麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

CABOクィーンカップ
丸山奏子の魅力 達人達から受け継いだ執念の麻雀

丸山奏子の魅力 達人達から受け継いだ執念の麻雀

BULL2021求人ニルウッドカバー

数少ない20代Mリーガーの一人である丸山奏子。Mリーグデビュー戦で飾ったトップは我々の記憶にも新しく、所属する赤坂ドリブンズでは自身の実力を存分に発揮している。笑顔の絶えない、明るい性格の持ち主であるところも人気の1つだが、麻雀の試合になるとその雰囲気は一変し、勝負師の顔を持つ。見た目からは想像できない、彼女の中に潜む強さとは何だろうか。丸山の素顔に迫っていこう。

目次

丸山奏子の基本情報・プロフィールデータ

名前 丸山 奏子(まるやまかなこ) 
キャッチフレーズ リーチなまるこ
生年月日 1993年8月17日
出身地 北海道旭川市
血液型 A型
趣味・特技 カラオケ、映画、温泉、美味しいもの巡り、図画工作
本人公式SNS Twitter
Instagram
所属団体 最高位戦日本プロ麻雀協会
所属チーム 赤坂ドリブンズ
プロ入会年 2018年

2018年に最高位戦日本プロ麻雀協会に入会したばかりにも関わらず、すでにMリーグで活躍する彼女だが、未だ大きなタイトルは獲得していない。所属する赤坂ドリブンズではチームの一員として大きな役割を果たしており、タイトルを獲得する日が待ち遠しい。趣味はカラオケと美味しいもの巡り。特にお肉を食べることが好きで、自身のインスタグラムには度々お肉の写真が投稿されている。

経歴

1993年:北海道旭川市に生まれる
2018年:最高位戦日本プロ麻雀協会へ入会
2019年:Mリーグドラフトで赤坂ドリブンズから指名

麻雀との出会い・きっかけ

丸山が麻雀と出会ったのは、大学生のとき。麻雀店でウェイトレスとして働き出したことがきっかけだ。麻雀に興味を覚えた丸山は休憩時間やネットゲームで麻雀を覚え、そのうち自然と雀卓を囲んでいた。一般企業へと就職したものの、会社の人たちとも卓を囲み、麻雀の熱が冷めることはなかった。そんな中、友人の誘いにより、とある麻雀大会に参加することに。競技麻雀の世界を目の当たりにした丸山はプロ達との戦いに魅せられた。そして2018年、最高位戦日本プロ麻雀協会へ入会(43期前期)。その後は様々な試合に積極的に参加し、数々の成績を残していった。切磋琢磨し、麻雀の腕を磨く丸山。この頃、とあるMリーガーが丸山に注目していた。「この子はくる」そう語ったMリーガーの正体とは──?続きは以下の記事からご覧いただきたい。

Mリーガー列伝(11):丸山奏子(ドリブンズ)

最高位戦に入ったばかりの丸山のインタビューはこちら!

最高位戦という団体が好き 丸山奏子(まるやまかなこ)~今月のpick up選手

ドラフトに選ばれたときの様子がこちら!

「7ソーは手出しです」から始まるシンデレラストーリー Mリーグドラフト会議2019 赤坂ドリブンズ丸山指名の裏側

丸山奏子の打ち方や雀風

©ABEMA

丸山が所属する赤坂ドリブンズ。チームメイトは攻撃/守備ともに優秀な「リーチ超人」村上淳、「ゼウスの選択」で神の視点から驚きの一手を繰り出す鈴木たろう、そして数多くの知識・経験値を元に様々な手を繰り出す「卓上の魔術師」園田賢。そんな人達の「トップへの執念」を見事継承しており、勝つためなら大胆な選択でも実行できる思い切りの良さ、胆力も魅力だ。

丸山の対局が終わった後は自身で対局中に何を考えていたのかをメモし、その内容を元におじさんず(園田、村上、たろう)がフィードバックしているという。現役最強達に囲まれ、急激なスピードで知識を吸収していく丸山は今後どのようなプロ雀士になるのか注目だ。

丸山奏子の対局

Mリーグ2019 10月29日

©ABEMA

丸山を語る上で、この試合は外せない1試合だ。この日の対局は丸山の他は、佐々木寿人多井隆晴滝沢和典と歴戦の猛者達が集った。歴戦のプロ達でさえも震え上がる相手にプロ入り2年目の丸山が挑む。しかもこの日はデビュー戦であった。

