麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

学生麻雀連盟
佐々木6連勝なるか!?瀬戸熊の怖すぎるリーチ! RTDリーグ2018 WHITE DIVISION 23-24回戦、BLACK DIVISION19-20回戦レポート

佐々木6連勝なるか!?瀬戸熊の怖すぎるリーチ! RTDリーグ2018 WHITE DIVISION 23-24回戦、BLACK DIVISION19-20回戦レポート

麻雀の頂全自動麻雀卓スリム

4/9(月)および4/12(木)21:00よりAbemaTV「麻雀チャンネル」にて放送された、RTDリーグ2018 WHITE DIVISION 23-24回戦およびBLACK DIVISION19-20回戦の様子をお届けします。

レポートは、鈴木聡一郎(最高位戦日本プロ麻雀協会)がお送りします。

 

▼▼▼WHITE 23回戦:5連勝中の佐々木、昨年の記録6連勝に並ぶか!?▼▼▼

WHITE23-24回戦_BLACK19-20回戦_1_R

首位の佐々木が登場。

WHITE23-24回戦_BLACK19-20回戦_2_R

ついに過去5戦の成績が全部1になっている。

昨年に自身で立てた6連勝という記録に並ぶことができるか!?

その佐々木が後手を踏んだオヤで面白い手順を見せる。

WHITE23-24回戦_BLACK19-20回戦_3_R

猿川のリーチを受けた佐々木は、ダブアンコのチャンス手で無スジを切り飛ばしていたのだが、ツモで珍しく少考に入った。

手牌の都合なら打で、三色目を残しつつ、受け入れMAXに受けるところだが、ドラそばのがいかにも危ない。

リーチの主が愚形リーチの多い猿川で、選択が入っていない2巡目リーチとあらば、このがアタリになっていることは通常時よりかなり高そうだ。

佐々木は、ここからを打ってを押さえると、三色が崩れた引きテンパイで切りリーチに踏み切った。

WHITE23-24回戦_BLACK19-20回戦_4_R

ほんとですか!?先生!通ってないですよ?

無スジの本数で言えばは2本分、なら1本分で済むのだが、無スジ2本分より愚形リーチに対する危険度を評価したというわけだ。

実際、佐々木の読み通り、猿川のリーチはカンという愚形だった。

WHITE23-24回戦_BLACK19-20回戦_5_R

すると、佐々木がツモってウラ3の6,000オール。

ああ、6連勝か。

誰もがそう思うに値する手順と結果だったように思われる。

 

しかし、ここからなんとか食らいついていったのが猿川。

WHITE23-24回戦_BLACK19-20回戦_6_R

このトイトイを皮切りに、佐々木にピタリついていくと、接戦でオーラスを迎えた。

WHITE23-24回戦_BLACK19-20回戦_7_R

先にテンパイを果たしたのは佐々木。

役牌のをポンしたカンテンパイから、アガりやすい色を求めてマンズに寄せていくと・・・

WHITE23-24回戦_BLACK19-20回戦_8_R

をチーして構想通りのに受け替え。

マンガンフィニッシュですか?先生!

と叫びたくなる。

 

ところが、アガったのは猿川。

WHITE23-24回戦_BLACK19-20回戦_9_R

苦しい配牌を丁寧に仕上げてリーチすると、佐々木からで7,700。

猿川がなんとか佐々木の6連勝を阻止した。

WHITE23-24回戦_BLACK19-20回戦_10_R

 

