麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

CABOクィーンカップ
心・技・顔、全てイケメンな内川という至高の人類! RTDリーグ2018 BLACK DIVISION 21-24回戦レポート

心・技・顔、全てイケメンな内川という至高の人類! RTDリーグ2018 BLACK DIVISION 21-24回戦レポート

麻雀の頂全自動麻雀卓スリム

4/16(月)および4/19(木)21:00よりAbemaTV「麻雀チャンネル」にて放送された、RTDリーグ2018 BLACK DIVISION 21-24回戦の様子をお届けします。

レポートは、鈴木聡一郎(最高位戦日本プロ麻雀協会)がお送りします。

 

BLACK 22回戦:非の打ち所がない人類、内川のイケメンぶり

前回までの成績はこちら↓

RTD2018_BL21-24回戦_1_R

ここまでマイナス300。下に突き抜けてしまっている内川は、そろそろ挽回したいところ。

RTD2018_BL21-24回戦_2_R

うむ、今日もイケメンだ。

 

その内川、全く慌てているように見えない。

例えば、このイーシャンテン。

RTD2018_BL21-24回戦_3_R

生牌のを残してを打ってしまいそうだが、内川はを打ってを残した。

が4枚切れで良くないため、できればからの好形ターツに振り替えたいところ。また、がオヤ瀬戸熊の現物であり、守備的要素も担っている。

結局、この残しが決まり手。

RTD2018_BL21-24回戦_4_R

すぐにを引くとターツと振り替える技ありで、瀬戸熊との2軒リーチを制した。

 

すると、東2局にはこんなテンパイ。

RTD2018_BL21-24回戦_5_R

リーチによる打点上昇度合いが非常に高く、待ちも悪くはないように見えるため、これはリーチでもいいように見えるが、内川はダマテンを選択していった。

さて、その意図とは?

内川に質問したときの対応がイケメンだったので紹介しよう。

忙しいときにLINEで質問されたら、みなさんならどうするだろうか。

私なら、「まあ、後で返信するべ( ̄▽ ̄)」と思ってそのままスマホを閉じる。

しかし、内川は違う。

RTD2018_BL21-24回戦_6_R

この返信速度にも驚いたが、もっと驚いたのは「あとで」がたったの1時間後だったことである。

いやいやいやいや、たった1時間でこんな対応されたら、むしろ申し訳なさすぎますから!

心もイケメンすぎやしないか。

ほんとに、同じ人類なんだろうか?

 

さて、そんな内川、この手をダマテンにしたのには理由があった。

RTD2018_BL21-24回戦_7_R

下家小林がをポンしてマンズ模様だったのだ。

内川「確かゴーさんの仕掛けがマンズのホンイツに見えていたので、自分が切ったが鳴かれるか鳴かれないかで対応を変えるつもりでした。鳴かれなかったんで、次巡にツモ切りリーチにいこうかなと思ったら、すぐにポン打が入ってしまって、そのままダマテンでかわすことに意識が向いた感じですね」

なるほど、やっぱりそうか。周りに対応する内川らしい選択だ。

・・・と思いきや、内川から意外な返信が追加で届く。

内川「今見返すと、めくりあいでも勝てそうな良い待ちっぽいんでリーチの方が強いと思いますね。トータルでマイナスしすぎて揺れていて、ダマテン志向が強まってましたね」

へえ、そうなのか!

外から見ていると全然気づかなかったが、そりゃ焦るよなと思い直した。

やはり、同じ人類であったようで、少し安心する。

RTD2018_BL21-24回戦_8_R

結局、ダマテンのまま、目論見通りに他家をかわした。

RTD2018_BL21-24回戦_9_R

ちょっと待て。何これ?

どの角度でもイケメンなのかよ。

RTD2018_BL21-24回戦_10_R

これが同じ人類だというのだから、生物学とは面白い。

 

着々とアガリを重ねていった内川だったが、やはり立ちはだかるのはロボ小林。

RTD2018_BL21-24回戦_11_R

リーチしている小林は、安牌のをアンカンするとリンシャンツモ。

RTD2018_BL21-24回戦_12_R

カンしないとハイテイ手番になってしまうため、自信のないこの待ちなら、カンしてホウテイ放銃リスクを消しておきたかったそうだ。

すると、南2局には無慈悲な一発ツモのマンガンで突き抜けた。

RTD2018_BL21-24回戦_13_R

1半荘でリンシャンツモに一発ツモだと!?

ズルいな。ズルすぎるぞ、小林剛

 

この麻雀ロボ・ズルゴーに立ち向かわねばならないのなら・・・ええ、こちらも出しましょう。至高の人類、内川幸太郎!

RTD2018_BL21-24回戦_14_R

小林をまくるべく、内川はオヤで2600オールを決め、接戦でオーラスを迎えた。

RTD2018_BL21-24回戦_15_R

しかし、この大事な局面でラス目の瀬戸熊からリーチが入ってしまうのが今期の内川。

内川もテンパイなのだが、無スジのを掴んで顔がゆがんだ。

RTD2018_BL21-24回戦_16_R

いや、全然ゆがんでない。

険しい顔もイケメンすぎる。

私の知っている人類↓とは、根本的に作りが違うようだ。

RTD2018_BL21-24回戦_17_R

少考の後、内川は意を決してを打ち抜き、ダマテンを続行。

すると・・・

RTD2018_BL21-24回戦_18_R

瀬戸熊がを掴み、内川が待望のトップを手にした。

RTD2018_BL21-24回戦_19_R

RTD2018_BL21-24回戦_20_R

RTD2018_BL21-24回戦_21_R

実に9回戦以来のトップで、内川が柔らかな笑顔を浮かべる。

もう優勝!