南4局での滝沢の一人聴牌で丸山は4着にまで落ち込む。アガリを掴み、どうにか順位を浮上させたい丸山。大物手の聴牌を入れた丸山は勝負に出た。一気通貫平和赤赤ドラの手牌。ダマテンでも跳満でツモ、寿人以外からの出アガリであれば2着となる状況だったが、丸山はリーチ。寿人から出た場合は裏1の倍満になれば2着。しかし裏がなければ3着止まりのアガリ。そこで寿人が出した[三]をスルー。見事に倍満ツモを決めて逆転トップ。華々しいデビューを飾ったのであった。

【10/29 Mリーグ 結果】ドリブンズ・丸山が驚異の見逃し倍満ツモで初陣を飾る!麻雀格闘倶楽部・前原は連勝!

Mリーグ2020 4月14日 1戦目

©ABEMA

高打点が見込める手では最大のリターンを追求する丸山の姿勢が光ったのがこの試合。東3局、丸山は序盤から打点を意識した手牌進行。親の瀬戸熊から先制リーチを受けるも満貫以上確定のテンパイにこぎつけて追いかけリーチ。瀬戸熊からアガって裏3、倍満の直撃を決めた。続く東4局は面子手も見える手から思い切りよく七対子へ。[赤五]単騎のリーチをツモって跳満のアガリ。面子手への未練を断ち切り、リターンの大きい七対子へと舵を切る選択が見事に的中した。トップ目で迎えた南2局の親番でもしっかりと高打点を作って果敢にリーチ。4000オールのツモアガリで試合を決定づけ、そのままトップを獲得した。思い切りのよい選択で最大のリターンを作り上げた丸山の選択が光る一戦となった。

【4/13 Mリーグ2020 結果】ドリブンズ・丸山、麻雀格闘俱楽部・高宮が勝利!女性選手が次々に高打点を決める1日に!

Mリーグ2020 10月24日 1戦目

©ABEMA

丸山が持ち前の思い切りのよさで主導権を握ったのがこの試合。東1局、丸山は終盤で愚形ドラ1のテンパイ。リーチと行きたいところだが、待ち牌は2枚河に放たれており、終盤だけに他家からの押し返しも怖い場面。だが、丸山はここで臆することなくリーチと打って出た。結果は最高の一発ツモ。2000・4000のアガリで大きなリードを手にする。

東4局には4巡目に愚形ながらも一盃口ドラ3で満貫のテンパイ。リードを活かして手堅くダマテンも考えられる場面だが、ここでも強気のリーチを選択。他家が手を崩して回っている間に見事にカンチャンをツモりあげ、大きな跳満のアガリとなった。主導権を握った丸山はここからじっくりと局を消化していく盤石の立ち回り。危なげないゲームメイクで勝利を決めた。大きな加点のチャンスは逃さない、丸山プロの思い切りのよい選択が流れを決定づけた一戦となった。

【10/23 Mリーグ2020 結果】ドリブンズが丸山、たろうの連勝で首位浮上!決め手はカン6sリーチ!

SNSでの評価・評判

丸山は実力はもちろん、「可愛らしい」「応援したい」という声が多数上がっていた。中には推しとして応援するファンも。

また丸山は肉好きとして有名。聖地巡礼として丸山おすすめの焼肉屋へ足を運ぶファンもいた。

肉好きの丸山を描いたイラストも本人から気に入られたようだ。

丸山奏子プロのニュース・こぼれ話

LIVERTINEAGEとのコラボTシャツが販売

2021年6月、丸山がファッションブランドLIVERTINE AGEとコラボしたTシャツ・パーカーが発売された。麻雀での活躍だけでなく、その可愛らしい容姿に男女問わず注目されている彼女。「LIVERTINE AGE Official YouTube」では、実際に丸山がコラボ服を着用して撮影に挑む姿が確認できる。

丸山奏子コラボアイテム / L.T.A. LIVERTINE AGE公式

別府競輪でワイドで的中させる

ABEMA 「WINTICKET / ABEMA 競輪・オートレースチャンネル」にて、村上淳、近藤誠一、丸山奏子が参加。2021年4月5日に行われた別府競輪に挑戦した。近藤がガチガチに緊張している中、ワイドで賭ける手法で丸山は見事に的中。驚くことに連続で的中させ、競輪でも勝負強さを発揮した。彼女の勝負勘はどのジャンルにおいても遺憾無く発揮されるようだ。

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top