麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

学生麻雀連盟
どんな相手でも負ける気がしない 堀慎吾プロの強さや魅力に迫る

どんな相手でも負ける気がしない 堀慎吾プロの強さや魅力に迫る

BULL2021求人全自動麻雀卓スリムプラススコア

「僕、麻雀しかできないんで」を平然と口にする堀慎吾。そんな不器用で麻雀を突き詰めようとする男だからこそ、常に勝つ麻雀にこだわり続けている。そして自身も認めるほどの攻撃型麻雀により、対戦者との上がり合戦となり、見る人を楽しませてくれる。勝負時の様子からネット上では「強い」「上手い」という評判が多いが、「かわいい」「癒やされる」という意外な声も。そんな堀慎吾の麻雀の出会いから打ち方、試合内容、プライベートの魅力について迫っていく。

目次

堀慎吾の基本情報・プロフィールデータ

名前 堀 愼吾(ほり しんご) 
生年月日 1984年3月23日
異名 小さな天才
出身地 新潟県
血液型 A型
趣味・特技 ゲーム
本人公式SNS Twitter
所属団体 日本プロ麻雀協会
所属チーム KADOKAWAサクラナイツ
プロ入会年 2010年
主なタイトル 第12期最高位戦Classic優勝
第18期雀王

堀慎吾はMリーグ2020シーズンからKADOKAWAサクラナイツへと入団することになり、その際に受けたインタビューで「負ける気がしない」と話すほどの自信の持ち主。ビッグマウスとも言われているが、素直にそう思っている。その上、普段から強い相手との対戦を望み、勝負を楽しみたいとも話しているので、これからの対局に注目が集まりそうだ。

経歴

1984年:新潟県で生まれる
2010年:日本プロ麻雀協会9期生としてプロ入り
2017年:第12期最高位戦Classic優勝
2019年:第18期雀王を獲得
2020年:KADOKAWAサクラナイツ入団

麻雀との出会い・きっかけ

堀慎吾が麻雀と出会ったのは、小学校5年生の時に親から買ってもらったスーパーファミコンの麻雀ソフト。ルールは分からないが、何となくで打っていたという。そして、中高生になって漫画『哲也~雀聖と呼ばれた男~』を読んだことで、麻雀を本格的に始めることに。

高校卒業後はプロも在籍している麻雀店で働き、同じ店で働いていた女性が堀の人生を変える。「夢を持って一生懸命やっている麻雀プロって格好いいよね」という女性の一言が堀慎吾の心に火を点けたのだ。「自分よりも弱いプロが格好良いというのなら、自分もプロになって格好良いと言ってもらえるのか証明してやる」そんな気持ちで、2010年に日本プロ麻雀協会を受験することになった。見事にプロテストに合格した堀。今ではMリーガーとしてKADOKAWAサクラナイツを支える柱の一人になっている。

堀慎吾、プロ入り最大の動機は「怒り」 Mリーガー列伝(18)

堀慎吾の打ち方や雀風

©ABEMA

堀は勝ちにこだわるからこそ、さまざまなスタイルを試している。その上攻撃的なので、簡単に降りずに相手と徹底的にやり合う姿勢を貫く。攻め続ける理由は「見ている人もその方が楽しいから」。自身が攻めていいのか悪いのか判断できない時でも、とにかく攻め続けているという。そんな堀の雀風で似ている人はいるか?という質問には、サクラナイツのチームメイトで、大先輩である沢崎誠の名前を上げた。驚異的な粘り強さから「マムシ」の異名を持つ沢崎。堀の強さに対して貪欲な姿勢も、沢崎に似ているといえるだろう。

堀慎吾プロの対局時の様子

第18期雀王決定戦 2019/11/9

©日本プロ麻雀協会

4日間で20半荘を行うルールの中、堀は残り5半荘を残して234.3ポイントと2位の矢島了に241.3ポイントも差をつけていた。しかし、2位の矢島も19回戦に100.2ポイントという大トップを叩き出したことで、2人の差は57.2ポイントとなる。最終戦で矢島がトップ、堀が3着以下だと逆転という条件で、堀は東場で満貫を2回上がることでリードを広げる。そのまま堀がリードを保ったままオーラスを迎えると、3位争いをしている渋川難波に的確にアシストをして優勝を決めた。

