麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

スリアロチャンネル
平賀vs白鳥の当確を争う直接対決!後がない藤田の大逆転!? RTDリーグ2017 BLACK DIVISION 最終節 49、50回戦レポート

平賀vs白鳥の当確を争う直接対決!後がない藤田の大逆転!? RTDリーグ2017 BLACK DIVISION 最終節 49、50回戦レポート

BULL2021求人全自動麻雀卓スリムプラススコア

7/31(月)21:00よりAbemaTV「麻雀チャンネル」にて放送された、RTDリーグBLACK DIVISION 第9節(最終節) 49、50回戦の様子をお届けします。

レポートは、鈴木聡一郎(最高位戦日本プロ麻雀協会)がお送りします。

前回までのポイントはこちら↓

RTDリーグ2017_BLACK_第9節49-50回戦_1_R

 

長期にわたる戦いも、ついに最終節。

先日、一足先に終了したWHITE DIVISIONの勝ち上がり者と準決勝で戦うことになる4名は誰なのか。

残り6回戦(各人3回戦ずつ)終了時にトータル4位までが準決勝進出となる。

 

49回戦での注目は猿川・多井の準決勝進出ボーダー直接対決。

しかし、ここに割って入ったのはトータル首位で、準決勝当確を果たしている佐々木だった。

トータルポイントに余裕のある佐々木は、ポイントを半分持ちこす準決勝を見据え、ポイントを叩き出すべく、普段通りに押していく。

RTDリーグ2017_BLACK_第9節49-50回戦_2_R

東1局でも、こんなチートイツとメンツ手の天秤がかかる大物手のイーシャンテンから、1枚目のをポンしてあっさりテンパイを組むと、すぐに多井がツモ切ったで3900をアガる。

 

RTDリーグ2017_BLACK_第9節49-50回戦_3_R

さらに、リーチで加点した直後、をポンしているオヤ多井のこの仕掛けに対し、ドラのをすっと押していくと、のダマテンを選択。

RTDリーグ2017_BLACK_第9節49-50回戦_4_R

多井の現物でもリーチにいくイメージがある佐々木だが、ここは辛くダマテンでかわし手を決めた。

RTDリーグ2017_BLACK_第9節49-50回戦_5_R

その後も仕掛けで前に出て、相手の手をかわしていった佐々木、オーラスをトップ目で迎えた。

RTDリーグ2017_BLACK_第9節49-50回戦_6_R

ここで、猿川が「一発でドラをツモると逆転トップ」というリーチをかける。

RTDリーグ2017_BLACK_第9節49-50回戦_7_R

これに対し、猿川と準決勝進出を争う多井は、長考の末に一発で引いたをツモ切った。

猿川にトップを取らせないための苦渋の決断である。

RTDリーグ2017_BLACK_第9節49-50回戦_8_R

かくして、猿川・多井の対決は、多井がなんとか70ポイント差で留めて望みをつないだ形となった。

トップの佐々木は再び400オーバーとしている。

 

続く50回戦では、トータル2位争いの平賀と白鳥が直接対決。

両名とも、ここでトップを取れば準決勝進出は確定する。

RTDリーグ2017_BLACK_第9節49-50回戦_9_R

そんな中、白鳥にドラのと連続でポンさせた平賀が、自信のカンでリーチに出た。

これに対し、白鳥はさらにでチーしてテンパイ。

RTDリーグ2017_BLACK_第9節49-50回戦_10_R

そこに持ってきた4枚目のドラ

これをどうするか。

加カンしてもハネマンが確定するわけではないため、アンパイとしてツモ切るという選択が無難に映る。

ここでカンしてしまうと、ウラドラもつく相手に対してドラを増やし、さらに放銃リスクも1回分多く負うことになるからだ。

しかし、白鳥は加カンを選択した。

これは、1巡でも早く自分のアガリ牌を引くことを重視した攻撃的思考であり、うまくバランスを取っていく白鳥にしては珍しい打牌のように見える。

RTDリーグ2017_BLACK_第9節49-50回戦_11_R

すると、結果はリンシャンツモで3000・6000。

トップ目に立つハネマンに仕上げてみせた。

 

