麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

大洋技研株式会社
ミス・パーフェクト東城りお 待望のタイトルを手にMリーグの舞台へ

ミス・パーフェクト東城りお 待望のタイトルを手にMリーグの舞台へ

BULL2021求人全自動麻雀卓スリムプラススコア

日本プロ麻雀連盟所属のプロ雀士にして、グラビアアイドルの仕事もこなす容姿端麗な麻雀プロ。それが東城りおだ。Mリーグ2021ドラフト会議においてセガサミーフェニックスからの指名を受け、Mリーガーとしてデビューすることが決定。実は2018年にも指名の話があったが、東城は「自分では実力不足だ」と断っている。今回の選択には自身初となるタイトル獲得が大きく関係しているのだろう。3年間でどのような心境の変化があったのか、Mリーグにどんな進化をもたらしてくれるのだろうか。本記事では、東城りおのプロフィールとその麻雀に迫っていこう。

目次

東城りおの基本情報・プロフィールデータ

名前 東城りお(とうじょうりお)
異名

ミス・パーフェクト

生年月日 1990年9月18日
職業 麻雀プロ、グラビアアイドル
出身地 秋田県
血液型 O型
趣味・特技 マンガ、アニメ、ゲーム
本人公式SNS

Twitter
Instagram
YouTube
YouTubeサブチャンネル

所属団体 日本プロ麻雀連盟
所属チーム セガサミーフェニックス
プロ入会年 2013年
主なタイトル ロン2カップ2021winter 優勝
第15期夕刊フジ杯争奪 麻雀女流リーグ 個人優勝

タレント志望で上京したという経緯もあってか、現在ではプロ雀士として活動しならグラビアの仕事を行うこともある。水泳やランニングといった運動も得意としていて、スタイルの維持にも努力を欠かさない。趣味や特技にはあげていないが、実は料理が得意だという一面もある。まさに「ミス・パーフェクト」という異名に恥じない女流プロだ。

経歴

2012年:日本プロ麻雀協会 入会
2013年:日本プロ麻雀連盟へ移籍
2021年:ロン2カップ2021winter 優勝
2021年:第15期夕刊フジ杯争奪 麻雀女流リーグ 個人優勝
2021年:Mリーグ2021ドラフト会議 セガサミーフェニックスから指名

麻雀との出会い・きっかけ

東城が麻雀と出会ったのは小学生のころ。麻雀が好きだった父の影響で、パソコンの麻雀ゲームを始めたのがきっかけだ。タレント志望で地元の秋田から上京したものの当時は芽が出ず、麻雀店でアルバイトを始めた。そこで麻雀プロという職業を知り、麻雀に対して真剣に向き合うようになる。当時から木原浩一(日本プロ麻雀協会)を師としていたため、2012年には木原プロが所属する日本プロ麻雀協会に入会した。人気女流雀士として注目され、Mリーグ発足当初の2018年には指名の話があがるほどだったが、当時の東城はこれを拒否。自分では力不足だと感じていたそうだ。

その後、環境の変化や体調不良が重なり、1年ほど麻雀から離れることになる。その年は麻雀プロとしてはもちろんのこと、人としても生きていないかのような感覚を覚えたという。しかし、次第に「麻雀を打ちたい」という想いの高まりを感じ、麻雀が自分の人生とって、切り離せない存在であることを再確認したそうだ。2021年に復帰し、その年に見事夕刊フジ杯争奪 麻雀女流リーグ 個人でタイトルを獲得。これがMリーグ加入への大きな自信につながったと語っている。

夕刊フジ杯で優勝!決戦で魅せた東城りおの逆境での強さ

東城りおの打ち方や雀風

東城の雀風は、積極的に手役を絡めた攻めを仕掛ける攻撃型だ。自身の雀風を「図太い」「図々しい」と語っており、ライバルの動向に気を取られ過ぎず、自分の手を曲げずに進行することが持ち味だといえる。逆境やここ一番の勝負所での強さは目を見張るものがあり、力強い攻撃から自分の時間を作り出していく。必要な場面で効果的に手役を仕上げることにも長けていて、時にはテンパイに近いところから形を崩して、思い切りよく手役を狙うことも。Mリーグにおいても、その思い切りのいい攻撃でセガサミーフェニックスを悲願の優勝に導くだろう。

東城りおプロの対局時の様子

夕刊フジ杯争奪麻雀女流リーグ2021 東日本リーグ東京4組第4節1回戦 2021/2/9 その①

東城の思い切りのいい手役狙いが光ったのがこの一局。南3局、ここまでアガリのない東城はラス目で親番を迎える。大切にしたい親番だけに、先制リーチで主導権を握りたいところだ。東城の手配は序盤にしてイーシャンテン。だが、先制できるとはいえリーチのみになりかねない手牌で、打点は心もとない。それならば、と東城はここからマンズ3枚を切り飛ばし、ソーズのホンイツへと一気に舵を切る。この選択が見事にはまり、数巡後には門前ホンイツのテンパイ。ダマテンに構えて、ライバルから役牌・ホンイツの12000点の直撃に成功。東城の思い切った選択が、反撃のきっかけとなる大きなアガリを呼び込んだ。

夕刊フジ杯で優勝!決戦で魅せた東城りおの逆境での強さ

夕刊フジ杯2021東日本リーグ 組み合わせ抽選会が開催!第1節は6月14日開幕!

