麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

スリアロチャンネル
苦悩の達也、最後の大勝負!準決勝 第4節 3回戦レポート

苦悩の達也、最後の大勝負!準決勝 第4節 3回戦レポート

CABO求人全自動麻雀卓スリムプラススコア

10/29(土)16:00よりAbemaTV「麻雀チャンネル」にて放送された、RTDマンスリーリーグ準決勝 第4節 3回戦の様子をお届けします。

レポートは、鈴木聡一郎(最高位戦日本プロ麻雀協会)がお送りします。

 

2016RTD_準決勝4節3回戦_1_R2016RTD_準決勝4節3回戦_2_R

座順を決めるべく、現在の上位者から順に裏返された風牌を引いていく。

最下位の達也がトイレから帰ってくると、3者はすでに引き終わっており、残っていたのは

それがであることを確認すると、達也は歓喜した。

最終戦では、オヤ番がなくなると勝利条件が消滅してしまうことがあるため、追いかける立場としては、最後までオヤ番がなくならない北家スタートが有利である。

逆に、もう1人の追いかける側・小林は、南家スタートでやや厳しい。

 

こうして、起家から順に

瀬戸熊 直樹(日本プロ麻雀連盟)

小林 剛(麻将連合)

藤田 晋(株式会社サイバーエージェント代表取締役社長)

鈴木 達也(日本プロ麻雀協会)

の座順となった。

 

小林・達也は6~8万点クラスの特大トップにしか意味がない。

逃げる藤田は、ラスだけ引かないようにという方針だが、小さなラスであれば許容範囲だ。

何をやっても通過の瀬戸熊は、もはやお好きにどうぞ、の成層圏である。

 

東2局、小林は1回目のオヤ番を迎え、7巡目にテンパイを果たす。

2016RTD_準決勝4節3回戦_3_R

普段なら切りリーチで問題ないのだが、特大トップが必要なこの状況では、チートイツで6000オールを狙いにいく方法もある。

しかし、小林は、いつも通りアガリやすさを重視し、切りリーチとした。

 

これに対し、達也は10巡目にはダマテンに構えたが、12巡目にツモ切りリーチ。

2016RTD_準決勝4節3回戦_4_R

カンのダマテンで押し続けるのが達也の基本フォームだが、2巡の間に思い直し、点数状況を重視してハネマンを引きにいった。

2016RTD_準決勝4節3回戦_5_R

結果、達也がを掴んで3900放銃。

 

それでも達也は攻め続けた。

東3局、今度はフォーム的にも文句なくリーチ。

2016RTD_準決勝4節3回戦_6_R

 

一方の小林も、ホンイツのチーテンをかける。

2016RTD_準決勝4節3回戦_7_R

北家であるため、でもでもマンガンとなるテンパイだが、すぐにドラのを掴むと、少考の末にツモ切って8000。

2016RTD_準決勝4節3回戦_8_R

達也がトップ目に立った。

 

南場に入っても、攻め続ける達也。

ドラ2枚からと積極的にポンしていくと、小林のリーチ宣言牌もポンしてテンパイまでこぎつける。

2016RTD_準決勝4節3回戦_9_R

しかし、ここはリーチの小林がツモってウラ2の3000・6000。

2016RTD_準決勝4節3回戦_10_R

小林も当然譲らない。

 

そして、ついにその小林、最後のオヤ番がやってきた。

ここで連荘するしかない小林だったが、仕掛けてドラを切ってまでアガり切ったのは、達也。

2016RTD_準決勝4節3回戦_11_R

小林のイーシャンテン打牌を捕えて2000。

達也としては、小林の連荘で素点を削られるわけにはいかず、また、このオヤを落とすことでこの後小林がアガリに向かわなくなるため、より自由な手作りが可能となる。

達也のシビアな選択である。

一方の小林は、実質的にここで投了となってしまった。

 

南3局では、藤田がピンズで仕掛けた瞬間に、「自由にはさせない」と、達也がツモ切りリーチ。

2016RTD_準決勝4節3回戦_12_R

小林はオリ。藤田も大きな放銃をしなければ問題ないポイントであるため、オリていく。

2016RTD_準決勝4節3回戦_13_R

残る瀬戸熊も、この手牌では戦えないため、をトイツ落とししていく。

これは達也の一人旅になる…はずだった。

しかし、終盤、瀬戸熊がにポンをかける。

達也からすれば、「そこが来るのかよ!」だ。

 

