麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

学生麻雀連盟
猿川・平賀、分かれた感覚派の明暗! RTDリーグ2017 BLACK DIVISION 第8節 43、44回戦レポート

猿川・平賀、分かれた感覚派の明暗! RTDリーグ2017 BLACK DIVISION 第8節 43、44回戦レポート

CABO求人ニルウッドカバー

7/6(木)21:00よりAbemaTV「麻雀チャンネル」にて放送された、RTDリーグBLACK DIVISION 第8節 43、44回戦の様子をお届けします。

レポートは、鈴木聡一郎(最高位戦日本プロ麻雀協会)がお送りします。

前回終了時のポイントはこちら↓

RTDリーグ2017_BLACK_第8節43-44回戦_1_R

 

各人残り6回戦という状況で、マイナス4者の組み合わせとなった43回戦。これは、全員ががむしゃらにトップを狙いにいくところ。

そんな中、南1局で藤田がをポンしてマンガンテンパイのチャンス手で3着からの逆転を目論む。

RTDリーグ2017_BLACK_第8節43-44回戦_2_R

すると、このテンパイに対して、猿川がリーチに出た。

RTDリーグ2017_BLACK_第8節43-44回戦_3_R

ここまでRTDリーグをご覧になった視聴者のみなさんはすでにお感じのことと思うが、猿川は感覚の打ち手である。

理と感覚。

その2つに対し、身を委ねる配分が麻雀打ちの基本姿勢を決めるとするならば、猿川はためらいなく自身の感覚に身を委ねることのできる打ち手だろう。

特に、「待ち」に対しては、シビアに感覚を信じ切ってくるイメージがある。

打点があっても感触がない待ちではリーチしないし、打点が低くても感触がある待ちなら愚形でもリーチといった具合だ。

ここでも、それなりに良く見えるカンで躊躇なくリーチといった。

とはいえ、今回は待ちというより、大局観のような感覚が先に働いたように見える。

対局後に語ったが、「ここで何もできないとこの半荘はたぶんこのまま終わる」。

そういった感覚に寄り添った結果、この勝負リーチを放ったのだと言う。

RTDリーグ2017_BLACK_第8節43-44回戦_4_R

結果、藤田がを掴み、ウラ3で8000。

これでトップ争いに食い込むと、次局でもするりと2つ仕掛けてテンパイを果たす。

RTDリーグ2017_BLACK_第8節43-44回戦_5_R

掴みどころのない猿川には、「するり」「さらり」といった形容が本当によく似合う。

ダブポン、チーでこのカンテンパイなのだが、このには声が出ないプレイヤーも多いだろう。

そこを、猿川はさらりと仕掛ける。

RTDリーグ2017_BLACK_第8節43-44回戦_6_R

そして、ヤマに3枚のをするりと手元に滑り込ませ、あっさり他家のチャンス手をつぶした。

 

オーラスのアガリ競争では、「最速のアガリは三色かチャンタか役牌」と言わんばかりに第1打にを切ると、役牌を2つ残してもツモ切り。

RTDリーグ2017_BLACK_第8節43-44回戦_7_R

は切れても、このは意外にツモ切れない。

アガリ競争で、受けという明確なロスを作ることには勇気が要るため、字牌のどちらかに手がかかりそうなところだ。

もし字牌を切っていると、このアガリはなかったのかもしれない。

RTDリーグ2017_BLACK_第8節43-44回戦_8_R

粘り強くを持ち続けた結果のアガリ。

猿川が、正に自身の感覚に身を委ねた猿川らしい麻雀でトップをもぎ取り、一時300近く背負っていたマイナスを完済して、ついにトータルプラスまでやってきた。

RTDリーグ2017_BLACK_第8節43-44回戦_9_R

 

