麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

大洋技研株式会社
佐々木vs平賀の斬り合い!脇から石を投げ続ける小林! RTDリーグ2017決勝初日1、2回戦レポート

佐々木vs平賀の斬り合い!脇から石を投げ続ける小林! RTDリーグ2017決勝初日1、2回戦レポート

CABO求人全自動麻雀卓スリム

10/26(木)17:00よりAbemaTV「麻雀チャンネル」にて放送された、RTDリーグ決勝1、2回戦の様子をお届けします。

レポートは、鈴木聡一郎(最高位戦日本プロ麻雀協会)がお送りします。

 

2017RTD_決勝1、2回戦_1_R

ついに2日間にわたる決勝戦が開幕。

ポイントはリセット。全員ゼロからスタートし、2日間計8回戦で最もポイントを積み上げた者がRTDリーグ2017王者となる。

 

1回戦、開局と同時にバラバラからスタイル通りにとポンしていった小林。前巡にを引いてドラを切ると、小三元含みのホンイツイーシャンテンまで持ってきた。

2017RTD_決勝1、2回戦_2_R

しかし、ここで佐々木のリーチに一発で掴んだをツモ切ると、佐々木が5200のアガリ。

2017RTD_決勝1、2回戦_3_R

すると、次局にも佐々木が真っすぐ打ち進めてリーチをかけると、白鳥に追いかけられるも、ツモアガリ。

2017RTD_決勝1、2回戦_4_R

打点こそ1000オールだが、「真っすぐに打ち進めてリーチでアガる」というスタイル通りの麻雀が2局連続で通ったことで、佐々木が場の空気を支配した。

あまりのそつのなさに、この時点でこんなことまで言い出す者もいたぐらいだ。

たろう「これは寿人優勝かな」

一同「早いわ!」

たろう「まだ早いのはわかるんだけど、こんな感じで優勝するイメージあるじゃん。それをイメージさせちゃうのが寿人の強いとこだよね」

たろうに2局でここまで言わせてしまう佐々木の強さと充実ぶりなのだが、この空気を切り裂いたのは平賀。

2017RTD_決勝1、2回戦_5_R

平賀は、なんと両面テンパイを拒否してのシャンポン待ちリーチをかけていく。

は2枚切れ、は1枚も切れておらず、枚数的には6枚対4枚での方が多いのだが、この待ち取りの真意とはなんなのだろうか。

平賀「枚数的には4枚対6枚で2枚少ないんだけど、ポンが入ってて、が出アガリも期待できる牌になってるから、出アガリも含めると2枚差を埋めるだけの待ちになってると思うんだよね」

そして、当然、使いにくいはヤマに残っている可能性も高いというわけで、この時点で実際にヤマに残っている枚数は両面4枚対シャンポン4枚。

枚数的には互角であり、それならば出アガリしやすい分、シャンポンがかなり有利になるだろう。

2017RTD_決勝1、2回戦_6_R

そして、狙ったをツモって2000・4000。

佐々木に肉薄する。

 

それでもブレない佐々木は、次局もまっすぐ進めてカンリーチ。

2017RTD_決勝1、2回戦_7_R

それにしても、佐々木は本当によくリーチがかかる。

2017RTD_決勝1、2回戦_8_R

小林も一発で掴んだ無スジのを平然とツモ切ると、ペンチーでペンのテンパイ。

それにしても、小林は本当によく仕掛ける。

佐々木と平賀の斬り合っているところに、少し遠くから石を投げているというイメージだ。

当然当たってもダメージは大きくないことが多いのだが、これがだんだん効いてくるのである。

2017RTD_決勝1、2回戦_9_R

しかし、ここは小林の投石も実らず、佐々木がカンの後にツモって1600・3200。

佐々木が再びトップ目に立った。

 

佐々木トップのまま南2局を迎えると、ソウズホンイツの白鳥が切ったドラをポンしたのは平賀。

2017RTD_決勝1、2回戦_10_R

シャンポンのテンパイを組む。だとハネマン、でもマンガンである。

この仕掛けに対し、オヤ番の佐々木が当然のようにリーチ。

2017RTD_決勝1、2回戦_11_R

3枚切れの苦しいでリーチのみだが、ドラポンに向かっていた。

2017RTD_決勝1、2回戦_12_R

しかし、ここは佐々木がを掴み、平賀の12000が炸裂。

佐々木との斬り合いを制し、平賀が初戦をトップで飾った。

2017RTD_決勝1、2回戦_13_R

 

 

