麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

大洋技研株式会社
サクラナイツの王子様・内川幸太郎の強さと魅力、雀風に迫る

サクラナイツの王子様・内川幸太郎の強さと魅力、雀風に迫る

BULL2021求人朝宮あろま

端正な顔立ち、雀卓での美しい所作、そして麻雀の強さ。内川幸太郎は男女問わずファンの心を鷲掴みにする。麻雀教室の講師としても活動しており、普及活動にも力を入れている。本記事ではそんな内川のプロフィールや雀風、これまでの印象深い試合について見ていこう。

目次

内川幸太郎の基本情報・プロフィールデータ

名前 内川 幸太郎(うちかわ こうたろう) 
異名 手順マエストロ
生年月日 1981年5月6日
職業 プロ雀士
出身地 長野県松本市
血液型 O型
趣味・特技 ゲーム、サッカー観戦
本人公式SNS Twitter
所属団体 日本プロ麻雀連盟
所属チーム KADOKAWAサクラナイツ
プロ入会年 2006年
主なタイトル 第35期十段位

2019年にサクラナイツから指名を受けた内田だが、ドラフト会議中、当の本人は第36期日本プロ麻雀連盟A2リーグの試合真っ最中であった。しかもその試合で内川はなんと国士無双を決めている。時間にすると指名されてから約1分後のことだった。さらに驚くべきことに、隣の部屋では同じくサクラナイツから指名を受けた岡田紗佳プロが、ABEMAから取材を受けていた真っ只中。奇妙な偶然が重なってのチーム入りが決定した瞬間であった。

経歴

2005年:日本プロ麻雀連盟22期生としてプロ入会
2016年:第1回麻雀プロ団体日本一決定戦 優勝
2018年:第35期十段位獲得
2019年:KADOKAWAサクラナイツよりドラフト1位指名

麻雀との出会い・きっかけ

内川が麻雀に初めて出会ったのは6歳の頃、父親が親戚と麻雀をやっているのを見て覚えたという。中学生時代はサッカーと勉強に打ち込み、進学校の高校へ入学。卒業後は大学受験に失敗し、浪人生活を送る。浪人中に通っていた麻雀店から誘われ、麻雀店を経営。21歳という若さだった。そして24歳の時、経営する麻雀店の知名度を上げるため、日本プロ麻雀連盟のプロテストを受験。翌年プロ入りを果たした。一時期は麻雀店の経営とプロ活動の二足の草鞋を履いていたが、達人の世界に魅せられた内川はプロ一本で活動していくことを決心。現在では講師活動も積極的に行なっている。

内川幸太郎の打ち方や雀風

内川の雀風は絶妙な押し引き、状況に合わせて素早い判断を下すのが特徴的だ。また打牌の手順を重視する打ち方から「手順マエストロ」の異名を持っている。相手の置かれている状況、相手の切った牌など、雀卓からヒントを嗅ぎつけて勝利を掴んでいく。このように多角的・複眼的な考え方で麻雀に臨んでいるのは中学時代「自分の視点だけではなく、相手から見た視点、さらに時間軸をずらしたり、状況を変えた視点も持つと、物事がおもしろく見えるよ」と塾の先生から言われた一言がきっかけになっているという。

「プロをやめようと思っていた」内川幸太郎の転機 Mリーガー列伝(15)

内川幸太郎の対局時の様子

Mリーグ2020 ファイナルシリーズ 5月14日 第2試合

©ABEMA

この試合の東場は点差が広がらない展開となる。しかし南1局2本場に多井プロが5200の和了でリードを奪う。内川プロは多井プロを追いかけるべく、南2局2本場では3副露している多井プロに立ち向かい4000点の和了。さらに南3局でも親の多井プロがリーチをかけるも、2000点の直撃を決めて多井プロからトップの座を奪う。

オーラスは園田と滝沢の2人が攻め合い、園田が4着から2着になるアガリを決めたことにより、内川は見事逃げ切りトップとなった。

【5/14 Mリーグ2020 2戦目結果】サクラナイツ・内川が痺れる接戦を制してトップ!ABEMASとサクラナイツのポイント差は僅か0.6ポイントに!!

Mリーグ2020 レギュラーシーズン 3月12日 第2試合

©ABEMA

セミファイナルに進む6チームが決定する大切な日。幸いなことにサクラナイツはポイントに余裕があるため、セミファイナルのボーダーよりも、その先に向けてポイントを積み重ねたい状況であった。

東2局、3900を和了する以外はあまり内川プロが勝負に絡まない展開が続いていく。しかし南2局でハイテイツモを決めて一気にトップとなると、さらに5200を和了。オーラスでは追いすがる近藤プロの親番を自らの満貫ツモで終わらせトップを取った。

【3/12 Mリーグ2020 結果】ABEMAS・白鳥、サクラナイツ・内川が勝利!Pirates、フェニックスがレギュラーシーズンで敗退、上位6チームがセミファイナルに進出!!

Mリーグ2020 レギュラーシーズン 3月8日 第1試合

©ABEMA

Mリーグ2020レギュラーシーズンも終盤となったこの試合。内川は開局からツモ和了で勢いづくと、東3局の親番でも和了を決めてリードを広げる。しかし東4局1本場で瀬戸熊プロに痛恨の12000放銃。しかし次局に瀬戸熊プロから12000をそのままアガリ返して再びトップに返り咲く。

このまま逃げ切りたいところだったが、南3局に切った1枚切れの白がなんと藤崎プロへの16000の放銃。しかしオーラスにこの試合なんと7回目の和了となる跳満をツモりあげ、見事トップをチームにもたらしたのであった。

【3/8 Mリーグ2020 結果】サクラナイツ・内川、雷電・黒沢が勝利!雷電がセミファイナル進出に一歩近づく!!

SNSでの評価・評判

内川のSNSでの評判や評価はほぼ1つ。「強くてかっこいい」これに尽きるといってもいいだろう。以下では内川に寄せられている声をご紹介しよう。

今はマスクをしていることが多いが、マスクを取った姿が見たいという内容のツイートも。

内川はその容姿だけでなく、所作の美しさも人気の一つだろう。

内川幸太郎のニュース・こぼれ話

ゲームが大好き!夜中3時〜4時までハマることも!?

内川はネットゲームが大好きで、Twitterのサブアカウントでは「クラッシュ・ロワイヤル」、「デッドバイデイライト」、「マインクラフト」などを楽しんでいる様子がツイートされている。中でもマインクラフトは月に200時間もプレイするほどハマっているそう。スマホアプリゲームにもハマっているようで、一時期は夜中3時〜4時までやっていたという。「KADOKAWAサクラナイツ公式チャンネル」でもチームメイトと「ウマ娘」をプレイする動画が公開されている。

内川幸太郎が監修を務める「鳴かせてくれない上家さん」が発売中

選手としてはもちろん、講師など幅広い活動を行っている内川だが、実はラブコメ漫画の監修も行っている。その漫画は「鳴かせてくれない上家さん」。漫画は古日向いろは、原作は更伊俊介が手がけている。なんと学園・ラブコメ漫画で、ネット麻雀にハマる主人公・麻野イサムと麻雀部に所属する上家サクラの関係を描いたストーリーとなっている。コラムにルール説明などが挟まれており、麻雀が分からない初心者でも手に取りやすい1冊だ。

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top