麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

学生麻雀連盟
ラス目から白鳥の大復活!多井vs猿川、直接対決のゆくえは!? RTDリーグ2017 BLACK DIVISION 第8節 45、46回戦レポート

ラス目から白鳥の大復活!多井vs猿川、直接対決のゆくえは!? RTDリーグ2017 BLACK DIVISION 第8節 45、46回戦レポート

CABO求人ニルウッドカバー

7/10(月)21:00よりAbemaTV「麻雀チャンネル」にて放送された、RTDリーグBLACK DIVISION 第8節 45、46回戦の様子をお届けします。

レポートは、鈴木聡一郎(最高位戦日本プロ麻雀協会)がお送りします。

前回終了時のポイントはこちら↓

RTDリーグ2017_BLACK_第8節45-46回戦_1_R

 

白鳥にとって、この半荘が1つの山場になる。

現在2位なのだが、例えばここでラスを引くようなことがあると、予選敗退の5位以下が見えてきてしまうからだ。

逆に、ここをトップで終えることができると、準決勝進出はかなり安全圏に入ったといえる。

 

一方、どうしてもトップがほしいのは、後がない藤田。

RTDリーグ2017_BLACK_第8節45-46回戦_2_R

藤田は、先行した達也・佐々木を一気にかわす一発ツモ6000オールで、ダントツとなった。

その後も藤田がオヤで連続アガリを決め、5万点まで突き抜けた4本場。

ここまで防戦一方だった白鳥が前に出る。

RTDリーグ2017_BLACK_第8節45-46回戦_3_R

ヤマに残っていそうな(佐々木の第1打が、達也のツモ切りから、を持っていなさそう)を引くと、ここでを打ち出し、完全にチートイツ1本に的を絞る。

RTDリーグ2017_BLACK_第8節45-46回戦_4_R

すると、実際にヤマに2枚残りのを引き入れ、リーチ。

佐々木との2軒リーチになるが、先に發を引くと、ウラが2枚で3000・6000。

RTDリーグ2017_BLACK_第8節45-46回戦_5_R

このアガリで一気に2着目まで浮上すると、南1局では、佐々木のオヤリーチ、藤田のドラポンに対してダマテンで押し、見事に高目のを佐々木から打ち取った。

RTDリーグ2017_BLACK_第8節45-46回戦_6_R

この8000で2着の地盤を固めると、オーラスのオヤで藤田を追い詰める。

RTDリーグ2017_BLACK_第8節45-46回戦_7_R

さて、何を切るか。

追いかける立場のオヤとしては、一刻も早くリーチをかけて相手の手に錠をかけたいところ。

そのため、イーシャンテンを目一杯広く受ける打が選ばれがちなのだが、白鳥は冷静にを打ち出した。

供託2000点のあるこの状況でほしいのは、リーチによるテンパイ料ではなく、アガリそのものである。

では、この手牌でのアガリとは何か。

この手牌でアガリまでの最短を通るには、をポンしたタンヤオか、からの好形変化が必要になるのではないか。

そう考えれば、1枚切れているを切ることのロスは、実質的に1枚だけであり(はタンヤオに向かう材料になるため)、残したから得られるリターンは、そのロスと引き換えるには十分見合うというわけだ。

RTDリーグ2017_BLACK_第8節45-46回戦_8_R

すると、この選択がピタリとはまる。

すぐにをポンすると、佐々木のリーチにうまく回って最終手番でテンパイし、ホウテイで佐々木からアガって2900。

RTDリーグ2017_BLACK_第8節45-46回戦_9_R

供託3000点を含め、あっという間に藤田に並ぶと、次局でトップを決める4000オール。

RTDリーグ2017_BLACK_第8節45-46回戦_10_R

RTDリーグ2017_BLACK_第8節45-46回戦_11_R

白鳥が、大きな大きな逆転トップで山場を制し、準決勝進出の安全圏に入り込んだ。

 

続く46回戦でも、各人の山場は続く。

RTDリーグ2017_BLACK_第8節45-46回戦_12_R

前半荘で白鳥が抜けてしまったため、5位多井の標的は平賀・猿川の2人にほぼ絞られた。

多井としては、特にポイントの近い猿川を標的にしていきたいところ。

RTDリーグ2017_BLACK_第8節45-46回戦_13_R

すると、多井がその猿川からダマテンで8000を打ち取り、東2局にして理想的なトップラス状態を作り上げる。

しかし、その後、多井らしくない猿川への連続放銃で、逆に多井がラス目まで落ちてしまった。

RTDリーグ2017_BLACK_第8節45-46回戦_14_R

それでも、南3局で滝沢とのリーチ合戦を制してトップを再逆転し、なんとか猿川とトップ・3着を決め、猿川とのポイント差を大きく詰めることに成功している。

RTDリーグ2017_BLACK_第8節45-46回戦_15_R

RTDリーグ2017_BLACK_第8節45-46回戦_16_R

前年度覇者多井が、ジリジリ上がってきたことで、4位猿川には大きなプレッシャーがかかっていることだろう。

残るは各人4回戦である。

 

■次回7/13(木)21:00からBLACK DIVISION 第8節47、48回戦をAbemaTV 麻雀チャンネルにて放送予定
https://abema.tv/channels/mahjong/slots/AXjmGD1KdVjHif

 

藤田晋invitational RTDリーグとは

2014年に麻雀最強位を獲得した藤田晋が、団体の垣根を超え、今最も強いと言われている麻雀プロを招いて開催される長期リーグ戦。
予選ではBLACK DIVISION・WHITE DIVISIONそれぞれ8名ずつの選手が出場し、各ブロック予選全54回戦をすべて放送する。
前代未聞のスケールで開催される今大会は、名実共に最強の雀士を決める戦いと言っても過言ではない。

今期のRTDリーグは、毎週月曜日・木曜日の午後21時から最新対局を放送!!
(日曜日のお昼に、その週の最新対局をまとめて放送)

 

視聴方法:AbemaTV( PC版 / iOS / Android)

▼PC版
http://abema.tv
▼iOS版
https://itunes.apple.com/jp/app/abematv/id1074866833?mt=8
▼Android版
https://play.google.com/store/apps/details?id=tv.abema&hl=ja
視聴は全て無料でご覧いただけます。
--------------------------------------------------------
▼AbemaTV麻雀ch
https://abema.tv/now-on-air/mahjong
▼RTDリーグ公式サイト
https://rtdmonthly.amebaownd.com/
▼AbemaTV麻雀ch公式Twitter
https://twitter.com/abema_mahjong
▼RTDリーグ公式チャンネル(アーカイブ放送)
https://abemafresh.tv/rtdmonthly
--------------------------------------------------------

この記事のライター

鈴木 聡一郎
1983年生、千葉県出身
早稲田大学在学中の2004年、最高位戦日本プロ麻雀協会に入会。
以後10数年に渡り、観戦記者として活動中。
最高位戦以外にも、モンドTV、麻雀スリアロチャンネル、RMUなどの観戦記を執筆。
近年では、AbemaTV麻雀チャンネルの公式ライターとして、RTDリーグなどの観戦記者を務める。
観戦記以外には、書籍『麻雀偏差値70へのメソッド』(石井一馬著)、『最強プロ鈴木たろうの迷わず強くなる麻雀』(鈴木たろう著)、『多井熱』(多井隆晴著)などに協力。

新着記事

Return Top