続く44回戦では、平賀が登場。

平賀も、独特の押し引き感覚に身を委ね、常人には考え付かない過激な押しを見せる打ち手である。

しかし、その平賀がらしくない。

確かに、そつなく打ってはいるのだが、退いたためのアガリ逃しなどもあり、何やら別人のように見えた。

RTDリーグ2017_BLACK_第8節43-44回戦_10_R

それでも、南3局にこの3200をアガり、トップ目に立ってオーラスを迎えた。

RTDリーグ2017_BLACK_第8節43-44回戦_11_R

しかし、そこに待ち受けていたのは、佐々木のオヤリーチ。

RTDリーグ2017_BLACK_第8節43-44回戦_12_R

これに対する平賀は、早くまとまりそうなイーシャンテンだったが、一発でドラそばのを掴む。

RTDリーグ2017_BLACK_第8節43-44回戦_13_R

長考に沈む平賀。

思うに、長考の主が平賀ならば、この長考はおそらく良く結果に結びつかない。

長考とは、すなわち、「理を確かめる時間」だからである。

思考時間が長くなればなるほど、理が感覚を侵食していく。

いわゆる「ノっているときの平賀」は、この手牌でもノータイムでを打ち出すだろう。

しかし、長考によって理に押し込まれた感覚は、押し戻すだけの力を持たず、平賀は現物の打でオリに回った。

RTDリーグ2017_BLACK_第8節43-44回戦_14_R

すると、佐々木があっさりドラをツモって6000オール。

結果、真っすぐ打っても平賀にアガリはなかったが、この半荘全体を通して平賀の良い部分が影を潜めたような印象を受けた。

もし平賀に「残りの半荘でこのまままとめ切る」意識が出てきているのならば、その意識がまずい方向にいかなければよいのだが。

RTDリーグ2017_BLACK_第8節43-44回戦_15_R

RTDリーグ2017_BLACK_第8節43-44回戦_16_R

4位猿川と5位多井の差が100ポイント以上離れ、マイナス組にとっては崖っぷち。

次回、次々回が1つの山場になりそうである。

 

■次回7/10(月)21:00からBLACK DIVISION 第8節45、46回戦をAbemaTV 麻雀チャンネルにて放送予定
https://abema.tv/channels/mahjong/slots/9BWPPL8hxFpFz7

 

藤田晋invitational RTDリーグとは

2014年に麻雀最強位を獲得した藤田晋が、団体の垣根を超え、今最も強いと言われている麻雀プロを招いて開催される長期リーグ戦。
予選ではBLACK DIVISION・WHITE DIVISIONそれぞれ8名ずつの選手が出場し、各ブロック予選全54回戦をすべて放送する。
前代未聞のスケールで開催される今大会は、名実共に最強の雀士を決める戦いと言っても過言ではない。

今期のRTDリーグは、毎週月曜日・木曜日の午後21時から最新対局を放送!!
(日曜日のお昼に、その週の最新対局をまとめて放送)

 

視聴方法:AbemaTV( PC版 / iOS / Android)

▼PC版
http://abema.tv
▼iOS版
https://itunes.apple.com/jp/app/abematv/id1074866833?mt=8
▼Android版
https://play.google.com/store/apps/details?id=tv.abema&hl=ja
視聴は全て無料でご覧いただけます。
--------------------------------------------------------
▼AbemaTV麻雀ch
https://abema.tv/now-on-air/mahjong
▼RTDリーグ公式サイト
https://rtdmonthly.amebaownd.com/
▼AbemaTV麻雀ch公式Twitter
https://twitter.com/abema_mahjong
▼RTDリーグ公式チャンネル(アーカイブ放送)
https://abemafresh.tv/rtdmonthly
--------------------------------------------------------

この記事のライター

鈴木 聡一郎
1983年生、千葉県出身
早稲田大学在学中の2004年、最高位戦日本プロ麻雀協会に入会。
以後10数年に渡り、観戦記者として活動中。
最高位戦以外にも、モンドTV、麻雀スリアロチャンネル、RMUなどの観戦記を執筆。
近年では、AbemaTV麻雀チャンネルの公式ライターとして、RTDリーグなどの観戦記者を務める。
観戦記以外には、書籍『麻雀偏差値70へのメソッド』(石井一馬著)、『最強プロ鈴木たろうの迷わず強くなる麻雀』(鈴木たろう著)、『多井熱』(多井隆晴著)などに協力。

新着記事

Return Top