麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

CABOクィーンカップ
【10/12 Mリーグ2023-24 第2試合結果】チーム三連勝!仲林圭が親番の大量加点して得たリードを活かしてトップ獲得!二着は6000オールで一気に浮上した松ヶ瀬隆弥!

【10/12 Mリーグ2023-24 第2試合結果】チーム三連勝!仲林圭が親番の大量加点して得たリードを活かしてトップ獲得!二着は6000オールで一気に浮上した松ヶ瀬隆弥!

CABO求人麻雀BarWatch

麻雀プロリーグ「大和証券Mリーグ2023-24」15日目が10月12日(木)に開催された。

10月12日の対戦カード ©ABEMA
解説:石橋伸洋 実況:日吉辰哉 ©ABEMA

第1試合結果記事

第2試合出場選手

第2試合の出場選手 ©ABEMA

東:松ヶ瀬隆弥

南:堀慎吾

西:仲林圭

北:渡辺太

第2試合

東1局、中盤に太が[1][4][7]待ちのリーチを入れる。

追いついた堀から[1]が溢れて決着。

太は2000の加点に成功し上々の滑り出しとなった。

東1局 堀の手牌 ©ABEMA
東1局 太 リーチ, ピンフ 2000 ©ABEMA

東2局、仲林が白のみのテンパイを入れダマテンに構える。

その後堀が[⑦]をポンしてタンヤオドラ3のカン[4]待ちテンパイで追いつく。

さらに松ヶ瀬もカン[七]待ちでテンパイ、こちらもダマテンを選択。

その槓に堀が[4][7]待ちへと変化をする。

テンパイとなった太から[7]を堀が捉えて決着。

堀は全員のテンパイを躱し、12000を獲得した。

東2局 仲林の手牌 ©ABEMA
東2局 松ヶ瀬の手牌 ©ABEMA
東2局 太の手牌 ©ABEMA
東2局 堀 タンヤオ, ドラ×2, 赤ドラ×1 12000 ©ABEMA

