麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

大洋技研株式会社
【11/21 Mリーグ 結果】渋谷ABEMASが白鳥、日向と連勝を飾り一気に6位に浮上!

【11/21 Mリーグ 結果】渋谷ABEMASが白鳥、日向と連勝を飾り一気に6位に浮上!

CABO求人MEWS

麻雀プロリーグ「大和証券 Mリーグ2019」。33目の戦いが11月21日(木)に開催された。

【出場チーム】
麻雀格闘倶楽部
渋谷ABEMAS
チーム雷電
UNEXTパイレーツ

11月21日の対戦カード ©AbemaTV
実況解説は日吉、土田 ©AbemaTV

第1試合は岡田、瑞原、松本、近藤が出場。

第1試合の出場選手 ©AbemaTV

東1局に白鳥がペンチャンリーチを一発ツモで満貫をアガり一歩リード。

東1局 白鳥の2000・4000 ©AbemaTV

東2局の親番でも地道に連荘して加点に成功する。

東2局3本場 白鳥の1500 ©AbemaTV

2着争いでは東2局5本場に一発ツモで2000・4000をアガった瀬戸熊が一歩リードとなった。

東2局 5本場瀬戸熊の2000・4000 ©AbemaTV

東4局には親の寿人が連荘、瑞原から12000、7700とアガりトップ目に浮上する。

東4局1本場 寿人の12000 ©AbemaTV
東4局4本場 寿人の7700 ©AbemaTV

本場がたまったまま南場に突入。南1局7本場では親の瀬戸熊と寿人の2軒リーチに。瀬戸熊が寿人から7700のアガリを手にしてトップに浮上する。

南1局7本場 瀬戸熊の7700 ©AbemaTV

しかし南1局8本場に白鳥が一発ツモ裏3の跳満、南2局にも親番を迎えた白鳥がまたも一発ツモで6000オール。この試合三度目の一発ツモで一気に試合を決めた。

南1局8本場 白鳥の3000・6000 ©AbemaTV
南2局 白鳥の6000オール ©AbemaTV

2着争いは瀬戸熊がしっかりアガって確保した。

南4局 瀬戸熊の1000・2000 ©AbemaTV

「瑞原さんとの同期女流対決を制することが出来て嬉しい」との不思議発言を披露した白鳥。チームにとって大きなきっかけとなる1勝を手にした。

第1試合トップの白鳥©AbemaTV

1位 白鳥(ABEMAS)+82.4
2位 瀬戸熊(雷電)+20.4
3位 寿人(麻雀格闘倶楽部)▲24.2
4位 瑞原(Pirates)▲78.6

第2試合は寿人、石橋、日向、黒沢の対局。

第2試合の出場選手 ©AbemaTV

東1局に日向が連荘。しかし2本場で石橋が果敢な仕掛けでホンイツの1300・2600をアガりトップ目に。

東1局2本場 石橋の1300・2600 ©AbemaTV

しかしその後は日向が加点して逆転。南1局1本場の親番では2600オールをアガり更にリードを広げた。

南1局1本場 日向の2600オール ©AbemaTV

しかし南2局に石橋が平和・三色・ドラ2・赤1の12000を日向からアガり逆転。上家の寿人から出たをスルーし、見事引き入れてのアガリとなった。

南2局 石橋の12000 ©AbemaTV

しかしただでは終わらなかった日向。南3局1本場で日向がタンヤオ・七対子・赤1の6400を石橋からアガり再び逆転。

南3局1本場 日向の6400 ©AbemaTV

オーラスは寿人が2000・4000ツモで3着を確定させた。トップは日向の逃げ切りでチームとしては大きな連勝を決めた。

南4局 寿人の2000・4000 ©AbemaTV

ABEMASは連勝で6位に浮上。苦しむチームに大きな勇気を与える一日となった。

第2試合トップの日向 ©AbemaTV

1位 日向(ABEMAS)+57.8
2位 石橋(Pirates)+8.5
3位 寿人(麻雀格闘倶楽部)▲17.2
4位 黒沢(雷電)▲49.1

11月21日終了時点の順位表 ©AbemaTV

11月22日(金)は赤坂ドリブンズ、EX風林火山、KADOKAWAサクラナイツ、セガサミーフェニックスの対戦。

11月22日の対戦カード ©AbemaTV

実況・解説は松嶋桃、石橋伸洋

11月22日番組ページ

成績

関連URL

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top