▼▼▼WHITE 24回戦:和久津の柔軟性とたろうの律義さ▼▼▼

今年度最初のレポートで、和久津の攻撃性について体術的と表現した。

https://mj-news.net/news/rtd/2018020491271

すると、今回も非常に柔軟な発想で手牌と向き合う姿を見ることができた。

WHITE23-24回戦_BLACK19-20回戦_11_R

この手牌、イーシャンテンをキープする打がマジョリティだろうか。

しかし、この手牌の主が和久津なら、私は打牌をほぼ確実に当てることができる。

シャンテン数にこだわらず、いったん内に寄せ、打点の安定性を確保しながら仕掛けという緊急回避ルートも残す。

非常に柔軟な和久津らしい1打である。

WHITE23-24回戦_BLACK19-20回戦_12_R

すると、フリテンながら高目タンピンのリーチをかけ、ツモウラでハネマン。

和久津らしい手順でトップ目に立つと、南2局にはなんとしても流したい2着目たろうのオヤ番で、をポンした和久津。

WHITE23-24回戦_BLACK19-20回戦_13_R

ポンしたばかりのを引くと、打でなんとも手狭に受ける。

ドラを打ってまで前に出る気もなく、マンズがうまく埋まってドラを打ち出さない形になればテンパイを組む構想だ。

そして、その方針が決まるまでは、安全度の高い字牌2枚持ちの進行とするバランスの良さ。

WHITE23-24回戦_BLACK19-20回戦_14_R

すると、うまくマンズが埋まってツモアガリでたろうのオヤを流すと、有利な状況でオーラスを迎えた。

オーラス、リーチをかけたのはたろう。

WHITE23-24回戦_BLACK19-20回戦_15_R

ツモって一発かウラ条件だ。

このとき、昨年のペン見逃しが頭をよぎるが、今年は「もう見逃さない」と約束したたろう。

平賀の打ったに「ロン」と発声。

今年は大人になったのだな、と感心したのだが・・・

WHITE23-24回戦_BLACK19-20回戦_16_R

めちゃめちゃ不服そうじゃん!!!!

WHITE23-24回戦_BLACK19-20回戦_17_R

こうして、和久津がトップを守り切った。

WHITE23-24回戦_BLACK19-20回戦_18_R

対局後、たろうは笑った。

WHITE23-24回戦_BLACK19-20回戦_19_R

たろう「見逃したくなっちゃったけど、今年は見逃さないって約束しちゃったから」

ヤクソク、マモル。

ミノガシ、シナイ。

意外な律儀さがたろうの魅力でもある。

 

▼▼▼BLACK 19回戦:瀬戸熊の怖すぎるリーチ!▼▼▼

瀬戸熊がリーチに対してこんなダマテンのツモのみをアガる。

WHITE23-24回戦_BLACK19-20回戦_20_R

待ちが悪くなくても、後手ではこれをダマテンにするのが瀬戸熊の通常モード。

WHITE23-24回戦_BLACK19-20回戦_21_R

そして、何よりネクタイが素敵です!

はあ、かっこいい。

プロ連盟のイケメンといえば、今や滝沢・内川という感じになっていますけどね。

私好みのイケメンは瀬戸熊さんです!

そんなことを考えていたら、瀬戸熊からリーチの声。

WHITE23-24回戦_BLACK19-20回戦_22_R

ダブリーだ。

やダマテンもあるが、前局の感触が良かったか、ダブリーに踏み切る。

すると、これがとにかく長引き、世にも珍しいダブリーハイテイツモというアガリとなった。

WHITE23-24回戦_BLACK19-20回戦_23_R

そして、気分良くオヤ番を迎えると、萩原のリーチに無スジを何枚も切り飛ばし、リーチ一発ドラ1の7,700でダメ押し。

WHITE23-24回戦_BLACK19-20回戦_24_R

あとはトップに向かって局を消化することがメインになりそうだ。

そんな瀬戸熊が南1局にドラ単騎テンパイを果たす。

WHITE23-24回戦_BLACK19-20回戦_25_R

トップ目ということを考えれば当然のダマテンに見えるが、瀬戸熊はなんとドラ単騎リーチに打って出る。

確かに、これはリーチの方がいいかもしれない。

オヤの白鳥はポンで仕掛けているため、最も恐れるべきオヤリーチはこない。

点数状況的にも3者が競っており、全員が瀬戸熊のリーチに対して前に出にくい。

なるほど、とうなずいた。

WHITE23-24回戦_BLACK19-20回戦_26_R

これに困ったのが、オヤでをポンしていた白鳥。

の両面ターツ落としリーチか。

あの瀬戸熊の河はなんだろうか。

チートイツも当然あるが、その場合にはリーチするだろうか。

普通はしないだろう。しかし、瀬戸熊ならありえるか。

とはいえ、リーチとくる以上、やはり本命はメンツ手になるか。

メンツ手ならば手役絡みだ。ソウズのイッツーか。

いや、ツモリスーアンコのリーチだってありえる。

WHITE23-24回戦_BLACK19-20回戦_27_R

考えれば考えるほど、全てがアタリ牌に見えてくる。

怖い。このリーチは怖すぎる。

白鳥もなんとか粘ったが、結局真っすぐ打てずに撤退を余儀なくされ、瀬戸熊の1人テンパイで流局となった。

白鳥は悔しそうに言う。

「あれは完全にやられた」

WHITE23-24回戦_BLACK19-20回戦_28_R

人の心まで支配した瀬戸熊が、完全勝利でついにトータルプラスまで戻ってきた。

 

