麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

学生麻雀連盟
ロボ小林の誤作動!?佐々木とたろうのホンイツ手順! RTDリーグ2018 WHITE DIVISION 17-18回戦、BLACK DIVISION13-14回戦レポート

ロボ小林の誤作動!?佐々木とたろうのホンイツ手順! RTDリーグ2018 WHITE DIVISION 17-18回戦、BLACK DIVISION13-14回戦レポート

麻雀の頂全自動麻雀卓スリム

3/19(月)および3/22(木)21:00よりAbemaTV「麻雀チャンネル」にて放送された、RTDリーグ2018 WHITE DIVISION 17-18回戦およびBLACK DIVISION 13-14回戦の様子をお届けします。

レポートは、鈴木聡一郎(最高位戦日本プロ麻雀協会)がお送りします。

 

▼▼▼BLACK 14回戦:ロボ小林、誤作動がありつつも重要局面では正常運転▼▼▼

RTD2018_WH17-18回戦_BL13-14回戦_1_R

安定した成績でトータル2位につける小林が、いきなり意外な手順を見せる。

RTD2018_WH17-18回戦_BL13-14回戦_2_R

お気づきだろうか。

北家の小林が、をポンしていないのである。

これは面白いなと思って見ていたのだが、鳴かなかったのはただのうっかりだと言う。

小林「からチーすれば自然にホンイツになるかな〜とか考え事してたら、もっと大事なを鳴き忘れた」

とのこと。

決して感情を表に出さず、淡々と正確な手順を続けることからロボと評される小林だが、そんな麻雀ロボ小林でもミスはある。

 

すると、次局でも意外な打牌。

RTD2018_WH17-18回戦_BL13-14回戦_3_R

を引いた小林は、ここからを打つ。

これまたおかしい。

そもそもこの手牌からの打が他の選択肢に劣るのではないかというのは元より、ここで打とするなら前巡に打ったとの整合性が取れないからだ。

では、何を切ればいいのかというと、辺りに絞られそうなところ。

】 安全度の高いを残しながら5ブロックに構えて真っすぐアガリを目指す。を引けば三色も追える。

】 安全度の高いを残しながら5ブロックに構えて真っすぐアガリを目指す。三色はなくなるが、をポンしたときに必ず両面テンパイになるのが強み。

】 保留の1打。6ブロックに構え、ポンにも、引きのピンフにも、三色にも対応できる。

 

前巡に打で6ブロックに構えたのであれば、ここでもで6ブロックに構えるのが自然に見えるが、上記3牌であれば何を切ってもいいように思える。

ただ、前述の通り、だけは前巡に打ったとの整合性が取れない。

ここでを切るぐらいなら、前巡にを打っておき、1アンコ3トイツでトイツ手の可能性を残した方が良さそうだからである。

これも小林に理由を尋ねたのだが、その回答が意外だった。

小林「切りがいい気がするけど、はなんで切ったかわからん( ̄▽ ̄;) 切りはトイツ・コーツ好きなシロウトの打牌だね」

なんと、これもミスだったのである(笑)

仕掛けが利く手牌だけに、仕掛け巧者の小林にしては珍しい手順ミスに見えたが、なんとこの手順が最速最高打点に仕上がってしまう。

RTD2018_WH17-18回戦_BL13-14回戦_4_R

小林の順風度合いを表すかのようなアガリである。

 

しかし、こんな誤作動がありながらも、やはり超重要局面では正常運転に修正してくるところはさすが。

RTD2018_WH17-18回戦_BL13-14回戦_5_R

小林は、軽快にをポンした5800でトップ目に立つと、南3局でもこのテンパイ。

RTD2018_WH17-18回戦_BL13-14回戦_6_R

が4枚見え、が3枚見えでは絶好の狙い目だが、小林はそれを拒否して2枚切れの単騎に受けていく。

小林「も絶好だと思ったけど、後に危険牌を引いたときに安全にテンパイを組めるよう、打ちやすいに受けた。でもアガりやすいしね」

すると、正にその言葉通り、打ちにくい生牌のを掴むと、安全なを打って単騎に受け替え。

RTD2018_WH17-18回戦_BL13-14回戦_7_R

そして、テンパイを維持しなければならないオヤの村上から、ホウテイで8000を打ち取った。

RTD2018_WH17-18回戦_BL13-14回戦_8_R

ミスはありつつも、重要な局面では正確な手順を打ち続ける小林。

順風にも乗り、首位に返り咲いた。

 

▼▼▼BLACK 13回戦:松本、念願の初トップ!▼▼▼

RTD2018_WH17-18回戦_BL13-14回戦_9_R

ここまで惜しいところで逆転される展開でノートップの松本だったが、オヤでこの12000をアガると、今度はトップを守り切った。

RTD2018_WH17-18回戦_BL13-14回戦_10_R

RTD2018_WH17-18回戦_BL13-14回戦_11_R

あまりのうれしさにこの表情。

他のプレイヤーと比べると実績ではどうしても劣ってしまう最年少の松本には、今期で負ければ次がないという意識がある。

そういう気持ちも汲めば、それはそれはうれしいトップだったろう。

本当にうれしいだろうな、うれしいよな。

まっちゃん、おめでとう!ここから反撃開始だ!