東2局1本場と東3局2本場は流局し東3局3本場。

まず松ヶ瀬が[一][九]待ちで先制リーチ。

直後仲林が[五][八]待ちで追っかけリーチを敢行する。

仲林が一発で[八]をツモって決着。

4000オールを獲得し、仲林は頭一つ抜けるトップ目となった。

東3局3本場 松ヶ瀬の手牌 ©ABEMA
東3局3本場 仲林 リーチ, 一発, ツモ, ドラ×1, 赤ドラ×1 4000オール ©ABEMA

東3局4本場、親の仲林がさらに突き抜けにかかる。

一盃口ドラ1の[4][7]待ちでリーチとする。

堀も負けじと高め三色の[5][8]待ちで追っかけリーチ。

終盤に仲林が堀から[4]を捉える。

仲林は7700の加点となり、素点は5万点を超えた。

東3局4本場 堀の手牌 ©ABEMA
東3局4本場 仲林 リーチ, イーペーコー, 赤ドラ×1 7700 ©ABEMA

東3局5本場、松ヶ瀬がドラ2の[四][七]待ち先制リーチ。

この立直を受けた太は[赤5][6]も力強く押し返す。

そしてテンパイした太は[①][④]待ちのリーチで追いかける。

一発で松ヶ瀬から[④]を直撃。

太は価値ある5200の獲得となった。

東3局5本場 松ヶ瀬の手牌 ©ABEMA
東3局5本場 太 リーチ, 一発, 東 5200 ©ABEMA

東4局、仲林がカン[三]を引き入れ[三][六]待ちの先制リーチを敢行。

堀はひるまず押していき、ピンフドラ2の[⑥][⑨]待ち追いかけリーチ。

一発で[⑥]をツモ、堀は3000・6000の獲得となった。

東4局 仲林の手牌 ©ABEMA
東4局 堀 リーチ, 一発, ツモ, ピンフ, ドラ×1, 赤ドラ×1 6000オール ©ABEMA

南1局、ここまで苦しい展開の親の松ヶ瀬は絶好の[6]を引き入れる。

[2][5][8]待ちの先制リーチで浮上を狙う。

一発で[5]をツモってアガりきる。

6000オールの加点となった松ヶ瀬は一気に二着目に立った。

南1局 松ヶ瀬 リーチ, 一発, ツモ, ドラ×2, 赤ドラ×1 6000オール ©ABEMA

南1局1本場、オタ風の[西]からポンした太は[二][三][五]待ち混一色のテンパイを入れる。

堀が七対子で追いつき[⑦]単騎でリーチ。

この捲り合いに勝ったのは太。

太は[二]をツモって1300・2600を獲得した。

南1局1本場 堀の手牌 ©ABEMA
南1局1本場 太 中, ホンイツ 1300・2600 ©ABEMA

南2局は流局し南2局1本場へ。

南2局1本場、5巡目に親の堀が[二][五]待ちの先制リーチ。

その直後仲林がピンフ一盃口の[④][⑦]待ちのテンパイを入れる。

仲林はこれをダマテンとし、堀の現物の[④]を狙いにかかる。

堀が[⑦]を掴んで決着。

仲林は二着目堀から3900の直撃を決めた。

南2局1本場 堀の手牌 ©ABEMA
南2局1本場 仲林 ピンフ, イーペーコー, 赤ドラ×1 3900 ©ABEMA

南3局、太が[東]単騎待ちの七対子で先制リーチをかける。

すると泣きを入れていた松ヶ瀬にもカン[六]のテンパイが入る。

2人のテンパイをかいくぐり、追いついた堀は[⑨][2]のシャンポン待ちリーチで応戦。

この三者の戦いは太の勝利。

太は堀から[東]を捉えて12000の獲得、三着目に浮上した。

南3局 松ヶ瀬の手牌 ©ABEMA
南3局 堀の手牌 ©ABEMA
南3局 太 リーチ, チートイツ, 赤ドラ×1, 裏ドラ×2 12000 ©ABEMA

オーラス、親の太が[②][⑤][七]待ちで先制リーチをかける。

太は連荘して着順上昇を狙いたいところ。

しかし、松ヶ瀬も[二][五]待ちですぐに追いつき躱しにかかる。

行くしかない状況の堀から[五]が余り、松ヶ瀬がロン。

1000の獲得となった松ヶ瀬は二着を守り切った。

オーラス 太の手牌 ©ABEMA
オーラス 堀の手牌 ©ABEMA
オーラス 松ヶ瀬 タンヤオ 1000 ©ABEMA
第2試合トップの仲林 ©ABEMA

第2試合結果

1位 仲林(Pirates)+67.1
2位 松ヶ瀬(風林火山)+5.8
3位 太(ドリブンズ)▲18.6
4位 堀(サクラナイツ)▲54.3

点棒推移のグラフ
第2試合詳細結果 ©ABEMA

10月12日トータル結果

Pirates(小林1着・仲林1着)+137.0
風林火山(瑠美2着・松ヶ瀬2着)+15.8
サクラナイツ(内川3着・堀4着)▲71.9
ドリブンズ(たろう4着・太3着)▲80.9

Piratesがチーム3連勝となり大躍進。2位まで浮上した。ドリブンズ、サクラナイツは苦しい1日となった。

ドリブンズはなんとかプラス圏に踏みとどまったので次の出番で挽回したい。明日は首位麻雀格闘倶楽部の更なる躍進はあるのか、苦しい最下位となっているBEASTの逆襲はあるのか注目だ。

第2試合終了時点のトータルランキング ©ABEMA
10月13日の対戦カード ©ABEMA
10月12日終了時点の個人スコア

第2試合各局詳細

関連ページ

▼選手・チーム成績スタッツ

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top