麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

大洋技研株式会社
【1/9 Mリーグ2022-23 第2試合結果】仲林圭がゼウスの鉄槌にも動じず立ち回りトップ獲得!鈴木たろうは倍満の直撃を決めるも一歩届かず!

【1/9 Mリーグ2022-23 第2試合結果】仲林圭がゼウスの鉄槌にも動じず立ち回りトップ獲得!鈴木たろうは倍満の直撃を決めるも一歩届かず!

BULL2021求人朝宮あろま

麻雀プロリーグ「大和証券Mリーグ2022-23」53日目が1月9日(月)に開催された。

1月9日の対戦カード ©ABEMA
解説:朝倉康心 実況:日吉辰哉 ©ABEMA

第1試合結果記事

第2試合出場選手

第2試合の出場選手 ©ABEMA

東:仲林圭

南:茅森早香

西:勝又健志

北:鈴木たろう

第2試合

開局勝又が2000・4000のアガリでリード。

東1局 勝又 リーチ, ツモ, ピンフ, 赤ドラ×1, 裏ドラ×1 2000・4000

だが、次局仲林のリーチにテンパイして放銃。その後東場は大きく動かず均衡状態で南入。

大きく動いたのは南1局2本場、親の仲林が6000オールを決めて一気に突き抜けた。

南1局2本場 仲林 リーチ, ツモ, ピンフ, ドラ×1, 裏ドラ×2 6000オール ©ABEMA

連荘した次局も目一杯に受け、先制をとるが、たろうに追いつかれ、アタリ牌をつかむ。これがなんと倍満の放銃となり、2着目に落ちる。

南1局3本場 仲林の手牌 ©ABEMA
南1局3本場 たろう リーチ, ピンフ, タンヤオ, イーペーコー, ドラ×2, 赤ドラ×2 ©ABEMA

しかし仲林が南2局、南3局と連続でアガって、たろうの上をいく。

南2局 仲林 ツモ, 中 700・1300 ©ABEMA
南3局 仲林 中, ドラ×1, 赤ドラ×1 3900 ©ABEMA

オーラス、上も下も着順争いが激化した点数状況で茅森がリーチ。

南4局 茅森の手牌 ©ABEMA

[白]を仕掛けた仲林の放銃があるかと思われたが、自風の[北]を仕掛けた勝又がアガリ切ってラスを回避。

南4局 仲林の手牌 ©ABEMA
南4局 勝又 北, ドラ×1 2000 ©ABEMA

マイナスに転じていたパイレーツだが、この仲林のトップで地上に復帰。一方フェニックスとドリブンズはマイナスを増やしてしまう展開となった。

第2試合トップの仲林 ©ABEMA

第2試合結果
1位 仲林(Pirates)+56.3
2位 たろう(ドリブンズ)+13.0
3位 勝又(風林火山)▲21.3
4位 茅森(フェニックス)▲48.0

点数推移グラフ ©ABEMA
第2試合詳細結果 ©ABEMA

1月9日トータル結果

風林火山(松ヶ瀬1着・勝又3着)+41.5
Pirates(瑞原3着・仲林1着)+37.6
ドリブンズ(丸山4着・たろう2着)▲38.2
フェニックス(東城2着・茅森4着)▲40.9

Mリーグルールとしては大きな増減とは言えないが、上位2チームがポイントを加算、下位2チームが苦しむ結果となり、フェニックス、ドリブンズにとってはレギュラーシーズンでの敗退に一歩近づく結果となってしまった。まだゲーム数は残り40試合。せめてポイントを▲200前後までは戻していきたい所だ。

第2試合終了時点のトータルランキング ©ABEMA
1月9日の対戦カード ©ABEMA
1月9日終了時点の個人スコア

第2試合各局詳細

関連ページ

▼選手・チーム成績スタッツ

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top