そして…

2016RTD_準決勝4節3回戦_14_R

それは、成層圏からの強烈な一振り。予期せぬ隕石が地上に降り注いだ。

この4000・8000で瀬戸熊がトップ目に立つが、達也としては、誰がトップ目にいようと関係ない。

自身がアガり続けて特大トップまで突き抜けるしかないのだ。

 

オーラス、連荘するしかない達也を尻目に、小さいラスなら許容できる藤田が軽やかにテンパイ。

2016RTD_準決勝4節3回戦_15_R

その後、ツモ切りを繰り返す。

 

一方の達也は、終盤になってもまだイーシャンテン。

2016RTD_準決勝4節3回戦_16_R

達也の叫びが聞こえる。

「テンパってくれ!」

幸い、上家の藤田はドラまでツモ切ってテンパイ気配のため、鳴ける牌が出るかもしれない。

しかし…

2016RTD_準決勝4節3回戦_17_R

達也の鳴けるを引くと、藤田はノータイムでテンパイを崩して達也の現物を抜いた。

藤田は言う。

「達也さんは、たぶんノーテン。なら、テンパイさせずにここで終わらせる」

藤田に封じ込まれた達也は、屈辱のノーテンで敗退となった。

2016RTD_準決勝4節3回戦_18_R

これで、達也・小林の敗退が確定。

藤田は別卓の結果待ちだが、大体決勝進出となりそうだ。

 

2016RTD_準決勝4節3回戦_19_R

最終日、達也の強さであり、弱さでもある部分を見た気がする。

2016RTD_準決勝4節3回戦_4_R

一端がさきほどのこれ↑である。

達也は言った。

「これ、普段はダマテンでずっと押すんですよ。でも、トータルを考えると、ハネマンを狙った方がいいのかなとか、色々考えちゃうんですよね」

すなわち、これを即リーチにいけないことが、達也の強さを支えている根幹でもあり、同時に弱さにもなる部分なのだと思う。

実は、達也はこういう局面をよくイメージトレーニングするのだと言う。

こういう局面とは、「自分の基本フォームとは違う選択をしなければいけない状況」のことである。

すなわち、「点数状況的に〇〇せざるを得ない」という状況だ。

しかし、その迷いと葛藤こそが、鈴木達也というトッププロの核であり、麻雀プロとしての矜持なのである。

負けてなお強し。

そんな印象を視聴者に残し、ファンタジスタはファンタジスタとして、今大会を去った。

 

■次回放送(決勝1日目):11月8日(火) 17:00~ AbemaTV麻雀チャンネルにて

 

藤田晋invitationalRTDマンスリーリーグとは

2014年に麻雀最強位を獲得した藤田晋が、団体の垣根を超え、今最も強いと言われている麻雀プロを招いて開催される長期リーグ戦。
予選ではBLACK DIVISION・WHITE DIVISIONそれぞれ8名ずつの選手が出場し、7節28回戦を争う。
優勝者には2016年麻雀最強戦ファイナルへの出場権が与えられる。

 

視聴方法:AbemaTV( PC版 / iOS / Android)

PC版:http://abema.tv
iOS版:https://itunes.apple.com/jp/app/abematv/id1074866833?mt=8
Android版:https://play.google.com/store/apps/details?id=tv.abema&hl=ja
視聴は全て無料でご覧いただけます。
--------------------------------------------------------
AbemaTV麻雀ch:https://abema.tv/now-on-air/mahjong
RTDマンスリーリーグ公式サイト:https://rtdmonthly.amebaownd.com/
AbemaTV麻雀ch公式Twitter:https://twitter.com/abema_mahjong
RTDマンスリーリーグ公式チャンネル(アーカイブ放送):https://abemafresh.tv/rtdmonthly
--------------------------------------------------------

この記事のライター

鈴木 聡一郎
1983年生、千葉県出身
早稲田大学在学中の2004年、最高位戦日本プロ麻雀協会に入会。
以後10数年に渡り、観戦記者として活動中。
最高位戦以外にも、モンドTV、麻雀スリアロチャンネル、RMUなどの観戦記を執筆。
近年では、AbemaTV麻雀チャンネルの公式ライターとして、RTDリーグなどの観戦記者を務める。
観戦記以外には、書籍『麻雀偏差値70へのメソッド』(石井一馬著)、『最強プロ鈴木たろうの迷わず強くなる麻雀』(鈴木たろう著)、『多井熱』(多井隆晴著)などに協力。

新着記事

Return Top