堀慎吾が初の雀王戴冠!矢島亨が劇的四暗刻で詰め寄るも逆転ならず/第18期雀王決定戦

Mリーグ2020 レギューラーシーズン49日目 2021/1/2

©ABEMA

レギュラーシーズン49日目の対局は、堀と茅森(フェニックス)、寿人(麻雀格闘倶楽部)、日向(ABEMAS)の対戦となった。東4局に堀は親番を迎えると1000オールを上がった次局、9巡目にツモり四暗刻の聴牌を入れてのリーチ。11巡目に暗槓をするとリンシャンツモで四暗刻を上がる。南3局2本場では日向のリーチに対して、ヤミテンだった堀もリーチを掛けて一発ツモ。満貫を上がり加点に成功した。オーラスは寿人が2着確定をさせるアガリによって終局。堀が92900持ちでゲームを終え、今シーズン最高スコアのトップを獲得した。

【1/2 Mリーグ2020 結果】第一試合はサクラナイツ・堀が親四暗刻を決めて今シーズン最高スコアトップ!第二試合は連闘のフェニックス・茅森が序盤のリードで逃げ切る!

麻雀最強戦2019ファイナル 2019/12/14

©麻雀最強戦

2019年の麻雀最強戦ファイナルD卓で戦うことになった堀。面子は藤田晋、岩﨑真(最高位戦)、吉田直(連盟)。東場の親番で藤田から7700を討ち取ると、3本場で2600オールを加点する。4本場ではさらに2600オールをアガったことで、得点は6万点を超えた。藤田も粘りを見せて、オーラス4本場には6000オールをアガり堀を逆転。しかし、5本場に堀が3900をアガったことで逆転勝利となり決勝に進出することになった。決勝では鈴木大介九段、金子正輝(最高位戦)、近藤誠一(最高位戦)と対戦。鈴木がオーラスまでリードを維持し、オーラスに七対子をアガり優勝を決める。残念ながら堀は4位という結果に終わった。

将棋棋士の鈴木大介九段が怒濤の攻めで最強位を勝ち取る!/麻雀最強戦2019ファイナル

SNSでの評価・評判

堀慎吾はネット上では強い、上手いという評判があるがそれ以外にもかわいい、癒やされるという声も上がっている。不意に見せる無邪気な表情ややさしい笑顔に、癒やされている人も多いようだ。

勝利者インタビューでチームのアイテムを持っての決めポーズ。恥ずかしかったのか、そくささと立ち去る姿にファンも反応した。

逆転が決まった瞬間、子供のように喜ぶ堀がかわいいとの評判だ。

https://twitter.com/F13Zj/status/1321049069909733377?s=20

かわいいという評判以外にも優しいとの評判もある。その理由は牌の扱い方だったり、試合後の話し方から見て取ることができる。

堀慎吾のニュース・こぼれ話

結婚できた理由はやっぱり麻雀?

堀は麻雀ニュース番組「熱闘!Mリーグ」に出演して、妻との馴れ初めを語ることになった。堀がMリーガーとなる前、面子を集めたところ、後の妻となる女流が参加。妻の初めての印象は「免許証を持っているからしっかりした人だ」と思ったらしい。その理由は、自身が免許も無く、麻雀以外のことは何もできないからということ。現在は妻のお陰で試合や練習に集中出来ているとも語っている。

堀慎吾の麻雀本、勝つために必要なこととは?

2018年8月16日、堀慎吾プロ著『麻雀 だから君は負けるんです』が発売された。麻雀をする上で当たり前だと思われていたことを否定し、勝つために必要なことを分かりやすく解説。上級者に必要な理論を紹介しているので、初心者は勿論、打ち方がパターン化して勝つことが難しくなっている人にも必見だ。勝ちにこだわる堀らしい麻雀解説本となっている。

 

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top