RTD2018_WH17-18回戦_BL13-14回戦_12_R

 

▼▼▼WHITE 17回戦:ホンイツ評論家佐々木の隠れたホンイツ手順▼▼▼

RTD2018_WH17-18回戦_BL13-14回戦_13_R

まっすぐに打ち進めてリーチをかける印象が強い佐々木だが、ホンイツ評論家と自称するように、ホンイツ手順も実にうまい。

RTD2018_WH17-18回戦_BL13-14回戦_14_R

トップ目で迎えた東4局オヤ番。

真っすぐに進めるならから字牌を切っていくところだが、佐々木の選択は打

これは、ホンイツをメインに睨んだ手順といえるだろう。

ペンを残すより、役牌の重なり期待でホンイツを見据え、安全度の高い字牌を残した方がいいという判断。

仮にホンイツにならなかった場合でも、安手はあまり要らない点数状況であるため、ドラからの1メンツを想定すると、から1メンツ、ソウズで2メンツ1雀頭が見込めるため、ペンは構想から外してよい。

RTD2018_WH17-18回戦_BL13-14回戦_15_R

そして、ピンズが伸びてこの形になったところからまっすぐに字牌を打ち出していき、リーチツモウラ1で2600オール。

RTD2018_WH17-18回戦_BL13-14回戦_16_R

アガリ形はホンイツではないが、打点と安全度を兼ねた絶妙なホンイツ手順で決め手を作り、佐々木が連勝を重ねた。

RTD2018_WH17-18回戦_BL13-14回戦_17_R

 

▼▼▼WHITE 18回戦:もう1人のホンイツ評論家たろうのホンイツ手順▼▼▼

「おれもヒサトに負けないぐらいホンイツにはこだわりがあるよ」とは、たろうの弁。

RTD2018_WH17-18回戦_BL13-14回戦_18_R

さて、この手牌から何を切ろうか。

トップ目であることを考えれば、1枚切れのを切っておき、仕掛けたのみというのが無難な進行に見える。

ところが、たろうの選択は打

この手牌、たろうにはマンガンに見えている。

すなわち、を重ねた役役ホンイツである。もしくは遠くの小四喜までか。

RTD2018_WH17-18回戦_BL13-14回戦_19_R

そして、オタ風のを1枚目から仕掛けていくと、和久津のリーチ一発目にテンパイを果たし、猿川のを捉えた。

RTD2018_WH17-18回戦_BL13-14回戦_20_R

トップ目とはいえ、2着目とわずか100点差であったため、ほしいのは決め手になり得る打点。

そういう状況も考慮したたろうが、凄まじい想像力でホンイツを実体化した。

 

すると、オヤ番でダマテンに構えて高目を一発ツモ。

RTD2018_WH17-18回戦_BL13-14回戦_21_R

2600オールでトップを決めた。

これは、ダブをポンしている下家猿川の現物が狙い目になっていること、猿川に対してドラのを打たずに振り替えられること、によるダマテンである。

ただし、ここで考えるべきは、この手をダマテンに構えてアガりやすさを追える状況にしたのは何かという話である。

その状況を作り出したのは紛れもなくさきほどのホンイツであり、もしあれが1000点だったらこの手をリーチでギャンブルに出るしかなかった。

RTD2018_WH17-18回戦_BL13-14回戦_22_R

RTD2018_WH17-18回戦_BL13-14回戦_23_R

見事なホンイツ手順でトップを取ったたろうと佐々木が、プラスを上積みして3位以下を引き離し、3節目を終えている。

 

■次回3/26(月)21:00からWHITE DIVISION 15-16回戦をAbemaTV 麻雀チャンネルにて放送予定

https://abema.tv/channels/mahjong/slots/D7jTrusAPhAFzw

 

藤田晋invitational RTDリーグとは

2014年に麻雀最強位を獲得した藤田晋が、団体の垣根を超え、今最も強いと言われている麻雀プロを招いて開催される長期リーグ戦。
予選ではBLACK DIVISION・WHITE DIVISIONそれぞれ8名ずつの選手が出場し、各ブロック予選全54回戦をすべて放送する。
前代未聞のスケールで開催される今大会は、名実共に最強の雀士を決める戦いと言っても過言ではない。

毎週月曜日・木曜日の午後21時から最新対局を放送!!
(日曜日のお昼に、その週の最新対局をまとめて放送)

 

視聴方法:AbemaTV( PC版 / iOS / Android)

▼PC版
http://abema.tv
▼iOS版
https://itunes.apple.com/jp/app/abematv/id1074866833?mt=8
▼Android版
https://play.google.com/store/apps/details?id=tv.abema&hl=ja
視聴は全て無料でご覧いただけます。
--------------------------------------------------------
▼AbemaTV麻雀ch
https://abema.tv/now-on-air/mahjong
▼RTDリーグ公式サイト
https://rtdmonthly.amebaownd.com/
▼AbemaTV麻雀ch公式Twitter
https://twitter.com/abema_mahjong
▼RTDリーグ公式チャンネル(アーカイブ放送)
https://abemafresh.tv/rtdmonthly
--------------------------------------------------------

この記事のライター

鈴木 聡一郎
1983年生、千葉県出身
早稲田大学在学中の2004年、最高位戦日本プロ麻雀協会に入会。
以後10数年に渡り、観戦記者として活動中。
最高位戦以外にも、モンドTV、麻雀スリアロチャンネル、RMUなどの観戦記を執筆。
近年では、AbemaTV麻雀チャンネルの公式ライターとして、RTDリーグなどの観戦記者を務める。
観戦記以外には、書籍『麻雀偏差値70へのメソッド』(石井一馬著)、『最強プロ鈴木たろうの迷わず強くなる麻雀』(鈴木たろう著)、『多井熱』(多井隆晴著)などに協力。

Twitter:@tsukunenn
ブログ:http://luckytsukunen.blog.fc2.com/

新着記事

Return Top