麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

スリアロチャンネル
野添ゆかりが2トップ全連対でグループ2位に/ 麻雀ウォッチ プリンセスリーグ 2019 予選第2節Aブロック2卓

野添ゆかりが2トップ全連対でグループ2位に/ 麻雀ウォッチ プリンセスリーグ 2019 予選第2節Aブロック2卓

CABO求人全自動麻雀卓スリム

麻雀スリアロチャンネルの本格女流リーグ戦「麻雀ウォッチ プリンセスリーグ 2019」予選第2節Aブロック2卓が6月14日に開催された。

▼放送URL
麻雀ウォッチ プリンセスリーグ 2019 予選第2節Aブロック2卓
FRESHLIVE

AbemaTV
 

【対局者】
朝倉ゆかり(日本プロ麻雀協会)
朝倉ゆかり上田唯(日本プロ麻雀協会)
上田唯大崎初音(日本プロ麻雀協会)
大崎初音野添ゆかり(最高位戦日本プロ麻雀協会)
野添ゆかり

グループ2位の上田、4位の大崎、5位の野添、7位の朝倉の対局となった。

1回戦、東場は接戦で進んだが東4局3本場、供託3本の状態で上田の平和リーチに対して朝倉が仕掛けて押し切り8000の直撃、このアガリでリードを確保して1回戦を逃げ切った。

東4局3本場 朝倉の8000

2回戦は東1局に野添が1000・2000のアガり、東2局に朝倉から12000をアガった大崎がリードを得たがその後の1本場で野添が大崎から3900直撃でトップ逆転。南2局でもトイトイのアガリを決めた。オーラスは大崎がツモって裏が乗れば逆転のリーチに出たが出アガリとなり野添がトップをキープした。

3回戦では東3局3本場で野添がタンヤオ・三色・ドラ4の12000をアガり大きなリード。

東3局3本場 野添の12000

オーラスには朝倉が一時トップ目に浮上したが、1本場でホンイツ・ドラ3のアガリで再度逆転、連勝を決めた。

4回戦は戦線で進み南2局にここまで苦しんできた大崎が連荘して一時トップ目に浮上。しかしオーラスは朝倉と大崎、野添の3人が2000点差以内の局となった。最終局は4着目の上田がリーチ。トップ目の朝倉、2着目の野添はやや受けたが3着目の大崎は聴牌を維持したい状況。しかし聴牌から上田のアガリ牌を掴み無念の8000放銃となった。朝倉が2回目のトップを獲得、野添は全連対となった。

今節108.4ポイントをプラスしてトータル83.3ポイントの2位となった野添は「結果は良かったですが反省するところは多かったです。なんとかプラスにできてうれしいですが、狙われそうなポジションなので気を引き締めて次も頑張ります。」と語った。

次回は6月21日の16時からBブロック第2節1卓が開催される。対局メンバーは大澤ふみな、小宮悠、蔵美里、佐月麻理子となる。

関連リンク

プリンセスリーグ関連記事
 

プリンセスリーグ特設ページ
 

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top