麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

学生麻雀連盟
勝又の鋭利なかわし手順!白鳥が自らに求める次元! RTDリーグ2017準決勝第1節1、2回戦レポート

勝又の鋭利なかわし手順!白鳥が自らに求める次元! RTDリーグ2017準決勝第1節1、2回戦レポート

CABO求人ニルウッドカバー

8/12(土)14:00よりAbemaTV「麻雀チャンネル」にて放送された、RTDリーグ準決勝第1節1、2回戦の様子をお届けします。

レポートは、鈴木聡一郎(最高位戦日本プロ麻雀協会)がお送りします。

開始時のポイントはこちら↓

2017RTD_準決勝1、2回戦_1_R

準決勝は、予選のポイントを半分持ち越しでスタートする。

全20回戦(各人10回戦)を打ち、上位4名が決勝進出となる(決勝へのポイント持ち越しはない)。

 

1回戦、東1局から強烈なテンパイを組んだのはオヤの勝又。

2017RTD_準決勝1、2回戦_2_R

12000で打点は十分なため、ダマテンに構える。

「みんな切りそうなだったからダマテンにした」と語る勝又の読み通り、マンズの情報がない佐々木以外は、をツモ切ってもおかしくない手牌であった。

1つ想定外だったのは、同巡、村上にドラを打たれたこと。

このまま放っておくと、村上に追いつかれてしまう。

ならばと、今度はツモ切りリーチで圧をかけにいった。

2017RTD_準決勝1、2回戦_3_R

しかし、時すでに遅し。

この1巡で安全牌のを抱えることに成功した村上からすぐに追いかけリーチがかかり、安目ながら勝又のが捕まった。

2017RTD_準決勝1、2回戦_4_R

打点は2000だが、それ以上に12000のテンパイを蹴られたショックが大きいだろう。

 

ところが、揺れないメンタルが持ち味の勝又。

2017RTD_準決勝1、2回戦_5_R

東2局で3000・6000を決めてトップ目に立つと、東4局では冷静な打ちまわしを見せた。

2017RTD_準決勝1、2回戦_6_R

切りでテンパイを組み、手替わりを待つのがマジョリティだろうか。

一方、勝又の選択は打のテンパイ取らず。

すると、すぐにと引いてのダマテンに構える。

2017RTD_準決勝1、2回戦_7_R

打点はたったの1300だが、村上・猿川の2軒リーチをかわす大きなアガリとなった。

この残しは地味にすごい。

確かに、の切れ具合からが少しだけ良さそうで、おそらくポンの単騎なども想定に入っていたのだろう。

とはいえ、気持ちよく即リーチにいけるのはを引いたときだけであり、それならばいったんテンパイを組み、ドラ周りの手替わりのみを待つほうが良く見えても不思議はない。

それでも、柔らかく打と構え、次巡のを捉えたところ。

さらに次巡のツモで、自分本位の打点優先でカンリーチとせず、相手から攻撃が飛んでくることを読み切り、かわし手としたところ。

柔らかさと鋭さを兼ね備えた勝又らしいアガリに見えた。

 

勝又は、南3局でもダマテンを選択。

2017RTD_準決勝1、2回戦_8_R

すると、ここでもやはり村上のトイトイ仕掛け、

2017RTD_準決勝1、2回戦_9_R

猿川のリーチが襲い掛かる。

2017RTD_準決勝1、2回戦_10_R

ならば、勝又としてはどこでオリに回るかを探っていくことになりそうだが、その前に猿川がを掴み、勝又のアガリとなった。

2017RTD_準決勝1、2回戦_11_R

2017RTD_準決勝1、2回戦_12_R

準決勝開始時に最下位だった勝又が初戦でトップを取ったことで、視聴者としては面白い展開となっている。

 

