麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

スリアロチャンネル
村上・瀬戸熊がトップでトータルプラスへ 小林がシーズン今シーズン初のラス /RTDリーグ 2018 BLACK DIVISION

村上・瀬戸熊がトップでトータルプラスへ 小林がシーズン今シーズン初のラス /RTDリーグ 2018 BLACK DIVISION

麻雀の頂全自動麻雀卓スリム

 RTDリーグ2018のBLACK DIVISION19・20回戦が4月12日に放送され、19回戦で瀬戸熊直樹がトップ。20回戦で村上淳が連勝。小林剛は今シーズン初のラスを引いた。

 「序盤戦の出来は40点。1回もプラス域に入ってないのでどこかでプラス域に入りたい」と19回戦の対局前に語っていた瀬戸熊(▲57.0)。

 東2局では配牌でテンパイ。これをダブルリーチするとハイテイでツモって2000-4000。さらに親で7700点もアガって47100点に。このまま逃げ切った瀬戸熊は67.1ポイントを加点し、トータル10.1ポイントと狙い通りのプラス域に入った。

 「珍しくツイてた」と語った対局後の瀬戸熊は「3着がちょっと多めで苦しんでいるので、どこかで良い2着を拾えるようになれば、尻上がりになる」 と次戦に向けての意気込みを語った。

RTDリーグ 2018 BLACK DIVISION 19回戦
順位選手名ポイント
1 瀬戸熊直樹 67.1
2 白鳥翔 2.6
3 萩原聖人 ▲20.9
4 内川幸太郎 ▲48.8

  一時はマイナス100ポイントを超えてしまったものの、前回待望のトップを取った村上が、南2局1本場に2000-4000(リーチ・一発・ツモ・裏)をツモ。南3局3本場に3900点(+3900点)、オーラスに5200を小林からアガって連勝。「嬉しいの一言。何もできずにラスで終わるかと思った所で、リーチ一発ツモ裏で息を吹き返し、ラス前の勝負所でも競り勝てた。一歩間違えればラスだったので、ギリギリのトップだった。」これでトータル10.5ポイントでプラスに入った。

  「ここまで振り込みがまだ5,6回しかない」という小林剛だったが、南3局、オーラスの連続振込で今シーズン初のラスとなった。

RTDリーグ 2018 BLACK DIVISION 20回戦
順位選手名ポイント
1 村上淳 58.3
2 多井隆晴 7.1
3 松本吉弘 ▲18.5
4 小林剛 ▲46.9
RTDリーグ 2018 BLACK DIVISION TOTAL 20/54
順位選手名ポイント
1 小林剛 278.6
2 多井隆晴 92.2
3 白鳥翔 67.3
4 村上淳 10.5
5 瀬戸熊直樹 10.1
6 萩原聖人 ▲5.7
7 松本吉弘 ▲116.7
8 内川幸太郎 ▲336.3

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top