夕刊フジ杯争奪麻雀女流リーグ2021 東日本リーグ東京4組第4節1回戦 2021/2/9 その②

南3局に12000点をアガった後、東城は積極的な鳴き仕掛けで連荘に成功。大きなアガリを手にした東城は、勢いそのままに攻め続ける。じわりじわりと差を詰めてくる東城にライバルも焦りの色を見せ、鳴き仕掛けでスピーディーに手を進めようとするが、東城はお構いなし。焦ることなく門前でどっしりと手を進める。じっくり育てた手牌でリーチまでこぎ付け、仕掛けで安全牌のなくなったライバルから12000点の直撃に成功。周囲の動きに流されない、東城自慢の図々しい攻めが輝いた一局だ。

夕刊フジ杯で優勝!決戦で魅せた東城りおの逆境での強さ

夕刊フジ杯2021東日本リーグ 組み合わせ抽選会が開催!第1節は6月14日開幕!

ロン2カップ2021winter決勝戦 2021/1/17

©︎OPENREC.tv

東城の強気の選択が、圧巻の勝利を呼び込んだのがこの試合。東2局、東城は親のリーチを受けて丁寧に打ちまわし、終盤に愚形ながらもテンパイすることに成功。残りツモも少ないため、ここはダマテンかと思いきや、シャンポン待ちで追いかけリーチ。ここは流局に終わるが、攻めの姿勢で勢いづいた東城はここからアガリラッシュ。持ち味の思い切りのよいホンイツを皮切りに合計8回ものアガリを決め、終わってみれば65300点持ちの大トップ。東城らしい、相手の攻めに屈することなく果敢に攻め続ける麻雀で本大会の優勝の座を手にした。

東城りおのSNSでの評価・評判

2021シーズンドラフト会議直後、SNSは、東城のセガサミーフェニックス加入決定の話題で持ちきりだった。自由な雰囲気で各選手の個性が溢れるフェニックス。東城の加入によってどんなチームに進化していくのか、ファンの期待は高まるばかりだ。

麻雀をはじめとして、パチスロ、ポーカー、グラビアと数多くのジャンルで活躍する東城。多くのファンがMリーグ参戦を待ちわびていた。

自由な雰囲気が魅力のフェニックス。東城の加入でどういった化学反応が生じるのか、期待するファンは多い。

https://twitter.com/doi_mahjong/status/1422517556057829380?s=20

フェニックスファンからは、自由にのびのびと打ってほしいという声が上がっていた。来期もフェニックスの個性豊かなメンバーが繰り広げる麻雀から目が離せない。

東城りおのニュース・こぼれ話

無類のマンガ・アニメ・ゲーム好き

東城が趣味として挙げているのが、マンガ・アニメ・ゲーム。「東城りお」という名前も本名ではなく、苗字の「東城」はマンガ『いちご100%』のヒロイン・東城綾からとったもの。「一度ハマるとのめり込んでしまう」と語る東城は、マンガを読み始めたら半日経っていたということもあるようで、麻雀に関してはなんと丸2日連続で打ったこともあるという。好きなことをとことんやり抜くのが、東城りお流なのかもしれない。

YouTubeチャンネル「りおみんちゃんねる」

魚谷侑未プロとの共同YouTubeチャンネル「りおみんちゃんねる」では、ゲーム配信や雑談、質問コーナーをはじめとした動画を投稿している。その中で特に人気を集めているのが、東城の歌声を聞くことのできる「歌ってみた」の動画。歌手顔負けの美しい歌声で楽しげに歌う、東城の貴重な姿を見ることができる。東城が新たな一面を見せる動画が盛りだくさんの「りおみんちゃんねる」。東城のファンの方はもちろん、これから東城を応援したいというMリーグファンの方にもぜひご覧いただきたいチャンネルだ。

今が旬!Mリーグの最新情報を更新中!

「最新情報を見逃したくない」「Mリーグのドラマをもっと味わいたい」という方も多いのでは?麻雀ウォッチでは皆さまが「知りたい」と感じるMリーグの情報を、いち早くお届けします!麻雀関連のニュースやトレンドの紹介はもちろん、数々のプロ雀士へのインタビュー記事やプロフィールも続々と公開中です。

Mリーグ関連の新着記事はこちらをチェック!

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top