2回戦では、白鳥が躍動。

平たい点数状況で南入すると、たろうのドラポン、平賀のリーチをかいくぐり、平賀からで8000を打ち取った。

2017RTD_準決勝1、2回戦_13_R

すると、オヤ番でもアガり、1人3万点台のトップ目で迎えた南2局1本場。平賀からリーチがかかった。

2017RTD_準決勝1、2回戦_14_R

この捨て牌でチートイツと読み切るのはほぼ不可能だろう。

これに対する白鳥。

2017RTD_準決勝1、2回戦_15_R

ベタオリしないのであれば、いったんに手がかかるところだが、白鳥は打からのベタオリを選択した。

を切らずに粘っていくが、終盤に手詰まりとなっては、切る牌はしかない。

2017RTD_準決勝1、2回戦_16_R

平賀への8000放銃となった。

2017RTD_準決勝1、2回戦_17_R

次局に移っても、なにやらこの放銃に思考を巡らせているような白鳥。その真意が、対局後に明らかになった。

白鳥「読み切れていなかった。確かにチートイツとはわかりにくい捨て牌だったが、そういう(読みの精度という)部分で勝負しているから・・・」

これには驚いた。白鳥が自らに課すレベルとは、先ほどの捨て牌ですら、チートイツが若干でも濃く映るような次元ということなのだろう。

こういう飽くなき探求心が、白鳥をさらなる高みへと飛翔させる。

 

南4局では、ウラ1条件のリーチをアガってウラ1。

2017RTD_準決勝1、2回戦_18_R

2600でギリギリ再逆転を果たし、初戦をトップで飾る。

このウラ1には白鳥もしびれたようで、「日頃の行いがいいわあ」と漏らした。

2017RTD_準決勝1、2回戦_19_R

初戦を終えて白鳥が下位を少し離したが、首位の佐々木でさえもまだわからない。

 

■次回8/23(水)17:00から準決勝2日目をAbemaTV 麻雀チャンネルにて生放送予定
https://abema.tv/channels/mahjong/slots/AFynmbeFDjrMVH

 

藤田晋invitational RTDリーグとは

2014年に麻雀最強位を獲得した藤田晋が、団体の垣根を超え、今最も強いと言われている麻雀プロを招いて開催される長期リーグ戦。
予選ではBLACK DIVISION・WHITE DIVISIONそれぞれ8名ずつの選手が出場し、各ブロック予選全54回戦をすべて放送する。
前代未聞のスケールで開催される今大会は、名実共に最強の雀士を決める戦いと言っても過言ではない。

今期のRTDリーグは、毎週月曜日・木曜日の午後21時から最新対局を放送!!
(日曜日のお昼に、その週の最新対局をまとめて放送)

 

視聴方法:AbemaTV( PC版 / iOS / Android)

▼PC版
http://abema.tv
▼iOS版
https://itunes.apple.com/jp/app/abematv/id1074866833?mt=8
▼Android版
https://play.google.com/store/apps/details?id=tv.abema&hl=ja
視聴は全て無料でご覧いただけます。
--------------------------------------------------------
▼AbemaTV麻雀ch
https://abema.tv/now-on-air/mahjong
▼RTDリーグ公式サイト
https://rtdmonthly.amebaownd.com/
▼AbemaTV麻雀ch公式Twitter
https://twitter.com/abema_mahjong
▼RTDリーグ公式チャンネル(アーカイブ放送)
https://abemafresh.tv/rtdmonthly
--------------------------------------------------------

この記事のライター

鈴木 聡一郎
1983年生、千葉県出身
早稲田大学在学中の2004年、最高位戦日本プロ麻雀協会に入会。
以後10数年に渡り、観戦記者として活動中。
最高位戦以外にも、モンドTV、麻雀スリアロチャンネル、RMUなどの観戦記を執筆。
近年では、AbemaTV麻雀チャンネルの公式ライターとして、RTDリーグなどの観戦記者を務める。
観戦記以外には、書籍『麻雀偏差値70へのメソッド』(石井一馬著)、『最強プロ鈴木たろうの迷わず強くなる麻雀』(鈴木たろう著)、『多井熱』(多井隆晴著)などに協力。

新着記事

Return Top