2回戦

1回戦から引き続き、戦える手がなかなか入らず苦しい白鳥に、ついにドラアンコのリーチが入った。

2017RTD_決勝1、2回戦_14_R

しかし、このリーチに対してをポンしてを勝負した小林が、あっという間に白鳥の現物を平賀からアガって2000でかわしてしまう。

2017RTD_決勝1、2回戦_15_R

 

それでも、白鳥は最善を重ね続ける。

2枚切れとなったをしっかりと残して重ねると、ポン、カンチーで最後のをツモって、4者テンパイを1300・2600でくぐり抜けてみせた。

2017RTD_決勝1、2回戦_16_R

 

ところが、白鳥のオヤ番では小林の無慈悲な早いリーチで1300・2600のオヤかぶり。

2017RTD_決勝1、2回戦_17_R

結果、これが小林トップの決め手となるのだが、この1300・2600の捉え方は人それぞれだろう。

「たまたま入った早いリーチでトップを取っただけじゃないか」と思われる方もいるかもしれないが、私は全く別の見解である。

小林は、「たまたま入った早いリーチが活きる点数状況にするために、仕掛け続けた」のである。

ぜひ放送を見返してほしい。

佐々木と平賀が激しく斬り合っている最中でも、小林はとにかく仕掛けて石を投げ続けたのである。

確かに、小林の仕掛けは、平賀や佐々木がつける刀傷に比べれば、致命傷には程遠い。

しかし、自身が致命傷を負うリスクも低くしながら、ダメージを与え続けることができる戦い方なのである。

そこで、もし早いリーチのような好機がきたのなら、刀に持ち替えてバッサリだ。

耐え忍んで石を投げ続け、好機を待つスタイル。

これこそが、小林が最強と信じる道なのである。

2017RTD_決勝1、2回戦_18_R

2回戦が終わり、運営のところまで正確なポイントを確認しにきたのは唯一小林だった。

確認しないのが普通だろう。まだ2回戦だし、趨勢はわかるからだ。

平賀など、隣で小林がポイントを見ているのに見向きもしない。

このコントラストが面白い。

平賀のような侍にはまだ正確なポイント状況は不要だが、やはり投石屋にとっては必要なのである。

 

■次回11/3(祝)17:00から決勝最終日をAbemaTV 麻雀チャンネルにて生放送予定
https://abema.tv/channels/mahjong/slots/8Sy7WoZumTLRxK

 

藤田晋invitational RTDリーグとは

2014年に麻雀最強位を獲得した藤田晋が、団体の垣根を超え、今最も強いと言われている麻雀プロを招いて開催される長期リーグ戦。
予選ではBLACK DIVISION・WHITE DIVISIONそれぞれ8名ずつの選手が出場し、各ブロック予選全54回戦をすべて放送する。
前代未聞のスケールで開催される今大会は、名実共に最強の雀士を決める戦いと言っても過言ではない。

今期のRTDリーグは、毎週月曜日・木曜日の午後21時から最新対局を放送!!
(日曜日のお昼に、その週の最新対局をまとめて放送)

 

視聴方法:AbemaTV( PC版 / iOS / Android)

▼PC版
http://abema.tv
▼iOS版
https://itunes.apple.com/jp/app/abematv/id1074866833?mt=8
▼Android版
https://play.google.com/store/apps/details?id=tv.abema&hl=ja
視聴は全て無料でご覧いただけます。
--------------------------------------------------------
▼AbemaTV麻雀ch
https://abema.tv/now-on-air/mahjong
▼RTDリーグ公式サイト
https://rtdmonthly.amebaownd.com/
▼AbemaTV麻雀ch公式Twitter
https://twitter.com/abema_mahjong
▼RTDリーグ公式チャンネル(アーカイブ放送)
https://abemafresh.tv/rtdmonthly
--------------------------------------------------------

この記事のライター

鈴木 聡一郎
1983年生、千葉県出身
早稲田大学在学中の2004年、最高位戦日本プロ麻雀協会に入会。
以後10数年に渡り、観戦記者として活動中。
最高位戦以外にも、モンドTV、麻雀スリアロチャンネル、RMUなどの観戦記を執筆。
近年では、AbemaTV麻雀チャンネルの公式ライターとして、RTDリーグなどの観戦記者を務める。
観戦記以外には、書籍『麻雀偏差値70へのメソッド』(石井一馬著)、『最強プロ鈴木たろうの迷わず強くなる麻雀』(鈴木たろう著)、『多井熱』(多井隆晴著)などに協力。

新着記事

Return Top