麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

スリアロチャンネル
【Mリーグ】フェニックス、Piratesが大きく加点!上位チームが苦戦しトータルスコアは大混戦に!【2021シーズン1月1週目結果】

【Mリーグ】フェニックス、Piratesが大きく加点!上位チームが苦戦しトータルスコアは大混戦に!【2021シーズン1月1週目結果】

BULL2021求人ニルウッドカバー

2022年を迎えていよいよ中盤戦から後半戦に差しかかってきたMリーグ2021シーズン。

1月1週目の結果を振り返る。

1月1週目の結果、最多加点チームはフェニックス!

各チームのウィークリーポイントはこちら!

フェニックス +154.7
Pirates +89.9
サクラナイツ ▲0.8
ABEMAS ▲1.4
ドリブンズ ▲18.6
雷電 ▲46.8
風林火山 ▲87.5
麻雀格闘倶楽部 ▲89.5


3勝を決めたフェニックスが大きな加点に成功、2トップのPiratesもスコアを伸ばした。上位チームの麻雀格闘倶楽部、風林火山が苦しみ上位と中段のチームの差は縮まったが、セミファイナルボーダー浮上を狙うドリブンズ、風林火山は苦しむ結果となりセミファイナルまでのポイント差は広がった。

※フェニックス魚谷選手のチョンボ分は各試合結果ではなくトータル成績への反映となるため、ここのスコアにはチョンボ分の▲20ポイントは含まれていません。

1月7日(14週目)終了時点の得点表(チーム・個人)

1月7日終了時点のチームランキング ©ABEMA

麻雀格闘倶楽部、風林火山がポイントを減らし、フェニックスがポイントを伸ばして上位争いが混戦模様となった。ドリブンズ、雷電のセミファイナルまでのボーダーはやや引き離される結果となり、徐々にセミファイナルに向けての逆転条件が残りゲーム数の減少と共に厳しくなってくる状況となっている。

1月7日終了時点の個人ランキング

伊達が首位をキープしているが、上位のスコア差は僅差で、まだまだMVP争いは大混戦と言える状況だ。

関連記事

▼12月4週目注目の選択記事

【Mリーグ】高打点を決めるための「らしい」選択、鈴木たろうのフリテンリーチ判断に注目!【12月4週目注目の選択】

▼1月1週目ABEMA視聴数記事

【Mリーグ】1月1週目は4日中3日で100万視聴超え! 沢崎、瑞原が勝利を挙げた1月6日は107万視聴!【2021シーズン視聴者数】

関連ページ

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top