2の親番でも役牌をスルーしての門前リーチで更に黒沢から7700のアガリでリードを広げた。

東2局 村上の7700 ©ABEMA

その後も1000オール、2600オールと更に加点。大きくリードを広げた。

東2局1本場 村上の1000オール ©ABEMA
東2局2本場 村上の2600オール ©ABEMA

村上が大きくリードしたが、東4局2本場に高宮が一発ツモの3000・6000で2着目に浮上。

東4局2本場 高宮の3000・6000 ©ABEMA

南1局には全員が仕掛けて聴牌、石橋は裸単騎となる4副露に出たが高宮が1000・2000。村上との点差をじわりと縮めた。

南1局 高宮の1000・2000 ©ABEMA

そして南3局に親番を迎えた高宮が先制リーチをツモって裏裏の4000オール。村上をかわしてトップ目に立った。

南3局 高宮の4000オール ©ABEMA

南4局には1本場には仕掛けた高宮が聴牌、親の石橋のドラドラリーチとなった場面で村上が聴牌。アガればトップ浮上となる所だったが聴牌打牌が石橋への7700放銃。苦しい3着落ちとなった。

南4局1本場 石橋の7700 ©ABEMA

その後の2本場は高宮が仕掛けてアガリきりトップを確保。今シーズン個人29位と苦しむ高宮が2勝目を飾った。

南4局2本場 高宮の2600 ©ABEMA
第1試合トップの高宮 ©ABEMA
第1試合詳細データ ©ABEMA

第1試合結果
1位 高宮(麻雀格闘倶楽部)+67.6
2位 石橋(Pirates)+12.6
3位 村上(ドリブンズ)▲9.6
4位 黒沢(雷電)▲70.6

第1試合終了時点のチームランキング ©ABEMA

第2試合

第2試合は園田、小林、寿人、萩原が出場。全チームメンバーチェンジとなった。

第2試合の出場選手 ©ABEMA

東1局は小林がリーチに出るもそのリーチ前から聴牌を入れていた園田が寿人から6400のアガリを決める。

東1局 園田の6400 ©ABEMA

一歩リードして進めた園田だったが東3局1本場に萩原に捕まる。仕掛けて7700聴牌を入れていた場面で萩原のリーチを受け、萩原に一発で12000の放銃となる。このアガリで萩原はトップ目に浮上した。

東3局1本場 萩原の12000 ©ABEMA

しかしその後も園田は粘りを見せ、南1局の2000・4000で再び萩原に並びかけた。

南1局 園田の2000・4000 ©ABEMA

しかし南2局、親の萩原が平和ドラ4のダマテン。寿人から12000のアガリで再びリードを広げた。

南2局 萩原の12000 ©ABEMA

しかしその後の1本場では更なる加点を狙うも寿人に捕まり8000。リードを広げきれずに南3局となった。

南2局1本場 寿人の8000 ©ABEMA

南3局では萩原が勝負の嵌リーチ。親の園田は巧みな仕掛けで高め倍満のホンイツシャンポン待ち聴牌。残り枚数は2対3で園田に分があったが、萩原が1300・2600のツモアガリを決めて一歩リードしてオーラスを迎えた。

南3局 園田の聴牌 ©ABEMA
南3局 萩原の1300・2600 ©ABEMA

最終局は小林が3着を確定させるアガリで決着。萩原がチームの年内最終戦で苦しみながらも今シーズン初勝利を決めた。奇しくも第一試合の高宮と共に個人29位、30位の選手が勝利を飾ることとなった。

南4局1本場 小林の5200 ©ABEMA
第二試合トップの萩原 ©ABEMA

第2試合結果
1位 萩原(雷電)+59.3
2位 園田(ドリブンズ)+10.5
3位 小林(Pirates)▲16.7
4位 寿人(麻雀格闘倶楽部)▲53.1

第2試合詳細データ ©ABEMA

12月24日トータル結果

麻雀格闘倶楽部(高宮1着・寿人4着)+14.5
ドリブンズ(村上3着・園田2着)+0.9
Pirates(石橋2着・小林3着)▲4.1
雷電(黒沢4着・萩原1着)▲11.3

トータルポイントはほぼ横ばいとなったが今シーズンここまでくせんしてきた高宮、萩原がトップを勝ち取り来年に向けて大きな1勝を手にした。

12月24日終了時点チームランキング ©ABEMA
12月24日終了時点個人ランキング

関連ページ

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top