麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

CABOクィーンカップ
【1/9 Mリーグ2022-23 第1試合結果】侵掠すること火の如く!松ヶ瀬隆弥が連続4000オールでトップをもぎ取る!

【1/9 Mリーグ2022-23 第1試合結果】侵掠すること火の如く!松ヶ瀬隆弥が連続4000オールでトップをもぎ取る!

BULL2021求人朝宮あろま

麻雀プロリーグ「大和証券Mリーグ2022-23」53日目が1月9日(月)に開催された。

1月9日の対戦カード ©ABEMA
解説:朝倉康心 実況:日吉辰哉 ©ABEMA

 

第1試合出場選手

第1試合の出場選手 ©ABEMA

東:東城りお

南:瑞原明奈

西:丸山奏子

北:松ヶ瀬隆弥

第1試合

東1局、西家の丸山が自風の[西]が暗刻でドラドラ赤。すぐにテンパイするかと思われたが先制リーチは松ヶ瀬。

東1局 丸山の手牌 ©ABEMA

瑞原が松ヶ瀬の現物[4]を切ると、丸山がチーしてテンパイ。アガったのは松ヶ瀬。丸山から3900のアガリで局が進む。

東1局 松ヶ瀬 リーチ, ピンフ, タンヤオ 3900 ©ABEMA

 

東2局、親番の瑞原が500オールで連荘。次局の配牌は赤赤の勝負手で、松ヶ瀬のリーチに真っ向勝負も、松ヶ瀬の現物[⑨]で待ち構えていたのは東城。瑞原から8000のアガリを決めた。

東2局1本場 松ヶ瀬の手牌 ©ABEMA
東2局1本場 瑞原の手牌 ©ABEMA
東2局1本場 東城 白, ホンイツ, 赤ドラ×1 8000 ©ABEMA

東3局、東城が[④][⑥][⑦][⑨]のフリテンリーチ。続いて瑞原も[⑥][⑨]でリーチをかけるが、東城が[⑥]をツモってリードを広げていく。

東3局 瑞原の手牌 ©ABEMA
東3局 東城 リーチ, ツモ, 赤ドラ×1 1000・2000 ©ABEMA

東4局1本場と2本場に、親の松ヶ瀬が4000オールを2回決め、抜けたトップ目に。

東4局1本場 松ヶ瀬 リーチ, ツモ, ピンフ, タンヤオ, ドラ×1 ©ABEMA
東4局2本場 松ヶ瀬 リーチ, ツモ, ピンフ, タンヤオ, 裏ドラ×1 ©ABEMA

東4局3本場は瑞原の先制リーチに松ヶ瀬がさらにリードを広げたいと追いかけるも、松ヶ瀬の待ちはすでに山になく、瑞原への8000の放銃で南入となった。

東4局 松ヶ瀬の手牌 ©ABEMA
東4局 瑞原 リーチ, イーペーコー, ドラ×2, 赤ドラ×1 ©ABEMA

南入して松ヶ瀬が3900のアガリで局を進め、南2局。

南1局 松ヶ瀬 白, 赤ドラ×2 3900 ©ABEMA

東城の地獄単騎の[西]に瑞原逡巡するも、親番維持のため、まっすぐに手を進め一発で放銃。跳満のアガリで東城はかなりトップがみえてきた。

南2局 瑞原の手牌 ©ABEMA
南2局 東城 リーチ, 一発, チートイツ, ドラ×2 ©ABEMA

ここでアガればトップも目前の東城だったが、テンパイした瞬間に瑞原のリーチへ放縦となり、条件は厳しくなる。

南3局 東城の手牌 ©ABEMA
南3局 瑞原 リーチ, 一発, 赤ドラ×2 8000

南4局、丸山3巡目でテンパイも待ちは[三][四]の並びシャンポン。ツモれば4着から3着に着順アップ。また、[四][五]を引けば出アガリができるピンフに変化するため、ヤミテンとするが思うような牌を引くことができない。

南4局 丸山の手牌 ©ABEMA

道中跳満ツモでトップになる東城。タンヤオ系の手牌でドラの[発]を切ると瑞原がポン。

このドラポンを見た丸山が、リーチに踏み切るが、最終的には瑞原がテンパイし、ツモアガって着順はそのままで終了。

南4局 瑞原 發, ドラ×3, 赤ドラ×1 2000・4000 ©ABEMA

 

ドリブンズには苦しい展開が重なる一方、風林火山は首位の格闘俱楽部と首位争いを繰り広げる。

第1試合トップの滝沢 ©ABEMA

第1試合結果
1位 松ヶ瀬(風林火山)+62.8
2位 東城(フェニックス)+7.1
3位 瑞原(Pirates)▲18.7
4位 丸山(ドリブンズ)▲51.2

点数推移グラフ ©ABEMA
第1試合詳細結果 ©ABEMA
第1試合終了時点のトータルランキング ©ABEMA

第1試合各局詳細

第2試合結果記事

関連ページ

▼選手・チーム成績スタッツ

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top