麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

学生麻雀連盟
【Mリーグ】小林剛のアガリへの嗅覚の鋭さが光った嵌6p待ち選択に迫る!【2021シーズン12月2週目注目の選択】

【Mリーグ】小林剛のアガリへの嗅覚の鋭さが光った嵌6p待ち選択に迫る!【2021シーズン12月2週目注目の選択】

BULL2021求人ニルウッドカバー

10月4日に開幕となったMリーグ2021シーズン、12第2週の月、火、木、金の試合終えを各チーム40試合を消化した。

当記事では12月10日の小林剛選手の選択を振り返る。

話題となった選択!12月10日第1試合の小林のアガリへの嗅覚の鋭さが光った親満貫ツモ!

ここでは先週の対局から話題になった選択をご紹介します。

12月10日(金)第1試合 東4局 小林選手のアガリやすさへの嗅覚が光った親満貫ツモ!

試合結果記事はこちら

出場選手 ©ABEMA
東4局 小林の手牌 ©Mリーグ機構

親番での手牌、[③]を切れば両面と3面張でのイーシャンテンとなるが、[⑥]から入った場合以外には[赤⑤]が打ち出され、ドラのない聴牌となってしまう。

園田の役牌ふたつの仕掛けもあり、ドラなしで立ち向かうには打点が見合わないと判断したか、ここでは打[⑧]とした。

東4局 小林のリーチ ©Mリーグ機構

そしてタンヤオのつかない[1]を引いて聴牌。打点もほしい場面で、ここは嵌[④]に取るかと思われたが、ドラを切っての嵌[⑥]待ちを選択した。打点に関してはかなりドライな小林らしい選択ではあるが、イーシャンテン時点では先埋まりのケースもあるためドラを残すというバランスの取れた選択と言えるだろう。

東4局 小林のアガリ ©Mリーグ機構
東4局 小林の4000オール ©ABEMA

リーチ時点ではどちらもなんと山に4枚。しかし先に居たのは[⑥]。ツモって裏1の4000オールのアガリを決めた。

出あがりのしやすさでは[④]よりも[⑥]に分があるが、しっかりアガって連荘することを重視した小林らしい選択と言えるだろう。

▼Piratesの路上感想戦

路上感想戦では、「あの場面は園田さんとの勝負となることを考えたら、ドラそばの待ちで戦うのは分が悪い勝負になると考え、自分の切り順から[⑥]が出やすくなる状況が揃っている為、園田さん以外からの出アガリのしやすさを考慮して嵌[⑥]に受けました。園田さんと1対1になっての放銃を避けたい場面でした」と語っていた。

週間ハイライト記事

▼週間視聴者数まとめ記事はこちら

【Mリーグ】12月2週目は4日連続100万視聴超え! 黒沢が勝利を挙げた12月9日は123万視聴!最強戦ファイナル2日目も100万視聴を突破!【2021シーズン視聴者数】

▼週間チームスコアまとめ記事はコチラ

【Mリーグ】Pirates、フェニックスが大きくプラス!風林火山が苦戦し麻雀格闘倶楽部との差が縮まる!【2021シーズン12月2週目結果】

関連ページ

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top