麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

CABOクィーンカップ
4分の2の最終戦!BLACK DIVISION 第7節4回戦A卓レポート

4分の2の最終戦!BLACK DIVISION 第7節4回戦A卓レポート

CABO求人ニルウッドカバー

7/23(土)22:39よりAbemaTV「麻雀チャンネル」にて配信された、RTDマンスリーリーグBLACK DIVISION 第7節 4回戦A卓の様子をお届けします。

 

対局者は、起家から順に

村上 淳(最高位戦日本プロ麻雀協会)

鈴木 たろう(日本プロ麻雀協会)

柴田 吉和(日本プロ麻雀連盟)

白鳥 翔(日本プロ麻雀連盟)

 

レポートは、鈴木聡一郎(最高位戦日本プロ麻雀協会)がお送りします。

 

開始前の成績はこちら↓

2016RTD_BLACK7節4回戦A卓_1_R              

 2016RTD_BLACK7節4回戦A卓_2_R

予選最終戦、トータル4位までが準決勝進出となる。

すなわち、ボーダーライン付近のこの4名に対し、準決勝の椅子は2つというサバイバル。

村上、柴田、たろうは基本的にはトップを目指していき、たろうはさらに村上を3着以下に沈めることが必要となる。

白鳥だけは、素点で大きなマイナスにならなければほぼ通過という状況。

 

まずは村上がを早めに切っているリーチで、イーシャンテンのたろうからを打ち取って先制する。

2016RTD_BLACK7節4回戦A卓_3_R

 

しかし、当然柴田も黙っていない。

テンパイしたたろうから、で12000。これで柴田が村上をまくる。

2016RTD_BLACK7節4回戦A卓_4_R

自身がトップであれば4位村上をトータルでまくることができる5位柴田としては、このまま逃げ切ることができれば逆転での準決勝進出となる。

 

一方、連続放銃となったたろうも奮起。

2016RTD_BLACK7節4回戦A卓_5_R

村上が珍しく役牌バックで仕掛け、とポンして上記テンパイを果たすと、すでにカンでテンパイしていたたろうが、をツモ切りリーチといく。

2016RTD_BLACK7節4回戦A卓_6_R

村上をマイナスにしなければならないたろうとしては、このまま村上の仕掛けを黙って見ているわけにはいかないため、自身のリーチで村上からの直撃か、村上をオリに回らせる意図がある。

しかし、結果は、テンパイしたオヤの柴田が一発でを切って8000。

2016RTD_BLACK7節4回戦A卓_7_R

柴田の点数を削ると、後に村上からの直撃が必要となるため、たろうとしてはあまり好ましくないものとなってしまった。

 

南1局1本場でも、たろうがホンイツ仕掛けを柴田からでアガるのだが、やはりできれば柴田からではなく村上から取りたかったところ。

2016RTD_BLACK7節4回戦A卓_8_R

ソウズが余ったたろうに対し、村上が生牌のを打ってリーチときた以上、緊急退避的な意味合いで柴田のでアガらざるを得なかった。

 

たろうが柴田から点数を削ってもたつくうちに、村上にチャンス手が回ってくる。

2016RTD_BLACK7節4回戦A卓_9_R

通常であればたろうが切っている1枚切れの切りで問題ないところだが、村上の選択は切り。

これは、村上を狙いにくるはずのたろうから先制攻撃が入った場合の守備要員という側面が1つ。

そして・・・

2016RTD_BLACK7節4回戦A卓_10_R

もしが埋まった場合には、即リーチをかけて勝負を決める手にできることが1つである。

絶対に前に出てくるオヤたろうの現物待ちとあらば、アガリ確率はかなり高まる。

 

しかし、ここに白鳥からドラアンコのリーチ。

2016RTD_BLACK7節4回戦A卓_11_R

そして、たろうにもテンパイが入った。

2016RTD_BLACK7節4回戦A卓_12_R

3者のめくり合いを制したのは・・・

 

 

 

 

 

 

 

2016RTD_BLACK7節4回戦A卓_13_R

村上が力強くをたぐり寄せてトップ。

激しい打撃戦の最終戦を制し、準決勝進出を決めた。

2016RTD_BLACK7節4回戦A卓_14_R

2016RTD_BLACK7節4回戦A卓_15_R

 

別卓では、最終節4連勝を決めた多井、常時上位にいた藤田が危な気なく準決勝進出。

その2人とともに、村上・白鳥が準決勝進出となり、WHITE DIVISIONを勝ち抜く4名を待ち受ける。

 

藤田晋invitationalRTDマンスリーリーグとは

2014年に麻雀最強位を獲得した藤田晋が、団体の垣根を超え、今最も強いと言われている麻雀プロを招いて開催される長期リーグ戦。
予選ではBLACK DIVISION・WHITE DIVISIONそれぞれ8名ずつの選手が出場し、7節28回戦を争う。
優勝者には2016年麻雀最強戦ファイナルへの出場権が与えられる。

 

視聴方法:AbemaTV( PC版 / iOS / Android)

PC版:http://abema.tv
iOS版:https://itunes.apple.com/jp/app/abematv/id1074866833?mt=8
Android版:https://play.google.com/store/apps/details?id=tv.abema&hl=ja
視聴は全て無料でご覧いただけます。
--------------------------------------------------------
AbemaTV麻雀ch:https://abema.tv/now-on-air/mahjong
RTDマンスリーリーグ公式サイト:https://rtdmonthly.amebaownd.com/
AbemaTV麻雀ch公式Twitter:https://twitter.com/abema_mahjong
RTDマンスリーリーグ公式チャンネル(アーカイブ放送):https://abemafresh.tv/rtdmonthly
--------------------------------------------------------

この記事のライター

鈴木 聡一郎
1983年生、千葉県出身
早稲田大学在学中の2004年、最高位戦日本プロ麻雀協会に入会。
以後10数年に渡り、観戦記者として活動中。
最高位戦以外にも、モンドTV、麻雀スリアロチャンネル、RMUなどの観戦記を執筆。
近年では、AbemaTV麻雀チャンネルの公式ライターとして、RTDリーグなどの観戦記者を務める。
観戦記以外には、書籍『麻雀偏差値70へのメソッド』(石井一馬著)、『最強プロ鈴木たろうの迷わず強くなる麻雀』(鈴木たろう著)、『多井熱』(多井隆晴著)などに協力。

新着記事

Return Top