一方、ライバル平賀もオヤ番を迎えると、藤田とのリーチに競り勝って6000オール。

RTDリーグ2017_BLACK_第9節49-50回戦_12_R

トップ目の白鳥をまくっていくと、次局では4巡目のドラ1両面という申し分ないオヤリーチ。

RTDリーグ2017_BLACK_第9節49-50回戦_13_R

平賀が突き抜けてしまうかと思われたが、これを止めたのは白鳥だった。

RTDリーグ2017_BLACK_第9節49-50回戦_14_R

一発目こそ安全牌のを打ち出した白鳥だったが、次巡にドラがアンコになると、のトイツ落としで粘っていく。

すると、カンチーの後にテンパイを果たし、無スジのを勝負して土俵に上がる。

RTDリーグ2017_BLACK_第9節49-50回戦_15_R

そして、とさらに無スジを切り飛ばし、平賀からでマンガンを打ち取った。

RTDリーグ2017_BLACK_第9節49-50回戦_16_R

これで白鳥が再逆転でトップ目に立つと、オヤ番でも連荘し、独走態勢に入る。

 

しかし、ここで粘り見せたのがは藤田。

RTDリーグ2017_BLACK_第9節49-50回戦_17_R

もうトップを取るしかない藤田は、チートイツのテンパイを崩して、このツモりスーアンコのテンパイまでたどり着く。

ヤマには3枚残っており、ラス目藤田のリーチに向かいにくい局面であるため、1人旅でのツモアガリが期待された。

ところが、あろうことかトップ目白鳥が一発目に無スジのを切って追いかけリーチを放つと、そのままツモアガってしまう。

RTDリーグ2017_BLACK_第9節49-50回戦_18_R

白鳥が、藤田の大逆転手を力技で粉砕すると同時に、自身のトップを決めていった。

RTDリーグ2017_BLACK_第9節49-50回戦_19_R

RTDリーグ2017_BLACK_第9節49-50回戦_20_R

意志をもって攻撃に徹した白鳥が、渾身のトップで準決勝進出を確定させている。

逆に、さらにマイナスを重ねた達也・藤田は、自力での準決勝進出は消滅。自身が2連勝を飾ることを前提とし、猿川・多井が落ちてくることが条件として加わる厳しい結果となった。

残すは、51~54回戦の4半荘となっている。

 

■次回8/3(木)21:00からBLACK DIVISION 第9節(最終節)51、52回戦をAbemaTV 麻雀チャンネルにて放送予定
https://abema.tv/channels/mahjong/slots/9EtmgS6Sce69Pm

 

藤田晋invitational RTDリーグとは

2014年に麻雀最強位を獲得した藤田晋が、団体の垣根を超え、今最も強いと言われている麻雀プロを招いて開催される長期リーグ戦。
予選ではBLACK DIVISION・WHITE DIVISIONそれぞれ8名ずつの選手が出場し、各ブロック予選全54回戦をすべて放送する。
前代未聞のスケールで開催される今大会は、名実共に最強の雀士を決める戦いと言っても過言ではない。

今期のRTDリーグは、毎週月曜日・木曜日の午後21時から最新対局を放送!!
(日曜日のお昼に、その週の最新対局をまとめて放送)

 

視聴方法:AbemaTV( PC版 / iOS / Android)

▼PC版
http://abema.tv
▼iOS版
https://itunes.apple.com/jp/app/abematv/id1074866833?mt=8
▼Android版
https://play.google.com/store/apps/details?id=tv.abema&hl=ja
視聴は全て無料でご覧いただけます。
--------------------------------------------------------
▼AbemaTV麻雀ch
https://abema.tv/now-on-air/mahjong
▼RTDリーグ公式サイト
https://rtdmonthly.amebaownd.com/
▼AbemaTV麻雀ch公式Twitter
https://twitter.com/abema_mahjong
▼RTDリーグ公式チャンネル(アーカイブ放送)
https://abemafresh.tv/rtdmonthly
--------------------------------------------------------

この記事のライター

鈴木 聡一郎
1983年生、千葉県出身
早稲田大学在学中の2004年、最高位戦日本プロ麻雀協会に入会。
以後10数年に渡り、観戦記者として活動中。
最高位戦以外にも、モンドTV、麻雀スリアロチャンネル、RMUなどの観戦記を執筆。
近年では、AbemaTV麻雀チャンネルの公式ライターとして、RTDリーグなどの観戦記者を務める。
観戦記以外には、書籍『麻雀偏差値70へのメソッド』(石井一馬著)、『最強プロ鈴木たろうの迷わず強くなる麻雀』(鈴木たろう著)、『多井熱』(多井隆晴著)などに協力。

新着記事

Return Top