麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

CABOクィーンカップ
高打点連発!嵐の南場を制したのは!?決勝 第1節 1回戦レポート

高打点連発!嵐の南場を制したのは!?決勝 第1節 1回戦レポート

CABO求人ニルウッドカバー

11/8(火)17:00よりAbemaTV「麻雀チャンネル」にて放送された、RTDマンスリーリーグ決勝 第1節 1回戦の様子をお届けします。

対局者は、起家から順に

瀬戸熊 直樹(日本プロ麻雀連盟)

佐々木 寿人(日本プロ麻雀連盟)

多井 隆晴(RMU)

藤田 晋(株式会社サイバーエージェント代表取締役社長)

レポートは、鈴木聡一郎(最高位戦日本プロ麻雀協会)がお送りします。

 

2016RTD_決勝1節1回戦_1

決勝に残った4名で1日4回戦を2日間行い、全8回戦の合計ポイント上位者が優勝となる。

全28回戦の予選と比べれば短期戦には違いないが、8回戦あれば、ある程度フラットなバランスで打つことが可能となるだろう。

 

しかし、そこは攻撃的なメンバーが集まった決勝戦。東1局からいきなりぶつかった。

2016RTD_決勝1節1回戦_2_R

としてタンヤオを見るかと思いきや、瀬戸熊はこのイーシャンテンから、スーアンコを見て打とする。

 

すると、ここに佐々木のリーチ。

2016RTD_決勝1節1回戦_3_R

 

続いて、ドラアンコの藤田も追いついた。

2016RTD_決勝1節1回戦_4_R

 

しかし、ここを制したのは瀬戸熊。

2016RTD_決勝1節1回戦_5_R

リーチ後、2枚目のにようやく動いた瀬戸熊が、で藤田から3900。2軒リーチをかわして先制する。

このまま打ち合いが続くかと思われたが、この後は意外にも均衡状態が続き、南入。

 

そして、嵐のような南場を迎えることとなる。

まずは南2局、オヤ番の佐々木。

2016RTD_決勝1節1回戦_6_R

を切って、両面2つのリーチ手順を辿る打ち手が多いと思われるが、切りのタンヤオも仕掛けが利くため捨てがたい。

佐々木は、この難しい選択をノータイムで決断する。佐々木の選択は打。タンヤオに向かった。

すると、6巡目のにポンテンをかけ、多井のリーチ宣言牌を捕えて12000。

2016RTD_決勝1節1回戦_7_R

佐々木が正解を選び出してトップ目に立つと、今までの均衡状態が嘘のようにここから高打点のアガリが連発する。

 

まずは次々局。

2016RTD_決勝1節1回戦_8_R

藤田がいったんこのカンをダマテンに構えるが、4枚目のが見えると、警戒していた佐々木の国士が消えたため、ツモ切りリーチ。

2016RTD_決勝1節1回戦_9_R

ヤマに3枚のをきっちりツモって2000・4000。

佐々木・瀬戸熊に並びかける。

 

これで三つ巴のトップ争いかと思いきや、ここから多井が一気にくる。

2016RTD_決勝1節1回戦_10_R

まずは、この4000オールを決めると、次局にはホンイツテンパイから、この選択。

2016RTD_決勝1節1回戦_11_R

生牌の単騎テンパイに、生牌のドラを引いてどうするか。

マンズのホンイツ模様の瀬戸熊からマンズがあふれており、いずれも打ちにくいが、多井は長考の末、生牌のを打っていった。

2016RTD_決勝1節1回戦_12_R

一方の瀬戸熊はというと、このイーシャンテンだったが、を鳴かずにを止め切る。

すると、意外なところからが放たれた。

2016RTD_決勝1節1回戦_13_R

佐々木である。

佐々木は、ノーテン罰符で優位に立つべく、を打ち出したのだが、瀬戸熊とのコントラストが面白い。

マンガンテンパイでもを打ち出さない瀬戸熊に対し、ノーテン罰符のためにを打ち出す佐々木。

どちらも、各自の打ち筋に合った、「らしい」選択である。

2016RTD_決勝1節1回戦_14_R

しかし、今回は佐々木のが多井に捕まり、12000。

佐々木の戦線離脱とともに、多井がトップ争いに食い込んできた。

 

それでも、佐々木はいつも通り攻め続ける。

2016RTD_決勝1節1回戦_15_R

次局では、藤田のこのリーチと、ポンでソウズ仕掛けの多井に対し、リーチのみで追いかけリーチを放っていった。

2016RTD_決勝1節1回戦_16_R

しかし、ここも制したのは多井。

2016RTD_決勝1節1回戦_17_R

マンズ待ちとピンズ待ちの2軒リーチに挟まれながらテンパイを果たすと、佐々木が掴んだで12000をアガり切る。

2016RTD_決勝1節1回戦_18_R

これで頭1つ抜けた多井は、オーラスも自身でアガり切り、初戦を大逆転のトップで飾った。

2016RTD_決勝1節1回戦_19_R

2016RTD_決勝1節1回戦_20_R

2016RTD_決勝1節1回戦_21_R

しかし、多井も多井らしく、大逆転の大トップにも「内容的にはイマイチ」と語り、2回戦以降に向けて気を引き締めた。

 

■次回放送(決勝最終節):11月23日(水・祝) 16:00~ AbemaTV麻雀チャンネルにて

 

藤田晋invitationalRTDマンスリーリーグとは

2014年に麻雀最強位を獲得した藤田晋が、団体の垣根を超え、今最も強いと言われている麻雀プロを招いて開催される長期リーグ戦。
予選ではBLACK DIVISION・WHITE DIVISIONそれぞれ8名ずつの選手が出場し、7節28回戦を争う。
優勝者には2016年麻雀最強戦ファイナルへの出場権が与えられる。

 

視聴方法:AbemaTV( PC版 / iOS / Android)

PC版:http://abema.tv
iOS版:https://itunes.apple.com/jp/app/abematv/id1074866833?mt=8
Android版:https://play.google.com/store/apps/details?id=tv.abema&hl=ja
視聴は全て無料でご覧いただけます。
--------------------------------------------------------
AbemaTV麻雀ch:https://abema.tv/now-on-air/mahjong
RTDマンスリーリーグ公式サイト:https://rtdmonthly.amebaownd.com/
AbemaTV麻雀ch公式Twitter:https://twitter.com/abema_mahjong
RTDマンスリーリーグ公式チャンネル(アーカイブ放送):https://abemafresh.tv/rtdmonthly
--------------------------------------------------------

この記事のライター

鈴木 聡一郎
1983年生、千葉県出身
早稲田大学在学中の2004年、最高位戦日本プロ麻雀協会に入会。
以後10数年に渡り、観戦記者として活動中。
最高位戦以外にも、モンドTV、麻雀スリアロチャンネル、RMUなどの観戦記を執筆。
近年では、AbemaTV麻雀チャンネルの公式ライターとして、RTDリーグなどの観戦記者を務める。
観戦記以外には、書籍『麻雀偏差値70へのメソッド』(石井一馬著)、『最強プロ鈴木たろうの迷わず強くなる麻雀』(鈴木たろう著)、『多井熱』(多井隆晴著)などに協力。

新着記事

Return Top