▼▼▼BLACK20回戦:リーチの強さを教えてくれる村上▼▼▼

WHITE23-24回戦_BLACK19-20回戦_29_R

なんてことのない安目リーチのみだが、これが一発とウラでマンガンになる。

それがリーチの強さだ。

 

村上は南3局でもリーチをかける。

WHITE23-24回戦_BLACK19-20回戦_30_R

供託3,000と3本場があるため、ダマテンでもトップ目に立てるのだが、村上はリーチだ。

これは打点の上昇以外にも、仕掛けている松本へのけん制効果もあるだろう。

それらを総合し、リーチという判断になっている。

これに対し、意外な形でが打たれた。

WHITE23-24回戦_BLACK19-20回戦_31_R

小林がフリテンのテンパイでを押したのだ。

思わず目を疑った。

ほんと??

小林「あれは、やりすぎでした」

ですよね~!

WHITE23-24回戦_BLACK19-20回戦_32_R

結果、ウラが乗り、大きな3,900で村上がトップ目でオーラスを迎えると、村上が早々に2フーロ。

WHITE23-24回戦_BLACK19-20回戦_33_R

リーチ超人村上が、この仕掛けでなんとノーテンである。

WHITE23-24回戦_BLACK19-20回戦_34_R

しかし、全員がそれなりに前に出るこの状況では、成就しそうな感覚もあるだろう。

WHITE23-24回戦_BLACK19-20回戦_35_R

結果、小林のリーチをかわしてアガり切り、トップを死守した。

WHITE23-24回戦_BLACK19-20回戦_36_R

WHITE23-24回戦_BLACK19-20回戦_37_R

今回トップの瀬戸熊・村上が、ようやくプラス域に顔を出し、上位進出をうかがう。

 

■次回4/16(月)21:00からBLACK DIVISION 21-22回戦をAbemaTV 麻雀チャンネルにて放送予定

https://abema.tv/channels/mahjong/slots/DBQ5dLeMjQAxWT

 

藤田晋invitational RTDリーグとは

2014年に麻雀最強位を獲得した藤田晋が、団体の垣根を超え、今最も強いと言われている麻雀プロを招いて開催される長期リーグ戦。
予選ではBLACK DIVISION・WHITE DIVISIONそれぞれ8名ずつの選手が出場し、各ブロック予選全54回戦をすべて放送する。
前代未聞のスケールで開催される今大会は、名実共に最強の雀士を決める戦いと言っても過言ではない。

毎週月曜日・木曜日の午後21時から最新対局を放送!!
(日曜日のお昼に、その週の最新対局をまとめて放送)

 

視聴方法:AbemaTV( PC版 / iOS / Android)

▼PC版
http://abema.tv
▼iOS版
https://itunes.apple.com/jp/app/abematv/id1074866833?mt=8
▼Android版
https://play.google.com/store/apps/details?id=tv.abema&hl=ja
視聴は全て無料でご覧いただけます。
--------------------------------------------------------
▼AbemaTV麻雀ch
https://abema.tv/now-on-air/mahjong
▼RTDリーグ公式サイト
https://rtdmonthly.amebaownd.com/
▼AbemaTV麻雀ch公式Twitter
https://twitter.com/abema_mahjong
▼RTDリーグ公式チャンネル(アーカイブ放送)
https://abemafresh.tv/rtdmonthly
--------------------------------------------------------

この記事のライター

鈴木 聡一郎
1983年生、千葉県出身
早稲田大学在学中の2004年、最高位戦日本プロ麻雀協会に入会。
以後10数年に渡り、観戦記者として活動中。
最高位戦以外にも、モンドTV、麻雀スリアロチャンネル、RMUなどの観戦記を執筆。
近年では、AbemaTV麻雀チャンネルの公式ライターとして、RTDリーグなどの観戦記者を務める。
観戦記以外には、書籍『麻雀偏差値70へのメソッド』(石井一馬著)、『最強プロ鈴木たろうの迷わず強くなる麻雀』(鈴木たろう著)、『多井熱』(多井隆晴著)などに協力。

Twitter:@tsukunenn
ブログ:http://luckytsukunen.blog.fc2.com/

新着記事

Return Top