人間界での優勝です!

 

BLACK 24回戦:萩原、驚愕の三色手順!内川2連勝なるか!?

東1局から萩原が驚愕の手順を見せた。

RTD2018_BL21-24回戦_22_R

ドラがとくれば切りになりそうだが、萩原の選択は打

なんと、ドラを切っていったのであった。

RTD2018_BL21-24回戦_23_R

すると、当然通ると思って村上があえて残していたリーチ宣言牌を捉えて18,000。

仮にから打ち出し、どこかでを打つ手順を踏んでいたら、村上のは先に打たれ、間に合わなかったかもしれない。

萩原ならではの手順で、ダントツを築いた。

 

一方、2連勝を狙う内川も南場のオヤ番でブレイク。

RTD2018_BL21-24回戦_24_R

一発ツモの4,000オールを決めると、ツモりスーアンコを村上から出アガり、なんと萩原をまくってしまう。

RTD2018_BL21-24回戦_25_R

しかし、内川の反撃も一歩届かず。

RTD2018_BL21-24回戦_26_R

オーラスのアガリ勝負を萩原が制し、壮絶な打ち合いをトップで切り抜けた。

RTD2018_BL21-24回戦_27_R

内川もイケメンなら、萩原のまとうオーラもさすがにすごい。

RTD2018_BL21-24回戦_28_R

 

BLACK 21回戦:多井、計画通りのギリギリ逃げ切り劇

RTD2018_BL21-24回戦_29_R

リーチを受けつつ、このマンガンをダマテンでツモった多井がオーラスをトップ目で迎えた。

RTD2018_BL21-24回戦_30_R

すると、松本がチートイツドラ2をダマテンでツモ。

これではトップの多井まで200点届かないのだが、リーチしてしまうと白鳥・萩原にオリられて流局ラスのため、仕方なくダマテンを選択した。

2着順アップという申し分ない結果だが、リーチしていればトップまでいっていたため、松本も複雑な表情を浮かべた。

一方、多井としては、こういう展開も計画の一部。

図ったかのような逃げ切り劇を演じた。

RTD2018_BL21-24回戦_31_R

 

BLACK 23回戦:松本が前回の鬱憤を晴らすトップ

RTD2018_BL21-24回戦_32_R

松本が2軒リーチをドラツモで制してトップ。

RTD2018_BL21-24回戦_33_R

前回ギリギリで逃したトップを手中に収めた。

 

RTD2018_BL21-24回戦_34_R

内川がマイナスを250まで減らし、ついに逆襲を開始。

一方、大きなラスを引いた村上が大きく順位を下げる結果となっている。

 

■次回4/23(月)21:00からWHITE DIVISION 25、26回戦をAbemaTV 麻雀チャンネルにて放送予定

https://abema.tv/channels/mahjong/slots/9K1xdRei2pT5h1

 

藤田晋invitational RTDリーグとは

2014年に麻雀最強位を獲得した藤田晋が、団体の垣根を超え、今最も強いと言われている麻雀プロを招いて開催される長期リーグ戦。
予選ではBLACK DIVISION・WHITE DIVISIONそれぞれ8名ずつの選手が出場し、各ブロック予選全54回戦をすべて放送する。
前代未聞のスケールで開催される今大会は、名実共に最強の雀士を決める戦いと言っても過言ではない。

毎週月曜日・木曜日の午後21時から最新対局を放送!!
(日曜日のお昼に、その週の最新対局をまとめて放送)

 

視聴方法:AbemaTV( PC版 / iOS / Android)

▼PC版
http://abema.tv
▼iOS版
https://itunes.apple.com/jp/app/abematv/id1074866833?mt=8
▼Android版
https://play.google.com/store/apps/details?id=tv.abema&hl=ja
視聴は全て無料でご覧いただけます。
--------------------------------------------------------
▼AbemaTV麻雀ch
https://abema.tv/now-on-air/mahjong
▼RTDリーグ公式サイト
https://rtdmonthly.amebaownd.com/
▼AbemaTV麻雀ch公式Twitter
https://twitter.com/abema_mahjong
▼RTDリーグ公式チャンネル(アーカイブ放送)
https://abemafresh.tv/rtdmonthly
--------------------------------------------------------

この記事のライター

鈴木 聡一郎
1983年生、千葉県出身
早稲田大学在学中の2004年、最高位戦日本プロ麻雀協会に入会。
以後10数年に渡り、観戦記者として活動中。
最高位戦以外にも、モンドTV、麻雀スリアロチャンネル、RMUなどの観戦記を執筆。
近年では、AbemaTV麻雀チャンネルの公式ライターとして、RTDリーグなどの観戦記者を務める。
観戦記以外には、書籍『麻雀偏差値70へのメソッド』(石井一馬著)、『最強プロ鈴木たろうの迷わず強くなる麻雀』(鈴木たろう著)、『多井熱』(多井隆晴著)などに協力。

Twitter:@tsukunenn
ブログ:http://luckytsukunen.blog.fc2.com/

新着記事

Return Top